名言ナビ名言データベース

[ 名言 ]
子供や家族がいるから会社をやめられないというのは便利な言い訳だ。


[ 出典 ]
ながれおとや
[ながれ・おとや、流音弥]
(なぞなぞ作家&研究家、名言・成功哲学研究家、1967〜)

[ 関連名言ツイッター]

[ 関連キーワード ]

[ 解説 ]
子供や家族は、一種の免罪符になっているようです。
本人の勇気が足りないことをごまかす口実になっています。
(ながれおとや)


[ ランダム名言 ]

1. たとえ会えなくなっても、人は魂でつながっている。


2. (彼等は)なにひとつ真実を言わぬ。けれども、しばらく聞いているうちには、思わぬ拾いものをすることがある。彼等の気取った言葉のなかに、ときどきびっく……


3. 革命の時期と進展を示唆することは不可能であり、多かれ少なかれ神秘的な法則に支配されるが、革命が来る場合には急激に進む。


4. なんたる豊富。一畳ですむものを、わたしの部屋はまだ広い。なんたる豊富。一食ですむものを、毎日三度もたべている。なんたる豊富。空気、水、光、無限の蒼……


5. 平等は、争いを引き起こさない。



6. 私が二十歳の頃に七十歳っていうのは、もう人間とは思っていなかった。私が七十歳になって二十歳を見ていると、あれは人間じゃないね。


7. 40を過ぎたら誰もが悪党だ。


8. よく日本人は集団意識が強いと言いますが、本質的に集団として動くべき方向が、まったく理解できていない民族ですね。


9. 女が終わるところに劣悪な男が始まる。


10. 進退に際しては、たじろぐな。敵に遭遇してから作戦を考えるな。



11. 心の底で自分の属する組織を非難する者は、潜在意識的にその組織とのきずなを断っていることになる。


12. 欲情は二つの皮膚の偶然の接触から生まれる。


13. 昨日を思い煩わず 明日を憂えず 今日を清く生きよ。


14. 良心は、個人が自己保存のために啓発した、社会の秩序を見守る守護神だ。


15. その時は不幸だと思っていたことが、後で考えてみると、より大きな幸福のために必要だったということがよくあるの。



16. うぬぼれがしばる こころをしばる


17. 身を修めようとするなら、必ず正しい道を踏み行うようにせよ。正しい道を踏み行おうとするなら、必ず仁の心をもってせよ。身を修めるには、仁の心が基本である。


18. 方に随い(したがい)円に就く。


19. 失敗しなかった一日は、何もしなかった一日だ。


20. 失敗を乗り越えて問題の解決策を探る、それが人生というものです。