名言ナビ名言データベース

[ 名言 ]
我々は心に気を配るべきで、外見に気を配るべきではない。


[ 出典 ]
イソップ[アイソポス]
(紀元前7〜6世紀・古代ギリシャの寓話作家)
『イソップ寓話』

[ 別表現/別訳 ]
(ver.1)
我々は心に気を配るべきで、容貌に気を配るべきでない。

(ver.2)
我々は心に気を配るべきで、外貌に気を配るべきではない。

[ 関連名言ツイッター]
総合編

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]

1. 自分が頑張っていると、それを当たり前のこととして受け取る人がいます。タチの悪い人には(依頼・要求・命令を)拒否しましょう。


2. 俺たちの未来は、自分の死、太陽の死。


3. 結婚は人生の墓場である。


4. 言葉にすることで楽になることもある


5. 適正な利益というものは、企業の使命達成に対する報酬である。だから、利益なき経営は社会に対する貢献が少なく、その本来の使命を果たしえていないといえる。



6. たぶん、ぼくも、あんなふうに泣き、あんなふうに笑ったのだ。…赤ん坊のとき。


7. 箴言(しんげん)とか格言というものは、我々が釈明に困っているときに驚くほど役に立つものである。


8. 学生を小さな幸せを求める人材にしか育てられない教官は、罪悪である。


9. 種をまくことは、刈り入れほど困難ではない。


10. 完成した建築物に幸福感があるのではなく、苦しみながらも工夫しているときにこそ喜びがある。



11. 私に けもの心の涌く時あり その時も 私は 人間の顔して 暮らしている


12. 中三と言ったら、時と場合とけじめをしっかりと身につけて行く時なんだ。


13. 作家は例外なく、小さい悪魔を一匹ずつ持っているものです。いまさら善人づらをしようたって追いつかぬ。


14. 幸せというのは環境と希望の一致です。古い世代は、少しでも環境を希望に近づけようと、「ひとつ上」を狙って頑張った。ところが今は環境を上げるのではなく……


15. “昨日より今日、今日より明日”で、少しずつしか進めないのが人生。



16. 良い客とは、通う店を頻繁に変えない客のことである。そういう良い客は大事にしなければいけない。一方、良い店とは、客の顔ぶれがあまり変わらない店、つま……


17. 特に行くべき場所がなくとも、旅立ちの時というものがある。


18. 事実は「目に見える」が、本質は「目に見えない」。


19. 曇り日は狩りのため、風の日は眠りのため、雨の日は娯楽のため、晴れた日は商売のため。


20. 腕の悪い芸術家は互いの作品を誉めあう。