名言ナビ名言データベース

 
キーワード

関連メニュー(大分類)
→ 【 愛/愛情


1. 愛は神の姿なり。


2. まことの愛のすべての源泉は愛である。


3. 動機とは感情である。生きていくうえで、肉体や精神を大いに動機づけるもの、たとえば、生き残り、飢え、渇望、復讐、愛などは…


4. 愛は堅きものを忌(い)む。すべての硬性を溶化せずにはやまぬ。


5. 愛とは他から奪うことではなくて、自己を他に与えることである。


6. 愛の実体を追求しすぎることは、ラッキョウの皮をむくようなもので、ムキすぎると無くなってしまいます。


7. もし魂の意味が、愛や誠実さ、そして感謝を感じることを指すのなら、そこらの人間より動物のほうがずっとましだ。


8. 私の喜び、悲しみ、希望、愛、すべてがこの輪の中で動く!


9. 勇気は愛のようなものである。育てるには、希望が必要だ。


10. 人生を恐れてはいけない。人生に必要なものは、勇気と想像力。それとほんの少しのお金だ。



11. 愛の中には、つねにいくぶんかの狂気がある。しかし狂気の中にはつねにまた、いくぶんかの理性がある。


12. 世間では、愛は人間と人間との間の関係であるというが、キリスト教の教えによれば、愛は人間と神との間の関係であるという。と…


13. 愛だけは本当に、偽物か本物か分からない。


14. 愛というものは、愛されることよりも、むしろ愛することに存在する。


15. 愛とは、大勢の中からたった一人の男なり女なりを選んで、ほかの者は決して顧みないことです。


16. 愛はガラスのようなものだ。いいかげんにつかんだり、しっかりつかみすぎたりすると割れる。


17. 愛ですって? お人よしね、あなたは。この世にそんな奇蹟のようなものがあると思っていらっしゃるの? 私はそんなものを信じ…


18. 愛と所有の陶酔とを混同してはならない。所有の陶酔は最悪の苦しみを伴う。


19. 若き日の恋なんてな、老いたる男が老妻に抱く愛に比べたら、まるで軽薄じゃよ。


20. 知と愛とは同一の精神作用である。



21. あなたは女だ。だからこの世の中に愛ほど美しいものはないと思うに違いない。しかし、私は男だ。いくらでもかわりの女を見つけ…


22. 嫉妬の中には、愛よりも自愛のほうが多くひそんでいる。


23. 愛は恵まれるもので、買われるものではない。


24. 長い間一緒に暮らして、その間に芽生える感情こそが「愛」で、そのことの方が恋愛よりもずっと大事。


25. 愛のために死んだ人は、神の中に葬られる。


26. 愛は時を忘れさせ、時は愛を忘れさせる。


27. 愛は万人に、信頼は少数に。


28. 夢みたものは ひとつの幸福 ねがったものは ひとつの愛 それらはすべてここに ある と 


29. 女性を力強く守ることのできる者だけが、女性の愛願を得るに値する。


30. 愛というのは、執着という醜いものにつけた仮の、美しい嘘の呼び名だ。



31. 肉体だけの愛は、すべての不実を許してくれる。精神的な愛は何ものをも許すことがない。


32. 恋は知性に対する想像力の勝利である。


33. 愛というのは、どんどん自分を磨いていくことなんだよ。


34. 政治は愛だとか優しいといった名詞や形容詞ではなく、「私はやる」という動詞で語るものだ。


35. 愛とは自分より相手を思うこと。そして相手が自分の一部になること。


36. こっちでいくら思っても、向こうが内心他の人に愛の目を注いでいるならば、私はそんな女と一緒になるのはいやなのです。


37. 愛は喪失であり、断念である。愛はすべてを人に与えてしまったときに、最も富んでいる。


38. 我々男が女を愛するときに、女の弱さも、あやまちも、不完全さも、ちゃんと知りつくした上で愛するんだ。いや、それだからこそ…


39. 欲望と愛とは、偉大な行為のための両翼である。


40. 愛とは、互いに見つめ合うことではない。ふたりが同じ方向を見つめることである。



41. 思いやりは誠実や人間関係の基本である。人間だけでなく、動物、魚、鳥、木、全ての生き物への愛があるということである。


42. あらゆる罪のうちで、最も悪いものは、人を分断する罪である。嫉妬であり、恐怖であり、非難であり、敵対心であり、怒りである…


43. 愛はそれが自己犠牲であるときのほかは、愛の名に値しない。


44. どのくらい、と言えるような愛は卑しい愛にすぎぬ。


45. あなたのする善行、あなたの提供する親切、あなたの送り出す愛と善意は、いろいろな面で何倍にもなって戻ってきます。


46. 食べ物に対する愛より誠実な愛はない。


47. 親切はまさに愛の基礎になるものである。最も激しい怒りを和らげ、最もかたくなな心を喜ばせるものである。


48. 愛はすべてのとがをおおう。


49. 愛は死よりも強く、死の恐怖よりも強い。愛、ただこれによってのみ人生は与えれられ、進歩を続けるのだ。


50. 安定は愛を殺し、不安は愛をかき立てる。



51. 十代の夫婦はセックス夫婦、二十代の夫婦は愛で結ばれる夫婦、三十代の夫婦は努力して夫婦、四十代の夫婦は我慢の夫婦、五十代…


52. 愛の第一の義務は、耳を傾けることである。


53. 愛ほど男の考えを変えさせるものはない。


54. 恋は決闘である。もし右を見たり、左を見たりしていたら敗北である。


55. 火が光のはじめであるように、常に愛が知識のはじめである。


56. 財産も地位も、愛に比べたら塵芥のようなものだ。


57. 万物は聖なる愛によって動かされる。


58. 愛とは他人の運命を自己の興味とすることである。他人の運命を傷つけることを畏れる心である。


59. 愛は純潔でなければ決して深きを得られない。


60. 子供に対する母親の愛は、もっとも利己心のない愛である。



61. あまりしつこくつきまとわれる愛は、ときに面倒になる。それでもありがたいとは思うがね。


62. 愛や正義だけでは必ずしも他人(ひと)を守れない時もあるのです。正義なき力が無力であるのと同時に、力なき正義もまた無力な…


63. 悪意を捨てて、愛をとれ。


64. 愛は信頼の行為である。神が存在するかしないかはどうでもよい。(神を)信ずるから信ずるのである。(人を)愛するから愛する…


65. 愛は小出しに 


66. 音楽とは、言葉を探している愛である。


67. 子供は周りから受け入れられて育つと、世界中が愛であふれていることを知る。


68. 婦人の胸中には愛の源泉がある。


69. 希望は万事をやわらげ愛は万事を容易にする。


70. どんな男でも、ある女性を自分のものにしようとする時には、その人が自分の愛に最もふさわしい女性であり、自分がこんなに夢中…



71. たいていの人は愛の問題を、「愛する」という問題、愛する能力の問題としてではなく、「愛される」という問題として捉えている…


72. 愛は人生に没我を教える。それ故に愛は人間を苦しみから救う。


73. あなたは他人の責任を取る必要はありません。あなたが他人に対して負っていることといえば、それは愛と善意です。


74. 愛とは相手に変わることを要求せず、相手をありのままに受け入れることだ。


75. 汝の愛を選びなさい。汝の選びを愛しなさい。


76. 愛は理解の別名なり。


77. 愛が香料として料理に入れば、何人(なんぴと)をも喜ばせる。


78. 愛持たぬ一つの言葉、愛告げる幾十の言葉より気にかかる。


79. 諸君の議論に愛の油を加えよ。


80. 愛は時の威力を破り、未来と過去とを、永遠に結び合わせる。



81. 愛にとげがあるのは仕方がない。愛は一輪の花なのだから。それにひきかえ友情とはなんだ。野菜にすぎない。


82. 愛あるところに生があり、憎しみは破壊に通じる。


83. 愛は秘密でなくなると喜びではなくなってしまう。


84. われわれは愛と好意にはたやすくまるめこまれる。おそらくはあまりにたやすく。しかし脅しによってまるめこまれることは絶対に…


85. 愛の一触れで、人は誰でも詩人になれる。


86. 愛はすべてを信じ、しかも欺(あざむ)かれない。愛はすべてを望み、しかも決して滅びない。愛は自己の利益を求めない。


87. キリストは愛によって一人で天国を建設したが、今日までにキリストのために何万人という人が死んだことか!


88. 男女の間では友情は不可能だ。情熱と敵意と崇拝と愛はあるが、友情はない。


89. 愛は、この世に存在する。きっと、ある。見つからぬのは愛の表現である。その作法である。


90. 愛は統一を求むるの情である。自己の統一の欲求が自愛であり、自他統一の欲求が他愛である。



91. 子どもはあなたの愛を待っているのよ。一対一のね。あなたが働いてその子のパンを稼いできても、その子がほうっておかれるんじ…


92. 許すということの甘美さを知らぬ愛は、愛ではない。


93. よい人間関係を築こうと思ったら、あなたの愛の気持ちを相手に示すことだ。


94. 愛は欠けたるものの求むる心ではなく、溢るるものの包む感情である。人は愛せらるることを求めずして愛すべきである。


95. われらたのしくここにねむる。離ればなれに生まれ、めぐりあい、短き時を愛に生きしふたり、悲しく別れたれどこにまた心となり…


96. 不平が出るようになれば愛はおしまい。


97. 私自身の一部分は恐怖と困惑ともって死をながめ、他の一部分はまず好奇心から、とりわけ美と愛が充実して現われるのをみたいと…


98. 天にありては星、地にありては花、人にありては愛、これ世に美しきものの最たらずや。


99. こういう無批判な愛は嬉しかった。それなら、こちらも惜しみなく愛してやれたから。


100. 愛というものは、地中深くにしっかりと根を張り、天にも届かんばかりの大きな枝を張った大樹になるべきものである。




全部で、345件