名言ナビ名言データベース

[ 名言 ]
他人の家に、憩いの巣を期待するのが、そもそも馬鹿者の証拠なのかも知れない。


[ 出典 ]
太宰治[だざい・おさむ]
(明治〜昭和の作家、1909〜1948)
『お伽草子』
「カチカチ山」

[ 関連名言ツイッター]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈全文〉
とかく招かれざる客というものは、その訪問先の主人の、こんな憎悪感に気附く事はなはだ疎(うと)いものである。
Link

これは実に不思議な心理だ。
読者諸君も気をつけるがよい。


あそこの家へ行くのは、どうも大儀だ、窮屈だ、と思いながら渋々出かけて行く時には、案外その家で君たちの来訪をしんから喜んでいるものである。
Link

それに反して、ああ、あの家はなんて気持のよい家だろう、ほとんどわが家同然だ、いや、わが家以上に居心地がよい、我輩の唯一の憩(いこ)いの巣だ、なんともあの家へ行くのは楽しみだ、などといい気分で出かける家に於(お)いては、諸君は、まずたいてい迷惑がられ、きたながられ、恐怖せられ、襖(ふすま)の陰に箒など立てられているものである。
Link

他人の家に、憩いの巣を期待するのが、そもそも馬鹿者の証拠なのかも知れないが、とかくこの訪問という事に於いては、吾人(ごじん)は驚くべき思い違いをしているものである。
Link

格別の用事でも無い限り、どんな親しい身内の家にでも、矢鱈(やたら)に訪問などすべきものでは無いかも知れない。
Link


[ ランダム名言 ]

1. 誠実にして、はじめて禍を福に変えることができる。術策は役に立たない。


2. 質問は、我々の無限の潜在能力を解放する鍵となる。


3. 愛があれば、他に何もいらない。愛がなければ、他の何も意味がない。


4. ろくに知りもせぬ怪しげな薬を、なおさら知りもせぬ人の体内に注ぐのが、医者である。


5. 日常生活において比較的小さな変化を望んでいるのであれば、行動や態度を変えればそれで目的は達成できるだろう。しかし、「著しい変化」を遂げたいのであれ……



6. 俺と同じくらい力がある奴がいても、そいつには負けないよ。俺はもっと努力するからね。


7. 他人への対応を間違えれば、人生そのものを間違えてしまう。


8. 他人にこう考えてほしい、こう話してほしい、こう行動してもらいたいと望むことを、あなたも他人に対して考え、話し、そして行動するという黄金率を実行しな……


9. 世界の快癒はいろいろな処置をほどこすことによってではなく、ものの考え方を改めることによってもたらされるのだと世界自身が気づくときに、ようやく世界は……


10. 夫をつかまえるのは技、とどめておくのは努力。



11. 旅のよい道連れは旅路の時間を短くさせる。


12. 昔から、オリジナルな文人なんて、在ったためしは無いんですからね。


13. 生活の目的は自己完成にあり、そして不死の霊の完成は人生の唯一の目的である。


14. (その日)少しでも何かいいことがあれば、その日を生きたかいがある。


15. 男と女のあいだには深くて暗い河がある。



16. 悲観論者が、星についての新発見をしたり、海図にない陸地を目指して航海したり、精神世界に新しい扉を開いたことは、いまだかつてない。


17. 初心の程は無尽に稽古すべきなり


18. 機は事に応ずるに在り。


19. 侮蔑軽蔑(されるの)はリカバリーショットがきかないね。とにかく馬鹿にされたら、もうダメだね。


20. 本来、お世辞というものは、女の身にぴったりと当てはまる衣裳である。