名言ナビ名言データベース

 
キーワード
愛と憎しみ

関連メニュー(大分類)
→ 【 愛と憎しみ

1. 我々が人生で直面する憎しみのほとんどは、単に嫉妬か、あるいは辱められた愛にほかならない。


2. どんなにその人を愛していても、その人のためにすべてを犠牲にしてはならない。なぜなら、必ず後で、その人を憎むようになるからだ。


3. 愛することは、憎むことを知る始めである。


4. はたして人は、不徳なくして徳を、憎しみなくして愛を、醜なくして美を、考えることができるだろうか。実に悪と悩みのおかげで、地球は住むに耐え、人生は生き…


5. 愛は憎しみの始まり 


6. 愛と憎しみは全く同じものである。ただ、前者は積極的であり、後者は消極的であるに過ぎない。


7. 愛は憎しみより高く、理解は怒りより高く、平和は戦争より気高い。


8. 愛と憎しみは双生児である。愛すればこそ憎むし、憎むほどの想いがあって初めて愛するのだ。


9. もし、ただひとりの人間が最高の愛を成就するならば、それは数百万の人々の憎しみを打ち消すに十分である。


10. 愛または憎しみと共演しないとき、女は凡庸な役者だ。



11. 愛あるところに生があり、憎しみは破壊に通じる。


12. 愛されることと、憎まれることは、ほとんど差のないことだ。


13. 妻と子供達を愛さない男は、自分の家に牡獅子を飼い、憎しみを作り上げている人間である。


14. 愛せざる所に愛する真似をしてはならぬ。憎まざる所に憎む真似をしてはならぬ。もし人間が守るべき至上命令があるとすればこの外(ほか)にはないだろう。


15. 夫婦は愛し合うと共に憎しみ合うのが当然である。かかる憎しみを恐れてはならぬ。正しく憎み合うがよく、鋭く対立するがよい。


16. よく愛するものはよく憎む事を知っていると同時に、憎む事の如何(いか)に苦しいものであるかを痛感し得るものだ。


17. ひどく憎んでいる限り、まだいくらか愛しているのである。


18. 未知なる物を恐怖するからこそ、みんな夢や幻想や戦争や平和や愛や憎しみなどを追いかけて、右往左往するのだ。


19. 執着やねたみや憎しみのあるところには、やがてそれをこやしとして愛というものが咲き出るかもしれません。


20. 肉的愛、言いかえれば外的美から生ずる生殖欲、また一般的には精神の自由以外の他の原因を持つすべての愛は容易に憎しみに移行する。



21. 憎しみは人生を麻痺させる。だが愛は人生を解放する。


22. 憎むのはやさしく、愛するのは難しい。良いものを創り上げるのは難しく、悪いものは簡単に手に入る。


23. 「愛」は「憎しみ」に変わるとよく言われるけれど、「憎しみ」が「愛」に変わることだってよくあるんだよ。


24. 自然を愛するのは、自然がわれわれを憎んだり、嫉妬しないためでもない事はない。


25. 対立概念とは、実は人間が産み出した幻想であり、生も死も、愛も憎しみも、魂も肉体も、正気と狂気でさえも片方だけが素晴らしいのではなく両極が存在してこそ…


26. 愛するに時があり、憎むに時がある。


27. 人が愛したことのない、決して愛そうもない人々に対しては、真の憎しみはあり得ない。憎まれるに値しないような人に対しては、極端な愛は決して生まれない。


28. 人は愛情を知った時、憎しみのリスクを背負う。


29. 憎しみのあるところに愛を、不当な扱いのあるところにゆるしを、分裂のあるところに和解を、誤りのあるところに真実を、疑いのあるところに信頼を、絶望のある…


30. 憎しみのあるところに愛を 罪のあるところに許しを 争いのあるところに一致を 誤りのあるところに真理を 疑いのあるところに信仰を 絶望のあるところに希…



31. 肌の色や育ち、信仰の違いを理由に他人を憎むように生まれつく人などいない。人は憎むことを学ぶのだ。もし憎むことを学べるなら、愛することも学べる。愛は、…


32. こんなに憎み合うのは、あんなに愛し合ってたからですか。


全部で、32件