名言ナビ名言データベース

[ 名言 ]
近江商人の
「売り手よし、買い手よし、世間よし。
 三方よし」
は、現代風に言えば、WIN-WIN-WINの関係だ。


[ 出典 ]
ながれおとや
[ながれ・おとや、流音弥]
(なぞなぞ作家&研究家、名言・成功哲学研究家、1967〜)

[ 関連名言ツイッター]

[ 関連キーワード ]
売り手
良い
買い手
世間
三方良し
Win-Win
ながれおとやの名言

[ 解説 ]
一般的には「WIN-WINの関係」と言われます。
自にも相手にも利益になる理想的な商売のことです。
それに、社会の為にもなる「WIN」を加えたのが「WINの3乗」。
実は、これは、近江商人の哲学
「売り手よし、買い手よし、世間よし。
 三方よし」
の理念と全く同じなのです。
(ながれおとや)


[ ランダム名言 ]

1. 戦うんだ。じゃなきゃ、大事なものは守れないよ!


2. 悪とは、てめえ自身のためだけに弱者を利用し、踏みつける奴のことだ。ましてや女を。


3. 真剣にやると、知恵が出る。中途半端にやると、愚痴が出る。いい加減にやると、言い訳しか出てこない。


4. 同じ立場に立たなければ、人の痛みを本当に理解することはできない。だが、想像力を働かせれば、同じ立場に立たなくても、人の痛みの半分くらいは理解できる……


5. 何もしていない。何も予定がない。そういう幸せってあるんですよ。



6. 追悼の文は、つくづく、むずかしいものである。一束の弔花を棺に投入して、そうしてハンケチで顔を覆って泣き崩れる姿は、これは気高いものであろうが、けれ……


7. もし我々に死がなかったら生の倦怠(けんたい)をどうしようか。死こそは実は我々には恵まれた甘露(かんろ)である。とはいえ、私もまた生の執着をもってい……


8. あの世とこの世が信じられない人に、宗教は無駄なんです。


9. 受動的に構えていけないのは女房との関係。「あばたもエクボ」をどれだけ持続できるか、飽きずに付き合うには、逆にどんどん衝突した方がいい。言いたいこと……


10. 積極的なことを考えただけで、その心の中に燦然(さんぜん)たる光りがでてくる。そして、その光りが闇を消す明かりなんだよ。



11. 汝の熱心を誇るなかれ、真面目を誇るなかれ。真面目という心持ちは、大して価値あるものにあらざるなり。


12. 自己が自己のいのちを本心で生きる、本音で生きる──その時、最も自己のいのちが充実する。


13. 背伸びをしながら歩く人は、石につまずいたとき、簡単に転んでしまう。


14. 心によってのみ、正しく見ることができる。本質的なことは目には見えない。


15. まずロジックで説得する努力を尽くさねばならない。きちんとロジックで説明して、相手の反論に応えていくようにすべきだ。



16. 働くことは罪ではないけど、他人に利用されて、自分の時間を無駄にしないで。そのことを覚えていてほしい。


17. この道は一度しか通らない道。だから人の役に立つこと、人のためになることは今すぐやろう。先に延ばしたり忘れたりしないように。この道は二度と通れないの……


18. 「今日は私の一番年をとった日」と思って起きる方と「今日は私の一番若い日、今日より若くなれないのだから若々しく生きよう」と三百六十五日心がける方とで……


19. 歳月は皮膚のしわを増すが、情熱を失う時に精神はしぼむ。


20. 娘に嫌われたことのない親父なんて、気持ちが悪いと思うね。