名言ナビ名言データベース

[ 名言 ]
家庭は日本最大多数に取りては幸福なる処(ところ)ではなく忍耐の処である。



[ 出典 ]
内村鑑三[うちむら・かんぞう]
(明治〜大正のキリスト教思想家・作家、1861〜1930)
『所感十年』

[ 別表現/別訳 ]
(ver.1)
家庭は日本最大多数に取りては幸福なる処ではなくして忍耐の処である。

[ 関連名言ツイッター]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]

1. 人は自信と共に若く、恐怖と共に老いる。


2. 多数派の数の力を頼み、憲法上の権利を少数派から奪うようなことがあれば、道徳的に見て革命は正当視されよう。


3. 心せよ、汝の欲を抑えよ、さなくば罪とその黒き侍者なる死が汝を襲わん。


4. 普通の学生は講義が始まって十分で退屈する。頭がいい学生ならば五分で退屈する。いちばん賢いのは最初から講義に行かない。


5. 愛国心だけでは十分ではありません。私は誰にも、憎しみや恨みを抱いてはならないのです。



6. モリマ、ド、モリマ、ハワクタニ ビナアダム、ド、ビナアダム、ワタクタニ(山と山は会わない。人と人は会う)──山はそこから動くことはできない。しかし……


7. 正社員という言葉が死語にならない限り、日本の雇用問題は解決しないと思う。


8. 愛国心は、国境を背にして初めて芽ぐんでくる。ことに異国にあって祖国の不幸を見やるときに。


9. 上司と反(そ)りが合わないからといって、下がそっぽを向くのは絶対にいけない。上を立てるという気持ちがないと、組織なんて成り立ちません。ケンカ別れで……


10. 「できる」という信念を強めるためには、まず自分が望むことに対して自信を持つことです。信念が人生航路の羅針盤だとしたら、自信こそ、エンジンの役割を果……



11. 誰しもはじめは、お手本に拠(よ)って習練を積むのですが、一個の創作家たるものが、いつまでもお手本の匂いから脱する事が出来ぬというのは、まことに腑甲……


12. 笑う人がより長く生きるのです。


13. 公衆は機械でやれるもの(演奏)を拒んで、より以上に精妙な美しいもの、より以上芸術家の魂に近いものを渇望している。しかしこのことはテクニックの必要が……


14. 明日死ぬかのように生きよ。永遠に生きるかのように学べ。


15. 仕事が順調な時はいつも皆のお陰と考えた。業績が低下した時は全ての責任は自分にあると考えた。



16. 中国人は砂の民である。石にも、まして岩にもなり得ない民族である。


17. 日常生活において比較的小さな変化を望んでいるのであれば、行動や態度を変えればそれで目的は達成できるだろう。しかし、「著しい変化」を遂げたいのであれ……


18. 私たちが感情的に傷ついたり、苦しんだりするのは、他人のせいでもなければ、人が何か言ったり、言わなかったりすることのせいでもない。それは自分自身の態……


19. 心配を紛らわすには、ウイスキーより仕事のほうが役に立つ。


20. 完璧になろうとしゃかりきになればなるほど、完璧からどんどん遠ざかってしまう。