名言ナビ名言データベース

[ 名言 ]
勝つと思うな、思えば負けよ。


[ 出典 ]
関沢新一[せきざわ・しんいち]
(脚本家、作詞家、1920〜1992)
楽曲『柔(やわら)』の歌詞
※美空ひばり歌唱

[ 関連名言ツイッター]

[ 関連キーワード ]

[ 解説 ]
敵に勝とうと思った途端、その欲につられて、体に余計な力が入って動くが鈍くなる。
敵に勝つのではなく、普段の力を発揮できない自分の弱さに勝とうと思えばいいのです。
(ながれおとや)


[ ランダム名言 ]

1. 謙遜というものは自分を罪深き人間と認めて、自分の善事善行を自分の徳に帰せしめないことである。


2. 人間の道具と武器は、特殊器官の欠如を補って余りあり、その学習能力は、生来の技術と器官の適応能力以上のことを成し遂げた。


3. 仕事が人を育てる。


4. 人は多くを願うが、彼に必要なものはごくわずかなのである。人生は短く、人間の運命には限りがあるのだから。


5. 勝とうが負けようがどっちでもいい。平気なんだ。勝って結構、負けて結構。ただ、完全燃焼、全力をつくす。



6. 「ああ、おれはもうだめかもしれない」というような言葉を言うときには、大概の人は、これでくたばってたまるか、と思っているときにそう言う。自分が絶対的……


7. 忙しい人は、忙しいからいろんなことが(経験)出来るんです。やっぱり頼りになるのは忙しい人です。


8. 絵にしろ、彫刻にしろ、文章でもテレビでも、それを売って食うためにやるなんてことは空しいと思うんだ。


9. 問いが仏法に新しい生命、新しい表現をよびおこしてくるのです。


10. ちょっと立ち止まって、いま自分にとって何が一番大事なのかを見極め、この世で自分に与えられた使命は何なのかを振り返るのは、とても大切であり必要なことだ。



11. 挨拶は、活力の交歓。挨拶は、大きな声で。挨拶は、自分から先に。挨拶は、職場ぐるみで。


12. それがなんにせよ、好ましい習慣を身につけられるかどうかを案ずる必要はない。必ず身につけられるからである。しかも、はじめに思っていたよりはずっとたや……


13. 自分の収入を忘れているような人でなくちゃお金が残らぬ。


14. 私たちの敵は自分自身だ。


15. すべての歴史は「現代史」である。



16. 人間は、嘘をつく時には、必ず、まじめな顔をしているものである。この頃の、指導者たちの、あの、まじめさ。ぷ!


17. 歳をとるにつれて、私は人の話には関心がなくなった。ただ、人々の行いを見るようになった。


18. 子供は、励まされて育つと、自信を持つようになる。


19. 人生のトラブルを解決するには、視点を増やすこと。


20. 碑銘を記し、死者を悼むことは、ふるくから世界のどこでだろうと、詩人の仕事の一つだった。