801.女にはあまりにも長い間、暴君と奴隷とが隠…
802.この世で人を疲れ果てさせるものは、自分を…
803.まずビジョンを作ること、それがすべてです…
804.誰かの役に立てると思えたとき、その仕事は…
805.ともかくも あなた任せの 年の暮れ
806.失敗することを恐れるよりも、真剣でないこ…
807.私たちはこの世では大きいことはできません…
808.母親は少年を一人前の男に仕上げるのに二十…
809.人類のいかなる種族も、倦怠な種族よりはマ…
810.幸福は、われわれがそれを所有していると意…

811.人間にとって最大の敵は人間である。
812.真の天才は、予め一定の軌道にのせて描くこ…
813.愛は引力を持っている。愛は人を引きつけ、…
814.神さまが人間をおつくりになったのだから、…
815.数字は人格である。
816.大地は変われど魂と神は不滅なり。
817.こづかれ、責められ、打ち負かされ、苦しめ…
818.何もないのに守りに入り、20歳や30歳で…
819.ただ流行を追っているというのは、つまらな…
820.喜びは分かち合うことによって倍になり、悲…

821.悲しい時には、桜の花の咲くのを見たって涙…
822.ジョージ・ハーバートは「夜は魂を脱ぎ捨て…
823.毎日、仕事をする前に自分にこう問いかけな…
824.必ず成功するベンチャーなどない。成功する…
825.人間、批判されはじめたら一人前になったと…
826.他の人に一生懸命サービスする人が、最も利…
827.教育は国民の安価な防備である。
828.あるがまま雑草として芽をふく
829.罪の重さは、否認の激しさに比例する。
830.今、あなたの作ったもので、あなたの知らな…

831.結婚は雪景色のようなものである。はじめは…
832.金貨を三個節約せよ。そうすれば四個目の金…
833.楽しいから笑うのではない。笑うから楽しい…
834.棒ほど願って針ほど叶う。
835.重要な人物になることはいいことだが、もっ…
836.先生やパパやどこやらの神様に気に入られる…
837.歩いても走っても前が見えなくて、でもちょ…
838.ある種の人々は、ただ正常であろうとするた…
839.死ぬ勇気のない生は奴隷である。(ver.…
840.自分の目で見、自分で体験しないと、世の中…

841.私達の思い、言葉、行為は、良いことも悪い…
842.苦しみの向こうに成功がある。
843.私が書くつもりになるくらいだから、歴史は…
844.罠をかける者も卑しい。が、それにかかる者…
845.2つのシステムがある、すなわち過去と未来…
846.私は結婚したいんじゃないの。好きな男と暮…
847.社会的憎悪は、宗教的憎悪と同じく、政治的…
848.一目惚れを信じることよ。
849.壁にとじこめられて、ニッチもサッチもいか…
850.死ぬだけよ、あんた死ぬだけよ、なんとかし…


851.「想像力」とは、現在の状況を超えて頭の中…
852.人間の仕事というものは、それが文学であれ…
853.何事も、熱意を持たない限り、立派な仕事は…
854.どんなに賢くっても、人間自分の背中を見る…
855.若者の多くは、ぶしつけや無作法を天真爛漫…
856.人生は純粋な炎であり、我々は、我々の裡(…
857.友とぶどう酒は古いほど良し。(ver.0)
858.苦境──自分が最も成長できる状況。乗り越…
859.どんな天才も、同僚たちとは違った角度で世…
860.裸になった人間は、それだけ強くなれるんだ。

861.状況? 何が状況だ。俺が状況を作るのだ。…
862.なりたくてもなれない人間がたくさんいるの…
863.完全な愛というのは、最も美しい欲求不満だ…
864.沈黙の向こうに、自分を諭(さと)す声が聞…
865.まず前もって服従することを学んでいなけれ…
866.思うに、一番楽しい瞬間とは、結局のところ…
867.「孤独」を知らない人間というのは魅力がな…
868.暗闇を不安に思うより、一本のろうそくに火…
869.わたしの命がわが国のためになるなら、わた…
870.最上の勇者でさえ、自分の力以上の戦闘はで…

871.人生の道が本当に安全だと感じたら、それは…
872.人生は短い。人間に与えられた時間は、束の…
873.寂しい道を歩きつづけて来たものでなければ…
874.確かさばかり求めてぐずぐずしている人には…
875.神さまとは、己の良心である。
876.指導者というものは、いろいろなかたちでみ…
877.高品質より我ら生きる道なし
878.小説家はすべての人間の中で、一番神に似て…
879.どうせ収入が少ないなら好きな仕事をした方…
880.好奇心は猫を殺し、満足は猫の命を救う。

881.下足番を命じられたら、日本一の下足番にな…
882.名物にうまいものなし。
883.昔はね、呆(ぼ)けるほど長く生きなかった…
884.人体に欠かせない必須アミノ酸を求めるよう…
885.子供は周りから受け入れられて育つと、世界…
886.すべて真の生とは出会いである。
887.きついと感じる時に、人間は成長している。
888.人生を楽しむ者に、失敗はない。
889.常識のない教育よりも、教育がない常識のほ…
890.愛は小出しに

891.本当に、自分をすべてのものから逆らいよう…
892.今、一番欠如しているのは、「らしさ」だと…
893.一丈の堀を越えんと思わん人は、一丈五尺を…
894.恐れている事をやってみなさい。そうすれば…
895.アイディアだけでは、何の変化も起こらない…
896.自分で信用しなくちゃ他人なんか騙せないよ
897.君の呼びかけに誰も答えないならば、君よ、…
898.夢を追い続ける勇気さえあれば、すべての夢…
899.星は輝きによってお互いを知ることができる…
900.芸術作品が時代に先駆けてあらわれるとき、…


901.人には「活躍の場」を与えよう。それが、懐…
902.生まれて死ぬと思わないで、死んで生まれた…
903.0点で抑えれば100%負けない。10点取…
904.中傷される人間は二重に傷つけられる。第一…
905.草を見る心は己自身を見る心である。木を識…
906.どこかで、驚くべき何かが、あなたに見つけ…
907.知性に富んだ人間は、決して弁解を言わない。
908.失敗を恐れるな。だが、同じ失敗は繰り返す…
909.人も家も寿命があって、いつか別れる時が来…
910.希望は人を成功に導く信仰である。希望がな…

911.自らそうであると信じるもの──それが自分…
912.勇気を修養するものは、進む方の勇ばかりで…
913.神様は、どんな人にも一つだけ、才能を授け…
914.政治では、人間の身体と同じように、最も重…
915.貧乏人けっこう。誰もお前のその貧乏を盗も…
917.教育は一つの芸術である。(中略)天は直接…
918.われ四十にして初めて迷い、五十にして益々…
919.過去は水に流し、頬被(ほおかむ)りしたい…
920.狂気はどこにあるか。それを汝らに植え付け…

921.人間集団で最悪なことといったら、態度の悪…
922.きつい労働でまいっていると、どこにも面白…
923.何がなせるかは、なしてみるまでは誰にもわ…
924.我々はしなければならない仕事を、しなくて…
925.競争的進歩は人類一般の損害にして利益に非…
926.「世間」とはいったい何か?──それはまた…
927.奇跡は起きるものではなく、起こすものであ…
928.暗いときには、目が見え出す。
929.夫婦とは二つの半分になるのではなく、一つ…
930.愚かな者には、同じ木も賢い者と同じには見…

931.私はあまり自分の意見を重んじないが、他人…
932.とにかく僕は何か一つの道に徹底したいよ。…
933.私の意思決定にはデータ重視のものと、直感…
934.あなたが何かを信じると、それはあなたが意…
935.飛ぶことを学んで、それをいつか実現したい…
936.暗記することは真に知ることではないのです…
937.智者学者にあらず、学者智者にあらず。
938.確かに、あんたが道を踏み外したのは、あん…
939.欠点のある、あるがままの自分を受け入れる…
940.死は人間卒業、自殺は人間廃業です。

941.英雄のいない時代は不幸だが、英雄を必要と…
942.私は君たちに、君たちの官能を殺せと勧める…
943.威張り屋を殴り倒すのは気持ちがいい。殴ら…
944.「夕べどこにいたの?」 「そんなに昔のこ…
945.不道徳の最たるものは、自分の知らない稼業…
946.味わってうまい物でも消化に不快な思いをす…
947.健康的な暮らしの法則──不規則な生活が続…
948.「暗い」と言われる人は優しい人なんです。
949.人の性質は、永久に前に進めるわけではない…
950.我々は社交に別れを告げ、離れて住もうと志…


951.私たちは自然の一部であり、私たちのするこ…
952.つきあいには親切心が無くてはならぬ。ただ…
953.すべての人を少しの間騙すことはできる。一…
954.あなたのたましいに嘘をついていないか。そ…
955.じぃーっとしてろ。日陰にいろ。日陰にいれ…
956.嘘をつくのは荒れた海を船で行くようなもの…
957.最悪の事態に遭遇した場合、いくらくよくよ…
958.自分で消化できてない問題を人に言っても、…
959.他人の幸福をうらやんではいけない。あなた…
960.世の中、カネとコネだよ。他に何があるのか。

961.人は、ふれあって育つ。
962.人間は信念によって作られる。信じるように…
963.勝つことばかり知りて、負くること知らざれ…
964.君公元(もと)より頼むべからず。友輩元よ…
965.スターになることは、君の運命じゃないかも…
966.愛は妻に捧げよ。しかし、隠し事は母か姉に…
967.迎えの拍手は昨日までの人気、降りる時の拍…
968.世間が求めているのは、感情ではなく礼儀で…
969.美は善であるという完全な幻想が、往々にし…
970.だまされたと知っている者は、だまされては…

971.真の熱中の持つ美と力について考えようでは…
972.やるべきことは、どの考え方が自分にとって…
973.いいえ昨日はありません 今日を打つのは今…
974.最善を尽くせば負けることはない。
975.兵を養うこと千日、用は一朝に在り。(ve…
976.月満つれば即ち虧(か)く。
977.男性の間では愚かで無知な男が、女性の間で…
978.愛は信頼の行為である。神が存在するかしな…
979.今日始めなかったことは、明日終わることは…
980.人生は自分の手でつかむのです。恋も同じで…

981.愛というものは単に優しさだけで(あるいは…
982.宗教の堕落は、宗教が理論そのものに堕する…
983.傲慢と卑下 卑屈と尊大 根ッこはひとつ …
984.自然は決して我々を欺かない。我々自身を欺…
985.運はいろんな形をして現れる。とすれば、ど…
986.女にとって、男はドラッグと同じ。舞い上が…
987.金を残すのは三流、名を残すのは二流、人を…
988.失敗することを恐れていては思い切った働き…
989.私は未来について決して心配しない。未来に…
990.許すという技術でもっとも肝心なことは、喜…

991.良心は魂の声であり、情熱は肉体の声である…
992.男というのは大きくなった子供に過ぎない。
993.金は愛情と裏切りとのふたつを持つ両刃の剣。
994.人間というのは、止めても止まらんところが…
995.砂漠が美しいのは、どこかに井戸を隠してい…
996.職業に貴賎はない。どんな職業に従事してい…
997.馴れ合いたいんじゃない。一緒に歩いて行き…
998.あえて孤立無援の状況に身を置け。そこにこ…
999.誰にでも夢の苗を植えることはできる。
1000.青年時代の煩悶(はんもん)は要するに、夢…


1001.失敗は恐れるに当たらない。大切なのはその…
1002.芸術に目的があるとすれば、それは、人生を…
1003.男はみんなもう長い間働いたじゃない。で、…
1004.金は不浄に集まる
1005.人を邪道に引っ張り込むため、暗闇の手下共…
1006.相手の考え、行動には、それぞれ相当の理由…
1007.人生にゃ出来るも出来ねーもねえ。あるのは…
1008.旅から苦難が消えてしまったといっしょに、…
1009.成功への道は、自らの手で未来をつくること…
1010.不運に見舞われたとき、心は浄化され、悪い…

1011.触れることには、言葉以上の、そして考えて…
1012.受動的に構えていけないのは女房との関係。…
1013.名人芸に飽きると、下手な芸が面白くなりま…
1014.人生は大いなる戦場である。
1015.「秘密が守れるかい」と(相手が)もう一度…
1016.最大の快楽とは、他人を楽しませることであ…
1017.必要は指導者である。
1018.自分は大したことができないという理由で、…
1019.手を抜くほうが疲れる。
1020.人は今日のことでは苦悩しない。昨日起きた…

1021.怒るをやめよ。いかるものは、まず自ら罰せ…
1022.結婚はデザートよりスープが美味しいコース…
1023.賢さがなければ、それだけいよいよ幸いとな…
1024.あんたこの世へ 何しに来たの 女ばっかり…
1025.誰もが世界を変えることを考えるが、誰も自…
1026.卑劣な人間は、利益にならなければ、決して…
1027.記憶は弱者にあり。
1028.(現代人は)底辺の短い鋭角系の二等辺三角…
1029.あらゆる芸術の基盤には「かなしみ」がある…
1030.男は女を、女は男を要求する。そしてそれを…

1031.いかなる場合にても、喜び大なれば大なるほ…
1032.偉くない人には、とても偉い方に接するよう…
1033.1つの得意分野があれば、それを活かして生…
1034.みんなひきこもれば交通事故に遭うことなん…
1035.すべては原因、結果の法則によります。運命…
1036.一度で成功できなかったら、もう一度だけや…
1037.自分自身のために真っ先にする必要があるこ…
1038.豊臣秀吉は、主人である織田信長の長所を見…
1039.幸せだけとか、不幸だけに運命づけられてい…
1040.他人というものは、こちらの言ったことに答…

1041.人間はなかなか心に描くような幸福生活はで…
1042.圧制は、自己の秩序を超えて全般を支配しよ…
1043.人間はただ眼前の習慣に迷わされて、根本の…
1044.礼儀正しい、決して腹を立てない人物は、ま…
1045.修行とは心を定めることなり
1046.私の出会う人は皆、ある意味で私の先輩だ。…
1047.叩かれれば叩かれるほど強くなって、どの宗…
1048.世界中の誰もが絶対的な知性を手にすれば、…
1049.需要がそこにあるのではない。我々が需要を…
1050.宗教はどれも神に帰る踏み石にすぎない。


1051.俺と同じくらい力がある奴がいても、そいつ…
1052.「五体不満足」は 不便ですが、不幸ではあ…
1053.喜べ!喜べ!人生の事業、人生の使命は喜び…
1054.心配は身の毒
1055.およそこの世において、恨みは恨みによって…
1056.決して希望を失うな。どんなに深い穴でも綱…
1057.もし他に方法がなければ乞食になってもいい…
1058.どうにもならないことがある。それでも生き…
1059.口を使う前に耳を使え、耳を使う前に頭を使…
1060.日本の学問は、ものを習う「修得型」で、何…

1061.(他人の)人生に影響を及ぼすこと──それ…
1062.よい結婚では、それぞれがお互いを孤独の保…
1063.大切なのは普通の言葉で非凡なことを言うこ…
1064.復讐しないやつはロバ(=馬鹿者)の甥
1065.成功する商売の術は、90%の準備と10%…
1066.生きているかぎり、頭をおこしていよう。ま…
1067.最も良い説得方法の一つは、相手に気に入ら…
1068.人の性は悪にして、その善なるは偽なり。(…
1069.恋という奴は一度失敗してみるのもいいかも…
1070.結婚なんて、文明的であるかのように偽装さ…

1071.すべての心理学の核心的問題はたった一つ。…
1072.人間は仕事がないと、健康を損なうばかりで…
1073.貧乏に対する恐怖に人生を支配させてしまえ…
1074.涙は苦痛の聖なる権利だ。
1075.孤島のように、一人きりで完結する人間はい…
1076.鉄の錆(さび)が鉄から出て鉄自身を喰うよ…
1077.要するに莫迦(ばか)な女は嫌いです。こと…
1078.5%や10%の改善は、時には50%の抜本…
1079.他人の利益を図れなかったら、自らは栄えな…
1080.優しい舌は命の木である。

1081.時間をつぶしたいなら、なぜ時間を使い果た…
1082.未来を語る人になろう! 伸びる可能性があ…
1083.なぜ他人の言うことを気にするのですか? …
1084.悔(くい)は凶より吉に赴(おもむ)く道な…
1085.歴史とは、現代人の感覚で読んでしまうと、…
1086.戦争の前は憤怒なり、戦争の中は悲惨なり…
1087.みんな、目の前の損得を気にしすぎるような…
1088.指導者は才能なきことを憂うる必要はないが…
1089.問題を適切に分析すれば、問題は半分解決し…
1090.「五省」 一、至誠に悖(もと)るなかりし…

1091.結婚に際して、女性は男性が変わることを期…
1092.上司と口論してはいけない。あなたの判断を…
1093.お金は、それがないとアイディアを実行でき…
1094.職人が自分で仕事の質を落とすってことは考…
1095.世間体を気にしたり、常識に縛られたりして…
1096.わたしがすでにそれを得たとか、すでに完全…
1097.仕事に関係ない遊びを持っていますか。遊び…
1098.この仕事じゃなきゃダメ、というこだわりは…
1099.不幸のどん底にいてみっともない自分を空の…
1100.教会は謙譲を教えるとともに、みずから謙譲…


1101.一歩踏み出せば世界が変わる
1102.よろこびは人生の要素であり、人生の欲求で…
1103.ベストを尽くしても負けることはあります。…
1104.人が住む限り、暮らし良いと言える故里(ふ…
1105.親子が積極的にコミュニケーションしないと…
1106.笑ってると元気になって、元気になると情熱…
1107.志定まらざれば、機定まらず。志定まれば、…
1108.体は病んでも気は病むな
1109.スポーツにはな、シンキングボックスとプレ…
1110.良いニュースはつねに遅れてくる。悪いニュ…

1111.1分遅刻するより、3時間早すぎるほうが良…
1112.歴史は、「誰かが何かをなすべきである」と…
1113.現実的じゃないと言われて、それであきらめ…
1114.自分はだめな人間だと思いこんだとき、人間…
1115.人なみ以上(のことをする)といっても、そ…
1116.幸福になる秘訣と呼ばれるものは、実は秘訣…
1117.度を越してはならない。節度をもって取り組…
1118.秀吉の発想は、妄想に近いものであった。と…
1119.仕事は生き方を映し出す鏡である。
1120.母のしわは、子育て日記そのものだ。

1121.いかなる良策でも、用いなければ空想を語る…
1122.一歩後退、二歩前進。(ver.0)
1123.成功して満足するのではない。満足していた…
1124.本気の心しか、人の心は動かせない。
1125.紙おむつになってから、おむつ離れが遅くな…
1126.どんな仕事に取り組むときでも忘れてはいけ…
1127.型をしっかり覚えた後に、「型破り」になれ…
1128.自己流を貫くことが、自分にとっての唯一の…
1129.「その気もないのに優しくしないで」とか、…
1130.言葉もまた行いなのです。そして、行いは、…

1131.家康の敗北の生かし方とは、次の機会までの…
1132.貴方が幸せをのぞむのならば、いつ、いかな…
1133.初めから成功する人はいない
1134.老いることは、忙しい者には身に付ける暇の…
1135.自分を飽きさせずに面白く働かせるコツは、…
1136.ぼくの芸術は、貧しい人々の運命を改善する…
1137.あの時の苦労を、私は誇りに思う。
1138.だまされる者になるかだます者になるか、そ…
1139.目的地に向かう途中であきらめるな。誰も拾…
1140.生娘の一番いけない所は、鼠にもキャッと悲…

1141.問題、困難に直面している時こそ、内的な力…
1142.準備するもの、楽しむココロ。
1143.人間の心の一番奥底にあるのは、人に喜ばれ…
1144.人間とは一日中に何百遍も菩薩となり悪魔と…
1145.「勇気」とは「怖さ」を知ることッ! 「恐…
1146.それを行うだけの強さと能力を与えられずに…
1147.新しいアイデアの源泉は古いアイデア。
1148.冒険はそれ自身に価値がある。
1149.物事には、常にタイミングという要素がある…
1150.小さな漏口が大きな船を沈める。


1151.敬語を使うことで、「目上」に対して、その…
1152.賭けなきゃ。自分を投げ出さなきゃ、恋愛な…
1153.熱中する心がなければ、この世に進歩はあり…
1154.「分かる」 とは、少なくともそれに関して…
1155.私たちが世の中に最も貢献する方法は、人々…
1156.日日是好日 (ひびこれこうじつ、にちにち…
1157.自由である、ということが男の魅力の前提条…
1158.最良の人間を信頼せよ!そして最悪の者に打…
1159.人間が変わったのではない。人間は元来そう…
1160.われらはいかにあるかを知るも、われらがい…

1161.個人は何ものかに達するためには、自己を諦…
1162.間違ったらやり直せばいいんですよ。
1163.一度も恋の話を聞かなかったなら、恋なんか…
1164.子供たちは、無意識のうちに無関心になるこ…
1165.相手を重要人物として扱い、誠意を持って協…
1166.大多数の人の感謝は、もっと大きな恩恵を受…
1167.恐怖と悩みを克服するには、わき目もふらず…
1168.まず、どのように生きたいのかを自らに問え…
1169.結局、子供は家庭の付録にすぎないんです。…
1170.人間は、自分で斑点を変える術を知ったヒョ…

1171.目を閉じよ。そしたらお前は見えるだろう。…
1172.人々が必要とするところに、自分の力やお金…
1173.私にはよいアイディアが浮かびますが、他の…
1174.他人の気持ちや環境そのものを、変えること…
1175.人は企業が成長するための道具ではない。社…
1176.頼むから静かに死なせてくれ
1177.自慢話ばかりしている人は、本当は自分自身…
1178.生みの親をないがしろにするようでは、自然…
1179.競技場では、競技相手の攻撃を好意をもって…
1180.人が困難に陥っていればいるほど、訪ねてい…

1181.足るを知れば辱められず、止まるを知ればあ…
1182.小事に喜びを感じる人を見るならば思え。彼…
1183.目立とうと思うんなら、過激なことをしなく…
1184.もしも神が許さなかったら天国は空っぽにな…
1185.今の時代は未来がみえない。だから不安も解…
1186.恐怖は酸を分泌する。しかし愛と信頼は甘美…
1187.これまでのような「この道一筋」という考え…
1188.肩書きがなくては己れが何なのかもわからん…
1189.諦めないで続けること。そうすれば道が開け…
1190.僕らが離れそうな時に 君とドレッシングを…

1191.この世界がきみのために存在すると思っては…
1192.「愛」の前で自分の損得を考えること自体、…
1193.私はたえず喜びを求めながら生きている。そ…
1194.東洋思想の一つの美点は、経済と道徳とを分…
1195.人は何を祈るにしても、奇跡を祈るのである…
1196.運命みたいなものをさ。「これでいいのだ」…
1197.最も賢い生活は一時代の習慣を軽蔑しながら…
1198.生き、そして働きなさい。しかし、遊ぶこと…
1199.企業は革新によってのみ利益を得ることがで…
1200.知識には作法の衣を着けなければならない。…