名言ナビ名言データベース

[ 名言 ]
世の中の人というものは、お互い、こわばった挨拶をして、用心して、そうしてお互いに疲れて、一生を送るものなのでしょうか。



[ 出典 ]
太宰治[だざい・おさむ]
(明治〜昭和の作家、1909〜1948)
『待つ』

[ 関連名言ツイッター]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈全文〉
私は、人間をきらいです。
いいえ、こわいのです。
Link

人と顔を合せて、お変りありませんか、寒くなりました、などと言いたくもない挨拶を、いい加減に言っていると、なんだか、自分ほどの嘘つきが世界中にいないような苦しい気持になって、死にたくなります。
Link

そうしてまた、相手の人も、むやみに私を警戒して、当たらずさわらずのお世辞やら、もったいぶった嘘の感想などを述べて、私はそれを聞いて、相手の人のけちな用心深さが悲しく、いよいよ世の中がいやでいやでたまらなくなります。
Link

世の中の人というものは、お互い、こわばった挨拶をして、用心して、そうしてお互いに疲れて、一生を送るものなのでしょうか。
Link

私は、人に逢うのが、いやなのです。
だから私は、よほどの事でもない限り、私のほうからお友達の所へ遊びに行く事などは致しませんでした。


[ ランダム名言 ]

1. 自律的な成長に限界があるのがなら、他律的に限界を突破「させなくてはならない」。


2. 神はいつも傍には居られない。だから、母を創ったのだ。


3. 女には、生まれつき筋をつらぬく面がある。男よりずっとしっかりしているよ。


4. 「性悪説」を前提にした従来の労働集約型産業のマネジメントでは、人の心は動かない。「私はこう考える」と、社員の誤解を恐れず問題の本質を明らかにし、わ……


5. 失敗は終わりではない。それを追求していくことによって、はじめて失敗に価値が出てくる。失敗は諦めたときに失敗になるのだ。



6. 挫折や失敗とは、それを意識したときからはじまります。


7. 新しいことをやれば、必ず、しくじる、腹が立つ。だから、寝る時間、食う時間を削って、何度も何度もやる。


8. 孤独は、神とともに暮らせない者には害がある。孤独は魂の力量を強化するが、また同時に、働きかけるべき対象をすべて彼から奪ってしまう。


9. 「幸せな金持ち」なるために必要な心理学は、感情に関するものです。それは、感情が人の行動を決めている鍵だからです。多くの人は感情を軽視しがちです。


10. その職種の中で新しいチャレンジをし続けているか。物事に新しい意味を生み出そうとしているか。そんなふうに挑み続けるバックボーンになるのは、ここにはと……



11. 行動して損することなんて、めったに無い。迷ったら、行動せよ。


12. 見ることと感ずることを知る者は、至る所に常に賛美すべきものを見出すだろう。


13. これまでとまったく違った新しい人生というのは、十五年ぐらいかけてチャレンジすると、かなり達成できるものなんですよ。


14. よしよしと言ってくださる人の前では決して自分に目覚めるということはないことであります。


15. 詐欺師をだますのは二重の歓びである。



16. 嘘には三種類ある。嘘と大嘘、そして統計である。


17. 自分を憐れむという贅沢(ぜいたく)がなければ、人生なんていうものには、堪えられない場合がかなりあると私は思う。


18. 男が人生で熱中できるものは、危機と遊びである。


19. 私は何か善を行おうと思いながら、そこに喜びを感ずることができる。また同時に、悪を行いたいとも思い、そこにも喜びを覚えることもできる。


20. 一回あなたを騙した男は、百回騙す。