名言ナビ名言データベース

[名言]

桜梅桃梨(おうばいとうり)




[出典]

仏教の教え


[意味]

桜は桜らしく、梅は梅らしく、桃は桃らしく、梨は梨らしく花を咲かせ実をつける。
同じように人間も、それぞれの持ち味を活かした生き方をしなさい。



[関連キーワード]

桜が咲く
花を咲かせる
持ち味
活かす
生き方



[解説]

人はそれぞれ容姿・性格・能力・健康・財産・趣味・人間関係など、あらゆる面で異なります。
誰一人、他の誰かと全く同じ条件だという人はいません。
当然、人によって生き方も違ってきます。
自分の持っている条件の下で、生きるしかないからです。

■この世には、どんな生き方がより優れているということはありません。
それは桜と梅のどちらが優れているかと議論するようなものです。
華やかな桜の花を、可憐な梅の花がうらやましがる。
その気持ち、分からないでもありません。
しかし、桜と梅、それぞれの持ち味があります。
桜を好きな人もいれば、梅を好きな人もいる。
それでいいじゃないですか。

■人は、自分に無いものに憧れる傾向があります。
その憧れが人を努力に向かわせ、成長させることがあることも確かです。
しかし、自分本来の魅力を活かさないのは実にもったいないことです。
桜のマネをした梅と、本来の梅、どちらが魅力的でしょう?
マネは所詮マネに過ぎず、どうしても無理が生じます。
梅は梅であり、桜にはなれないのです。
だから、梅なら、最高の梅を目指すことです。

■他人の華やかな生き方を真似しても、心からの満足感は得られません。
自分自身を否定している限り、自分の人生を生きていることにはならないからです。
人間にとって一番大事なことは、自分らしく生きること。
それは、自分の持ち味を活かした生き方をすることです。
もう一度、自分の持ち味をよく見つめて直してみましょう。

(ながれおとや)