名言ナビ名言データベース

キーワード
愛する

関連メニュー(大分類)
→ 【 愛する


1. どんなにその人を愛していても、その人のためにすべてを犠牲にしてはならない。なぜなら、必ず後で、その人を憎むようになるか…


2. 幸福というものはささやかなもので、そのささやかなものを愛する人が、本当の幸福をつかむ。


3. 雨の日は、雨を愛そう、風の日は、風を好もう、晴れた日は、散歩しよう、貧しくば、心に富もう。


4. 自分を憎む者を愛してやることはできるが、自分が憎む者を愛してやることはできない。


5. あなたのことを愛していますよ。


6. 人間は愛しているか、愛されているか、どっちかでないと辛いね。


7. あの人が私を愛してから、自分が自分にとってどれほど価値あるものになったことだろう。


8. 失望に居座られてはいけない。そのたびに立ち上がる人を、神は愛し支えてくださる。


9. 晴れた日は晴れを愛し、雨の日は雨を愛す。楽しみあるところに楽しみ、楽しみなきところに楽しむ。


10. 愛すともその悪しきを知れ、憎むともその善きを知れ。



11. そのほくろの中にいぼを見出すまでの間、僕は君を愛するだろう。


12. 最も多く愛する者は、常に敗者であり、常に悩まねばならぬ。


13. 片思いでもいいの。二人分愛するから。


14. 女には本当に損な時がある。男に良くしてやって愛していることを見せれば見せるほど、それだけ早く、男は飽きてしまうのだから。


15. 女が君を愛すると誓っても、必ずしも信じるわけにはいかない。しかし君を愛さないと誓った時にも、やはり信じすぎないほうがよ…


16. 女性は、たとえ自分を愛する男が野獣のような者であろうと、愛され崇められれば無関心ではいられないものだ。


17. 私は悲劇を愛する。悲劇の底にはなにかしら美しいものがあるからこそ、愛するのだ。


18. 我々男が女を愛するときに、女の弱さも、あやまちも、不完全さも、ちゃんと知りつくした上で愛するんだ。いや、それだからこそ…


19. 愛してるとは何回も言ったけど、ありがとうとは言った事がなかった。


20. 一人の女しか愛さない男はしばしばもっとも幸福な生活を送るが、死ぬときはもっとも孤独な死に方をする。



21. 愛せるうちに愛しなさい 


22. 愛するとは自分を追い越すことだ。


23. 私は第三者を愛するために夫の目を盗んでいる女には、恋愛を感じないことはない。しかし第三者を愛するために子供を顧みない女…


24. 人生を幸福にするためには、日常の瑣事(さじ)を愛さなければならぬ。


25. 愛するか愛さないかは、我々の自由にはならない。


26. 人は愛しているかぎり許す。


27. 君に金がない理由を教えてやろうか。それは君が金だけをひたすら愛さないからさ。金というものはね、何もかも愛するような浮気…


28. もっと愛するほかに、恋の治療薬はない。


29. 愛して失うことのほうが、まったく愛さなかったことよりましだ。


30. 愛は信頼の行為である。神が存在するかしないかはどうでもよい。(神を)信ずるから信ずるのである。(人を)愛するから愛する…



31. 好きなときも、嫌いなときも、愛してる。


32. 人々は驚くことを愛する。そしてこれこそ科学の種である。


33. やり方やハウツーなんてない。ただ愛することによってしか、愛し方なんてわからないんだ。


34. 私は明日を恐れない。何故なら私は、昨日を知ったし今日を愛しているからだ。


35. 私がお前を愛するごとく、お前も私を愛するならば、我々の恋を切り裂くナイフがあろうか。


36. さすらいと変化を愛するのは生ある者である。


37. 愛せよ、さらば汝も愛されん。およそ愛は代数方程式の両辺のごとく数学的に公正なり。


38. 誰かを愛して誰かを失った人は、何も失っていない人よりも美しい。


39. 「あなたは愛してるって言ってくれたことがないのね」 「そんなこと知ってると思ってた」 「女は、それを聞きたいものなのよ」


40. 何を一番愛しているかは、失ったときに分かる。



41. 愛することによって失うものは何もない。しかし、愛することを怖がっていたら、何も得られない。


42. 汝の愛を選びなさい。汝の選びを愛しなさい。


43. 知恵ある者を責めてみよ。彼は汝を愛するであろう。


44. 世界のどこかに自分の子供があるということは、全く捨て置き難い。この地を愛せずしてなるものか。


45. 私は困難な中で笑える者、苦しみを通して強くなる者、非難されて勇気を出す者を愛する。


46. どんなに愛しているかを話すことができるのは、すこしも愛してないからである。


47. 人生を喜びなさい。なぜなら人生は、愛し、働き、遊び、星を眺めるチャンスを与えてくれたのだから。


48. 誰もが見て、これでこそ人間だと思う一個の人間、自分はそういう人間を実に愛する。


49. その健やかなるときも、病めるときも、喜びのときも、悲しみのときも、富めるときも、貧しいときも、これを愛し、これを敬い、…


50. 普通の倫理――この人は私を愛している。だが私には夫がいる。したがって彼を愛してはならない。女性の倫理――私には夫がいる…



51. 愛するとは、誰かに親切を施したいと望むことである。


52. お前たちをどんなに深く愛したものがこの世にいるか、或いはいたかという事実は、永久にお前たちに必要なものだと私は思うのだ。


53. 僕がお父さんを愛しているとすれば、それは僕のお父さんだからというわけじゃなくて、僕の友達だからなんだ。


54. 愛せざる所に愛する真似をしてはならぬ。憎まざる所に憎む真似をしてはならぬ。もし人間が守るべき至上命令があるとすればこの…


55. 大切なのはどれだけ相手を愛するかではなく、相手にとって自分は何かを知ることだ。


56. 口先だけで愛してると言われても、簡単に無視できるけど、態度で示されると、ついほだされてしまう。


57. たいていの男は割と簡単に「愛してるよ」と言う。しかし、本当に難しいのは、「僕と結婚してくれるかい」と(男に)言わせるこ…


58. 愛は欠けたるものの求むる心ではなく、溢るるものの包む感情である。人は愛せらるることを求めずして愛すべきである。


59. 男が「好きだ」って言っている間は大丈夫。でも「愛している」って言い出したら気をつけなきゃダメよ。


60. 女は男に欠点があるからこそ愛するのだ。男に欠点が多ければ多いほど、女は何もかも許してくれる。我々の知性さえもだ。



61. 会って、知って、愛して、そして別れてゆくのが、幾多の人間の悲しい物語である。


62. 恋愛の十分の九は愛する側にあって、その十分の一が愛されている対象の側にある。


63. もう思いわずうのはやめろ。なるようになる。すべてがなるようになる。ただ人間は、それを愛しさえすればよいのだ  


64. 一人の女を愛そうとするとき、人は必ず相手に自分の幼年時代を物語るものだ。


65. 男が女を愛する第一の条件は、その女が自分の気に入るかどうか、ということである。ところが女にあっては、もう一つの条件がい…


66. 頼むから黙って、ただ愛させてくれ。


67. 若いときには、我々は愛するために生きる。年をとると、生きるために愛する。


68. 子供というものは両親の分身ですぞ。したがって、よい子であろうと悪い子であろうと、われらに生命を与えてくれる魂を愛するよ…


69. 彼女たちが私たちを愛しているとき、彼女たちが愛しているのは本当は私たちではない。しかし、ある朝、彼女たちがもはや愛さな…


70. 愛すべきは、その未熟さです。未熟さこそが、自分の最大の魅力で武器なのだと、胸を張りなさい。



71. 愛している者は常に、愛情を持っていない相手をうるさがらせるものである。


72. 愛される者の生活は、不幸で危険が多い。だが愛する者の生活には危険がない 


73. 実質上の性の束縛の強制を愛という言葉で現代の男女は考えているのだ。愛してなどいるのではなく、恋し、慕い、執着し、強制し…


74. 二度と会いたくない男には、こうおっしゃい。「愛しています。結婚して下さい。子供が欲しいのです」と。男は車を急発進させて…


75. 愛せよ。人生においてよいものはそれのみである。


76. 人は、実際の恋愛対象よりも、自分で心に描き出した相手の像の方を一層愛する。人がその愛する者を正確にあるがままに見るなら…


77. 私は今、生きることに夢中だ。人生の変化、色、様々な動きを愛している。話ができること、見えること、音が聞こえること、歩け…


78. 愛するとは少し死ぬこと。愛する者のためゆえ、少し死ぬこと。


79. 私には愛する歌があるから、信じたこの道を、私は行くだけ。すべては心の決めたままに 


80. 憎むのはやさしく、愛するのは難しい。良いものを創り上げるのは難しく、悪いものは簡単に手に入る。



81. 彼と幸せに暮したいのなら、彼を深く理解し、少しだけ愛すこと。彼女と幸せに暮したいなら、彼女を深く愛し、彼女のことをわか…


82. 我は張り詰めたる氷を愛す。斯(かか)る切なき思ひを愛す。我はその虹のごとく輝けるを見たり。斯る花にあらざる花を愛す。


83. 愛してその悪を知り、憎しみてその善を知る。


84. 自分の愛に値する相手かどうか、考える前に愛せよ。


85. 幸福の根本は、何をするか、何を愛するか、何を望むか、の3つである。


86. 惚れきっていてしかも疑い、あやしみながらしかも愛さずにおれぬ男は、なんという呪われた月日を過ごすことでしょう!


87. 私の音楽を分析するな、愛せよ!


88. 愛しているからと云う理由だけで結婚するなんて前世紀の思想だ。


89. 「職場を愛しているか!」 「給料分!給料分!給料分!」


90. 我々が物を愛するというのは、自己をすてて他に一致するということである。



91. 世間は邪悪の香料を愛する。


92. 悪魔を信ずるは悪魔を愛するよりはるかに難し。


93. 私は演劇を愛する。それは人生よりはるかに現実的だ。


94. 行きて愛せ、この地球上になに一つ助けるものがなくても。


95. 愛するに時があり、憎むに時がある。


96. 日本人が常に刺身を愛し、常食する所以(ゆえん)は、自然の味、天然の味を加工の味以上に尊重するからである。


97. 愛すれば愛するほど、男は裏切られる。結局男は女を観賞し、女の肉体だけを愛しているのが一番賢明だ。


98. 人は、不幸な人には同情はしても、愛し、協力を惜しまないのは、幸運に恵まれた人に対してである。


99. ディズニーの成功を支えている最も重要な要素は、遊び心と好奇心だ。遊び心とは、笑うことを愛する、というアピールをする気持…


100. あなたがあなただから、あなたを愛している。




全部で、140件