名言ナビ名言データベース

[ 名言 ]
口から出すのは支出、耳から入るのは収入。
収入がなく支出ばかりでは、収支のバランスが合わなくなり、頭の中が赤字になります。


[ 出典 ]
成沢玲川[成澤玲川、なるさわ・れいせん]
(明治〜大正のジャーナリスト、写真ジャーナリスト、カメラ・写真雑誌のアサヒカメラ&アサヒグラフ初代編集長、1877〜1962)

[ 関連名言ツイッター]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈全文〉
私どもの年になりますと上の方から叱ってくれる人がなくなる。
毎日下の方に向かって小言ばかり言うようになる。
これは経済的にいうと支出です。
収入は上の方からお小言を頂戴することです。
口から出すのは支出、耳から入るのは収入。
収入がなく支出ばかりでは、収支のバランスが合わなくなり、頭の中が赤字になります。
──適切なお小言を頂戴したいのです。
それこそ金銀財宝にまさる無財の財産で、我々はそれによって頭脳の破産をまぬがれるのみでなく、さらに大いなる指針を得るのです。


[ ランダム名言 ]

1. ほめるコツ──心からほめる。本気で心からほめるのでなければ、言葉に気持ちがこもらない。口先だけでほめても、何か下心があるのではないかと勘ぐられる。


2. 社会における人の価値は、その人の感情と思考と行動がどれだけ人々の役に立つかによって決まる。


3. 幸運をつかむような行動をしているかが重要であり、偶然や宿命などはあまり重要な要因ではない。


4. 残酷なのは弱い人間である。優しさを見せることができるのは強い人間だけである。


5. 富者と貧者に対する法は同じからず。



6. 死とは、永遠の眠り以外の何ものであろうか? 生とは、眠りつつ、かつ、喰うことに、存するのではなかろうか。


7. 見当たらない道具は、新しいものを購入した途端、見つかる。


8. 子供がいるから仕事ができないなんて言ってちゃダメだよ。子供も仕事も、女は欲張りでなきゃいけないんだ。仕事もやる、家庭もしっかり守る、これからの女は……


9. 碁でも、競馬でも、競輪でも、わが闘志はいまだに衰えていない。年をとるとは、心のエネルギーを失うことだ。


10. 「ただの人」「下手」「達者」「上手」を経て、始めて「名人」と称される。人の弱点として、余りにほめられると、始めは御世辞だなと思っていながらも、つい……



11. 失敗の無いところに成功も無い。


12. 常に他人より高いレベルで仕事をすること。それがプロフェッショナルの印である。


13. 人間には生きる権利があると同様に、死ぬる権利もある筈です。僕のこんな考え方は、少しも新しいものでも何でも無く、こんな当り前の、それこそプリミチヴな……


14. 大きな権限を持つ者は、同時に、大きな責任も持っているんですよ。


15. ご機嫌になりたかったら、ご機嫌な人の近くに行きなさい。不機嫌になりたかったら、不機嫌な人の近くに行きなさい。



16. トラブル対処の法則──いったんトラブルが発生してしまった後では、急いで動けばミスを重ね、慎重に動けば手遅れとなる。


17. 人はその一生において、少なくとも三度主役になることができる。生と愛と死、誕生と結婚(愛の成就した儀式)、そして葬儀である。


18. 私たちは、今、現に、身に受けているものの有難さ、不可思議さを感ずる心を失ったままで、外に外にと、生き甲斐を求めているわけです。しかし、有難さを不思……


19. 良い出来事だけをいつも思い出すくせをつけましょう。


20. 日本人は何かに金を使えば、必ず領収証を取る。しかし領収書はもらっても、果たして税務署がこれを認めてくれるだろうかと心配する。そういうことを1年36……