名言ナビ名言データベース

[ 名言 ]
僕が心から超一流と思う人はどう生きたのか。
みんな、小利口なことなどせず、鈍くさいことをひたむきにやり、バカだといわれた時期があった。


[ 出典 ]
西澤潤一[西沢潤一、にしざわ・じゅんいち]
(半導体工学者、1926〜)

[ 関連名言ツイッター]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈全文〉
僕が心から超一流と思う人はどう生きたのか。
みんな、小利口なことなどせず、鈍くさいことをひたむきにやり、バカだといわれた時期があった。
バカになるしか成功の道はない。
それが結論だった。


[ ランダム名言 ]

1. 嫌いな人と、あなたはどこか似ていたりするのです。だから嫌いになったりするのです。少しづつで構わないから、嫌いな人を理解してあげたらどうでしょう。自……


2. 浮浪者、紳士、詩人、夢想家、孤独な人、皆いつでも恋と冒険にあこがれてるんだ。


3. 議題が何であれ、進むべき方向と反対に議論は進み、本当に有益な意見を述べる者ではなく、うわべを取り繕った意見を述べる者が会議を支配する。


4. 時代に没頭していては時代を批評する事が出来ない。


5. 人はぜいたくということはいけないことと頭から決めているけれど、ぜいたくが必要な時がある。



6. キレイごとの好きな人は、とかく実践力に欠けやすい。けだし実践とはキレイごとだけではすまず、どこか野暮ったく、泥くさい処を免れぬものだからです。


7. 「お前はまだ人生経験が足りない」と言いかえす人があるだろうが、私もすぐ、「お前さんは自己分析が足りない」と言いかえしてやります。


8. 芸事は何でも「難しくてもやるんだ」という了見が大事です。


9. 人間は所詮百八の煩悩を持っている凡夫なのだから、まず、他の動物たちのように、総てを捨て去って自然のままの姿になりなさい。


10. 快楽の対象とされていないのは、愛されている女性である。



11. アメリカでは、一夜明けたら有名人というサクセス・ストーリーは、伝説であると同時に産業でもある。


12. 失恋の痛んだ心にさらにひどいダメージを与えるのは、淋しいからといってすぐに(別の)誰かを求めることだ。


13. 学習は善人をさらに善くし、悪人をさらに悪くす。


14. 人生は積み重ねだと誰でも思っているようだ。ぼくは逆に、積み減らすべきだと思う。財産も知識も、蓄えれば蓄えるほど、かえって人間は自在さを失ってしまう。


15. 理想をもたぬものは、生命を忘れているものである。



16. 順調な進歩は、しっかりした基礎によってのみ保証され、豊かな実りは、着実な努力の積み重ねによってのみ約束される。


17. 「ペットはペット」という線引きがしっかりとできることは、精神の健全性を示すものさしの一つである。


18. 自分の中に取り組むべきテーマを何も持っていない人間は、いくら本を読んでも、何一つ新しい発見をすることができない。


19. 成功するために、階段を上る必要はありません。成功するために、競争をする必要もありません。結局、一番最初に空き地に来た人の勝ちなのです。


20. 大丈夫。世の中の人はみんな、自分のことで精一杯。あなたのことなんて、気にしているほど暇ではない。