6401.変更できない計画は悪い計画である。(…
6402.何でも空想で考えず、物に当たって活発…
6403.ちっぽけに見える仕事にもためらわずに…
6404.私は若かりしころ、10のことを試して…
6405.人生は不安定な航海だ。
6406.誰もが才能を持っている。しかし、その…
6407.悲しい映画を見ると、もう1回見たくな…
6408.団結の中にこそ、力は存在する。
6409.処世の大本は礼節を守るにあり。
6410.幸運は偉大な教師であるが、不運はそれ…

6411.信じれば神、信じなければただの石
6412.困難なことは頭からするな。非常に成功…
6413.女は美しく装うことによって、自分以上…
6414.かっこいい女の人がそのかっこよさを保…
6415.恋愛は芸術である。血と肉とを以って作…
6416.身分不相応な幸運や正当な理由のない授…
6417.私はその人柄の中に老人的なものを幾ら…
6418.あなたと一緒に歩くときは、ぼくはいつ…
6419.われわれは、光のもとで暗闇を、幸福の…
6420.神とは人なり。

6421.戦いでは強い者が勝つ。辛抱の強い者が。
6422.男が自分の技量に自信をもったときの美…
6423.私たちは不可能な宇宙に生まれた不可能…
6424.同じパターンを延々と繰り返すのは人間…
6425.相手の名前を覚える秘訣。相手と話して…
6426.神は、必ずや、わしのような孤独の男を…
6427.名誉の悪用やこの世の虚妄について最も…
6428.面白いねえ、実に。オレの人生は。だっ…
6429.肩書に寄ってきた「晴天の友」だけでな…
6430.幸福は愛他精神から生まれ、不幸は自己…

6431.心は、それ自身が密かに抱いているもの…
6432.自分ってすごいと思えるもの、思った経…
6433.遺族が苦しむ、悲しむから死ぬなという…
6434.運命がレモンをくれたら、それでレモネ…
6435.形式主義は凡庸(ぼんよう)に通じる。…
6436.体質上、犬肉が必要な人もいる。豚肉や…
6437.未来はコントロールできるものではない…
6438.努力にまさる天才なし
6439.教育の危機は教育の危機ではなく、生命…
6440.心に残るのは、千の忠告より一つの行為…

6441.英雄の従者にとって英雄なる人はひとり…
6442.たった一冊の本で語れてしまうような、…
6443.昨日の思想によって子供を縛るのは教育…
6444.およそ何事をなすにも、至誠をもって基…
6445.即席めんの開発に成功した時、私は四十…
6446.小さな問題をおろそかにする者に、大き…
6447.悲観論が勝利したためしはない。
6448.賢者は敵から多くを学ぶ。(ver.0)
6449.自然現象の不思議には、自分自身の眼で…
6450.一直線に目標だけを見なさい。障害が目…


6451.結婚は、愛という多くの短い愚行を終わ…
6452.一人の作家から盗むと盗作だが、たくさ…
6453.誠実さとは、相手を騙したり、下心を持…
6455.おしゃれとかグレードにこだわる時にい…
6456.男は恋をささやくときは四月みたいだけ…
6457.少年期と老年期には、人は社会の負担で…
6458.下手な言い訳は、黙っているより悪い。
6459.憎まれても、憎みかえすな。果たして罪…
6460.四十まで貯金しちゃいけないよ。六十に…

6461.隊員っていうのは上官や司令官を選べな…
6462.経済学者とは、とぎすまされたピカピカ…
6463.経験が役に立たないのは、特に恋愛の場…
6464.時は友情を強めるが、恋愛を弱める。(…
6465.もしも人間の価値がその仕事で決まるな…
6466.真の国際人となるのに最重要なのは、自…
6467.生への畏敬こそ、倫理の根本原理をわた…
6468.非常識といいますけどね。非常識だから…
6469.才能によって世に出るように精を出せ。
6470.思いやりとは情熱の休息だ。

6471.批判に対しては、身を守ることも抵抗す…
6472.人間は恋と革命のために生まれてきたの…
6473.友達は精神的な部分で宝です。いつでも…
6474.神が病を癒し、医者が料金を取る。
6475.来る者帰るが如し(来者如帰)
6476.山はずっといるところじゃなか。家も川…
6477.あまりにも卓越した性質は、しばしば社…
6478.人生に対して惰性になるのは臆病である。
6479.微笑みの交換があるところ、必ず心の交…
6480.生きるとは、義務ではなく、チャンスで…

6481.人生のあらゆる活動について効率的であ…
6482.自然にやさしいとは、人間に厳しいこと。
6483.学ぶのに、時間を費やしすぎるのは、怠…
6484.ハゲになったり、白髪になったりして嘆…
6485.適切な行動に全力をかけたひとは、この…
6486.自殺とは人間的能力のへの窮極の確信な…
6487.男が愚人でなければ、女は服従によって…
6488.若いうちに流さなかった汗は、年をとる…
6489.一つの命を救える人は、世界も救える。
6490.心は見るもんでねぇ。目の見える人は、…

6491.多くの仕事をしようとする人は、今すぐ…
6492.人はいじめられることで強くなる。
6493.人びとからよい目で見られることにいか…
6494.人生を生き抜くにあたって、自分なりの…
6495.人の悪を攻むるは、はなはだ厳なること…
6496.一瞬のひらめきは、時に、生涯の経験に…
6497.保守主義者──現下の悪弊に心酔したる…
6498.私は感謝しなけりゃいけないな。本当に…
6499.誰にもかれにも、同じ時間が流れている…
6500.できる人は、できるまで教えれば、でき…


6501.期待しない、望まない、これが私の理想…
6502.そもそも多能は聖人の本職ではないとし…
6503.顧客がどう使うかわからない技術より、…
6504.虚栄は人間の心の中に深くいかりをおろ…
6505.みんなが悪だと決めているものが、実は…
6506.他人を認める心の原点は、自分を大切に…
6507.食通に講釈をさせるのはよい。しかし料…
6508.過ちも失敗も多かった。だが、後悔する…
6509.万人にいちいち聞いてまわるわけにもい…
6510.私の立場にあっては我意を通すことは場…

6511.誰もが、自分の考えている本当のことを…
6512.人間というものは時として、何にそその…
6513.好きなことでメシが食えるというのは幸…
6514.恥をかいてもいいから、ズカズカ踏み込…
6515.あらゆる有用なことのなかでもいちばん…
6516.怒りから己れ自身を抑制するには、人が…
6517.思慮深い献身的な市民の小さなグループ…
6518.世間には大志を抱きながら大志におぼれ…
6519.我々は他人が幸福でないのを当たり前だ…
6520.誰かの情けやら義理やらをあてにして、…

6521.我々の忘却してしまったものこそ、ある…
6522.結婚生活は要求の大海。愛の美しき狂気…
6523.盲目の母性愛のために破滅した人間は、…
6524.批評家を喜ばせる必要はない。一般大衆…
6525.恋の病を癒す薬はいくつもある。しかし…
6526.お金には心がありません。意思や魂もあ…
6527.人は愛もなく妻を持つように、幸福もな…
6528.女性がボーイフレンドのTシャツと下着…
6529.愛情に満ちあふれた心には、悲しみもま…
6530.日本でトップになっても、それは「日本…

6531.最善を願い、最悪に備えろ。(ver.…
6532.真の友を得たいなら、自分が愛され、正…
6533.心が空っぽなら、何が起こっても大丈夫…
6534.あなたは、あなたという存在の主人です。
6535.知識という名の島が大きくなればなるほ…
6536.繁栄している間は多くの友達が見つかる。
6537.1.今日だけは、幸福でいよう。リンカ…
6538.ため息の数だけ幸せが逃げる。
6539.過去は生きる力。未来は生きるためのエ…
6540.四つが裁判官に必要なり。親切に聞き、…

6541.選手が「チームワーク」なんてものをい…
6542.気高い誇りには、謙遜よりも才能を発揮…
6543.講習を受けなければ使えない機械など、…
6544.10年以内に規模を倍にできないのであ…
6545.歴史は人間を賢明にし、詩は多才あるも…
6546.幸福な人生を歩んでいる人には、ある共…
6547.私は女房を大切にします。だから浮気だ…
6548.人は一生のうち何度かのチャンスに巡り…
6549.絵を描くのは、人生に耐えるための手段…
6550.薬も過ぎれば毒となる


6551.自分を最も深く動かすものを信じなさい。
6552.想像力の消耗からも、人はその家庭を愛…
6553.私は自分の魂を探した。だが、魂は見つ…
6555.徒党というものは一面からいえば孤独に…
6556.この世のすべての仕事が 共同作業であ…
6557.僕ら人間は、どうしてこうも比べたがる…
6558.がんばらないけど、あきらめない。
6559.だまっている奴は物騒だ。騒ぎ立てる奴…
6560.他人に対する思いやりと共感は、私たち…

6561.天の時は地の利に如かず、地の利は人の…
6562.したい人、1万人。始める人、100人…
6563.ここと言えばかしこと悟る。
6564.あの人が私を愛してから、自分が自分に…
6565.仕事は雑に考えると、雑事になってしま…
6566.答えがないのも答えのひとつ。
6567.一般に人は自分と同じものに邪魔される…
6568.これが男というものです。計画だけはみ…
6569.体は心に依存している。心は財布に依存…
6570.人間は昼と同じく、夜を必要としないだ…

6571.悪人を許すのは善人を害するに等しい。
6572.新しい技術への挑戦というリスクを取ら…
6573.もし動物が話せるとしたら、犬は遠慮な…
6574.人の賢者は初見の時に於(お)いてこれ…
6575.感じたことを信じて、信じながら行動す…
6576.どんなに失敗しても 飯は食ってけるん…
6577.人間は何事にせよ、自己に適した一能一…
6578.強くなかったら、ケンカの仲裁もできな…
6579.人間が自己の未来について熟知してしま…
6580.希望とは世界の状態ではなく、心の状態…

6581.何も知らない者は何も疑わない。(ve…
6582.人にものを教えるには、教えているよう…
6583.小生思うに、わが国特有の天然風景はわ…
6584.過干渉も放任も、同じ親の無関心です。
6585.神は一つのドアを閉めても千のドアを開…
6586.自分を愛すること。それは生を愛するこ…
6587.隣人の好(よし)みは金銀にまさる。
6588.やりたいと思う、そのことが才能だ。
6589.子どものない家庭には灯火がない。
6590.今日、若い女性たちの間で身につく欠点…

6591.日本人は貧乏の中のモラルは知っている…
6592.どんな人間でも金で買収されないものは…
6593.若いヤツらは全然元気ない。あげくの果…
6594.人間の知性は、新しいことに目覚めて広…
6596.政府は帆であり、国民は風であり、国家…
6597.本当によく遊ぶ子供はよく学ぶ。今学ば…
6598.人生には素晴らしい大波がやってきて、…
6599.すべて自然でないものは不完全である。
6600.あらゆるものが一個の全体を織り成して…


6601.人生の3カン王──関心を持つ、感動す…
6602.他人や環境のせいにしたことは、何一つ…
6603.あらゆる詐欺の中で最も最悪なものは自…
6604.商売のコツは、相手が何を欲しているか…
6605.自分を憐れむという贅沢(ぜいたく)が…
6606.愚者の心は口にあるが、賢者の口は心に…
6607.人を信用する者は、信用しない者より犯…
6608.あなたが頂上に達するまで、山の高さを…
6609.結婚したらいろいろ分かってきますよ、…
6610.国家の進捗と成長を測る尺度は、社会に…

6611.言語から見た日本文化の雑種性は「異質…
6612.権限を手放すことも、優れた上司の特徴…
6613.「名言」には、私たちが心の中の深いと…
6614.愛というのは、執着という醜いものにつ…
6615.許しとは、踏みにじられたスミレの花が…
6616.思いつきを大切にしなさい。それはいつ…
6617.僕は人より能力が劣るが、持てる能力は…
6618.人間を判断するのに、その人の偉大な特…
6619.相手は間違っているかも知れないが、彼…
6620.自己に対するなんという無礼だ。その決…

6621.人は愛情を知った時、憎しみのリスクを…
6622.感情に沈黙を強制することはできるが、…
6623.人生はゼロから生まれゼロに戻るのだか…
6624.生きることの最大の障害は、期待を持つ…
6625.子どもの成長はなぜあんなに早いか考え…
6626.着物を脱ぐ女性の美しさは、雲を貫く太…
6627.優柔不断は柔軟性のカギ。
6628.己(おの)が智にほこり、人の不才をあ…
6629.貪欲は偶像礼拝にほかならず。
6630.諸君が多弁を弄(ろう)すれば弄するほ…

6631.物資に恵まれている中では、人間本来の…
6632.愛国者──政治家には馬鹿みたいにだま…
6633.博学──学問に励む人によく見られる一…
6634.愛とは知の極点である。
6635.自然は私たちに、どんな生物でも「引き…
6636.毎日、自己の嫌いなことを二つずつ行う…
6637.本物の芸術では、人は教訓など受けない…
6638.人生を楽しむためには、もっと欲張りに…
6639.どれくらい努力すればいいかって? で…
6640.(相手を)愛する者だけが叱りつけて矯…

6641.通常、青年たちに与える教育は、第二の…
6642.政府の汚職は、常に過去形で報道される
6643.逆境に陥った人間が、どんな対応を見せ…
6644.もう一歩、半歩でいいから前に進んでみ…
6645.ゆっくり ゆっくり あらいながら き…
6646.商売人は、ときとすると、駆け引きをし…
6647.思い立ったが吉日
6648.若い日々ほど清らかで楽しい時はない。…
6649.精神的活動無き閑暇は一種の死であり、…
6650.死ぬならひとりだ 生きるならひとりじ…


6652.けれどけれどで何もしない ひとつひと…
6653.財を1単位多く消費することで得られる…
6654.金のために結婚するものは悪い人間であ…
6655.神は、努力する者を喜んで援助する。
6656.自己の中に深く没入すれば、自分の求め…
6657.嫉妬しない者に、恋愛はできない。(v…
6658.褒め言葉を言わないかぎり、アメリカ人…
6659.神は悪人を許しはするが、けっして永劫…
6660.「抵抗しても無駄だ!」と、閉じこもっ…

6661.「おかげ様」という言葉の意味は「あな…
6662.好きなことに出会えただけで、幸せだ。…
6663.君を茶化して騙す者が、君を賞賛してい…
6664.もともと人は、多少なりとも何かができ…
6665.人間誰しも時に冷たい心を持たないもの…
6666.否定的な物事を否定的な態度で攻撃する…
6667.人はたいてい議論する能力がないから喧…
6668.すごいね、私ってこれだけの人に守られ…
6669.情熱家より、冷淡な男のほうが簡単に女…
6670.たとえば人の父母は火うちの如し。かね…

6671.憐憫はあらゆる道徳律者の基準である。
6672.貧者の物惜しみしないのは浪費と称され…
6673.人間という奴は、一生のうちに何かに夢…
6674.あらゆる出口は、どこかへの入り口であ…
6675.偉大であるということは、誤解されると…
6676.どんな大金持でも、贈り物のことになる…
6677.男たちはみんな胃袋みたいなもの。そし…
6678.いかに敬虔な人間でも、隣に住む奴が気…
6679.自らを処理できない者は、人の上に立つ…
6680.昔も今も敬愛される先生は、単に勉強を…

6681.期待とはずみごころ。人間の持ってる、…
6682.学校に何もしていない先生がいるといい…
6683.コミットメント(commitment)
6684.一割が落ちこぼれるか九割が落ちこぼれ…
6685.真理を教え説く言葉は、自己の内部の自…
6686.人間はどうしても争いを好みがちだが、…
6687.一時に多く愛する者は、長く愛せざる者…
6688.現実の過程で2度同じことが起こること…
6689.重要なのは意志じゃなくて、意地なんです
6690.もしその能に当たるときは、事、通する…

6691.馬の耳に念仏
6692.値(ね)の高さが、肉の味をよくする。
6693.愛とは他から奪うことではなくて、自己…
6694.心を鬼にして、という言葉があるが、か…
6695.疑うがゆえに知り、知るがゆえに疑う。
6696.死はそれほど恐れることではない。むし…
6697.愛する女に会ったすぐ後では、他のどん…
6698.士有所不為──士は為さざる所あり。紳…
6699.仁が不仁に勝つは、水が火に勝つが如し。
6700.流言は智者に止まる。


6701.金銭と名誉欲は着手のきっかけにはなる…
6702.習慣は第二の自然だといわれているが、…
6703.人生は借りと貸しの繰り返し、借りと貸…
6704.若い内は誤謬も結構である。ただそれを…
6705.自分の青春を、老年になって初めて経験…
6706.恋愛においては、僕は非ユークリッド哲…
6707.舌は頭の知らないことをたくさんしゃべ…
6708.我々(=男)は社交界において、妻にし…
6709.株式市場は金を儲けるためよりも、賭け…
6710.先へ進めば進むほど道がひらけてくるな…

6711.幸福というのは、いつも持ち歩いている…
6712.倒されし竹は自然に立ち返り、倒せし雪…
6713.恋がもし盲目なら、恋の矢はいつも外れ…
6714.道に迷うこともあったが、それはある人…
6715.与えっぱなしで、見返りなど求めない、…
6716.ものの種類であれ、作り方であれ、売り…
6717.やさしい人が好きなんて言う女の子はダ…
6718.どんな会社のどんな製品であっても、永…
6719.知的に閑暇を満たし得ることは、文明の…
6720.人間の持つ性情のうちで最も強いものは…

6721.よく働けば、人は長寿で一日が短い。
6722.何もしないことは、この世で一番難しい…
6723.人を使うには、ほめて使う、叱って使う…
6724.朝から晩までしかめつらして張り切って…
6725.人生は美しい! 生きることは素晴らし…
6726.自愛こそ、この世でいちばんのへつらい…
6727.女房の代わりは探せても、母親の代わり…
6728.歳月は、元来、長久なものであるが、気…
6729.大したことができないからといって、何…
6730.コミュニケーションをはかろうとする試…

6731.成功者は何かを始めるとあきらめない。…
6732.成功とは、勇気と決断力、そして、あな…
6733.一層の正義と自由のために、そしてだれ…
6734.粘って粘りぬく、そうすれば、いつかは…
6735.禍を禍で癒してはならぬ
6736.私たちは単純に、物事は「こうだ」、あ…
6737.自分を生んだから自分の母だ、母だから…
6738.真理は子供の口から出る。
6739.冒険をするよりつつましく生活する方に…
6740.友人には三種類ある。親友、ゲストとし…

6741.人は自分の向いている方向に進む傾向が…
6742.恋のいいところは、階段を上がる足音だ…
6743.木の上に立って我が子を心配しながら見…
6744.偉大なる思想は胃袋から生まれる。
6745.我々の考えることと、言うこと、行うこ…
6746.最も幸福な女性は、最も幸福な国と同じ…
6747.出る杭は打たれるが、出過ぎた杭は誰に…
6748.成功には二つの要素が含まれるべきで、…
6749.希望は底の深い海の上でなければ、決し…
6750.今度、何か手のつけられないような困難…


6751.会社で使うエネルギーと家庭で使うエネ…
6752.仁は人の心なり。義は人の路(みち)な…
6753.部下を偉くするもしないも、やっぱり上…
6754.ゆるしとは、ゆるさないという思いから…
6755.楽しくなければ上達しない。
6756.平凡な一日にも、よく見ると、小さい成…
6757.生活は質素に、志は高く。
6758.あらゆる出来事は、もしそれが意味を持…
6759.敵の弱さに同情すべからず。強くならん…
6760.人は変化を好まないのではなく、自分が…

6761.ゆるしとは、怖れに満ちた過去にこだわ…
6762.幸せをめざすのならその道のりも幸せで…
6763.予知するために予見する。予見するため…
6764.(友に)信じられているから走るのだ。…
6765.渇きは飲物によって、欲望の熱は征服の…
6766.己の出来る事は出来ると認むるのが当然…
6767.近頃の人は、怒らぬことをもって知識人…
6768.日月は私照(ししょう)なし
6769.自分をひとかどの者に見せたくて、それ…
6770.自分自身をコントロールするとは、知性…

6771.女が男を変えられるとしたら、それは男…
6772.子供だから自分を愛してくれるはず、そ…
6773.行動するときには規則に従い、裁くとき…
6774.私が正直でいられるのは、私を信じてく…
6775.不可避なことを嘆いてはいけない。
6776.読書は充実した人間を作り、書くことは…
6777.ゆるしとは、その行為をよしとすること…
6778.人はなぜ生きるのか?正しい答えなどな…
6779.なによりもまず、いらいらするな。なぜ…
6780.天が我が肉体を苦しめるならば、我は精…

6781.自分に自信がある者は周りの人の信頼を…
6782.私にとって最高の勝利は、ありのままで…
6783.子供を理解することは、大人自身が自分…
6784.水爆を見たまえ…あれは原子力の完成芸…
6785.愚かな人に嫌われることを喜びなさい。…
6786.大事なのは質問することをやめないこと…
6787.たとえそれが自分自身に不利益をもたら…
6788.人生は諦めたら終わり。私は苦しみなが…
6789.傷つきやすい人間ほど、複雑な鎧帷子(…
6790.毎日、誰かの顔に喜びの微笑が浮かぶよ…

6791.心が積極的になれば、たとえ人生に苦難…
6792.困っている人に優しくしてあげると、そ…
6793.罪とか、恥の意識がないのは宗教教育が…
6794.すきなものの中に必ず私はいる。
6795.不幸はほとんどの場合、人生に対する誤…
6796.人は、欠点をそのままでは直せない。そ…
6797.芸術は欠点を避けないということになり…
6798.青春ほど死の翳(かげ)を負い、死と背…
6799.壁にぶつからないようにするためには、…
6800.ずっと負けてきているから、負けること…