16001.男性は感覚が満足させられたあとでは女…
16002.可能思考こそ、成功や願望実現の原動力…
16003.小さなことこそ大切だというのが、ずっ…
16004.モノづくりは色気が無くなった終わり
16005.習慣とは、一生を通しての人生への姿勢。
16006.決意は崩れ易く、決心は守りにくいもの。
16007.独りよがりになるな。しかし、いったん…
16008.成功とは、その人が心から望む人生を生…
16009.人間は二度生まれる
16010.人間の全ての知識の中で、最も有用であ…

16011.死ぬまでにひとつの心の中だけでも深く…
16012.あれになろう、これになろうと焦るより…
16013.良い考えには良い実が、悪い考えには悪…
16014.もし自分の人生を変えたいと思っている…
16015.常に沈着冷静でいられる方法は、「思い…
16016.おかしいわよ、金持ちの人がお金でなん…
16017.勇気と決断と行動力さえもちあわせてお…
16018.若者が、優しくあれるはずはないのであ…
16019.目的を達するために急いで走る必要はな…
16020.勝つつもりでやらなきゃ、勝つための経…

16021.マナーのある人が先に挨拶する
16022.猫の目を見る。犬の目を見る。私の心の…
16023.落ち込むのは余裕があるからよ。なんと…
16024.人はだれでも特異な存在であり、無から…
16025.人間はね、泣いて生まれて、泣いて死ぬ…
16026.「人より優れよ」ではなく、「自分だけ…
16027.必ずしも思いが行為になるとは限らない…
16028.すべての困難は挑戦だと思いなさい。踏…
16029.憐れみを受けるよりは、嫌われた方がよ…
16030.もし平静に死にたかったら、人間は有名…

16031.立身出世は私の願望だが、転落すること…
16032.あの言葉はもちろん、思わず口からこぼ…
16033.ものごとって、すべて、とてもあいまい…
16034.期待と不安は分かちがたい。期待のない…
16035.「やれることはすべてやる」それを毎日…
16036.一押二金三男(いちおし・にかね・さん…
16037.本物は、逆境の中から生まれる。
16038.何が最も真実なことと言われるか? 人…
16039.ひそかにわが身の目付に頼みおき、時々…
16040.人間が科学を進めている原動力は、人間…

16041.全体というのは、一個人の拡大された影…
16042.友情はぶどう酒である。新しいうちは口…
16043.新しいものとは、忘れられていたものに…
16044.美しい肉体のためには快楽があるが、美…
16045.私は明日を一度も見たことがない。私に…
16046.人間への信頼は希望を支える。(ver…
16047.人はひとりぼっちで死ぬであろう。だか…
16048.詩人の詩文は石碑に刻まれて残っていく…
16049.睡眠は死からの負債である。睡眠は生命…
16050.ひとりの女性が真実を語るとき、彼女の…


16051.美しく生まれつきたる女、十人に六人は…
16052.死を怖れない者に何を怖れろというのだ。
16053.大切なことは、何を言うかではなく、ど…
16054.誰かを食事に招くということは、その人…
16055.人にされたいと思うごとく、人にも振る…
16056.どんな不幸な人生からでも、利口者は何…
16057.年を重ねることの良さは、人生において…
16058.よく現場の声が政治家に届いていないと…
16059.成功とは過程である。その過程での姿勢…
16060.「勝ち組」に名を連ねる企業は、経営者…

16061.あなたの娘が結婚に成功すれば、一人の…
16062.賢者も勇者も、歴史という名の線路の上…
16063.相手を議論で打ち負かすのと、自分の伝…
16064.貧しい者とは、ほとんど何も持っていな…
16065.宗教心なき人間は、最も劣等なる人間な…
16066.常に心を変化に向けて開いておこう。変…
16067.あなたが理解できないことは、いっさい…
16068.社会および世界とのあらゆる関わり合い…
16069.問題なのは、自分と他人を比較して、む…
16070.管(くだ)を用いて天をうかがい、錐(…

16071.喜ぶことも大事だけれども、悲しむこと…
16072.かけた情けは水に流せ。受けた情けは石…
16073.人、寸陰を惜しまば、われ分陰を惜しま…
16074.「好きです」って言ったときは、あんな…
16075.悪徳──不和・戦争・悲惨。美徳──平…
16076.理解できないことについて語ることも、…
16077.繁栄は人間の心にとって、不運以上に厳…
16078.信仰を持って闘えば、我々の武装力は二…
16079.災難に遭遇しないのが最上の幸運なのに…
16080.真面目とは実行するということだ。

16081.本当の恋は一目惚れ以外に無い。二度も…
16082.民衆の正義とは、富豪や、資産家や、貴…
16083.問題は死ぬかどうかではなく、いかに生…
16084.思考の掲示は、隷属から自由へと人を釈…
16085.もしも人から、なぜ彼を愛したのかと問…
16086.志を守り抜く工夫は、日常茶飯の自己規…
16087.頑張ってない人間に限って、かなわない…
16088.勝利は神からくるが、戦士は死力を尽く…
16089.愛したい思いを抑えるために自分の心に…
16090.苦労がないと不信心者になる。

16091.高みをめざす人は、不遇なときに意気を…
16092.あなたの心がきれいだから なんでもき…
16093.マスコミが高齢化社会って言い過ぎない…
16094.あなたが他人に対して出来る最大の善行…
16095.スローペースで走らせるのも大事なのだ。
16096.委員会で何かを決めようと思ったら、委…
16097.披露宴でのスピーチで、日本人は忍耐を…
16098.「できる」という信念を強めるためには…
16099.ナンバーワンにならなくていいなんて、…
16100.富は賢者の奴隷であり、愚者の主人であ…


16101.四十半ばにもなって阿呆で気品のない男…
16102.この次に災難に出会ったら、そこからう…
16103.物質を支配せよ! さもなければ物質は…
16104.やり方やハウツーなんてない。ただ愛す…
16105.「勝つ意欲」はたいして重要ではない。…
16106.我々の人生は我々の後にも前にも、側に…
16107.人間の幸福は、決して神や仏が握ってい…
16108.繊細な魂は、誰かが自分に感謝する義務…
16109.真理のための受難は、崇高なる勝利への…
16110.人に好かれよう、という意識なしに、自…

16111.若者には、通常の成功を人生の第一の目…
16112.ああ寒いほどひとりぼっちだ!(ver…
16113.収入ちゅうのは、自分の通知表なんやか…
16114.怒ることを知らないのは愚かである。し…
16115.成功の手だて、しくみはあなたの中にあ…
16116.自分のポケットの小銭は、他人のポケッ…
16117.後ろを振り返るのは、じじいになった時…
16118.人生やはりいくぶんかの楽観主義は必要…
16119.他者に誠実であるということは、言葉に…
16120.できるだけ妥協するのがいちばんの利口…

16121.友人に対して素朴に子供のように信頼を…
16122.我々に秘密がありすぎるのも、また、な…
16123.個性は、変えるものではなく、磨くもの…
16124.恐怖の魅力に酔いうる者は強者のみ!(…
16125.過去によって、未来を計画するなんて決…
16126.クリスマスとは、何らかの時節ではなく…
16127.ロイヤルロード(=王道)は謙虚さへの…
16128.肉体をつくるのは精神である。
16129.だれにとっても、自分はかけがえのない…
16130.私の言う結晶作用とは、次々に起こるあ…

16131.今日のおほしさまは 今日しかみられま…
16132.人間は九ヶ月かけて生きる準備を整える…
16133.完璧さではなく、夢を求めている。
16134.大人はついつい頭でじっくり考えがちで…
16135.このやり方しかない、と誰かに言われる…
16136.昨日を捨てることなくして、明日を作る…
16137.自らの成功を邪魔するものは、自分自身…
16138.技巧のすぐれた者は テンポが早くなり…
16139.(料理人って)人の幸せそうな顔を、隠…
16140.感謝の心が高まれば高まるほど、それに…

16141.外交というものは、形を変えた戦争の継…
16142.大人は、子供の頃の純粋なパワーをなく…
16143.チャンスっていうのは、一瞬でも躊躇し…
16144.専門であろうがなかろうが、体当たりし…
16145.誰でも自分の中に“1冊の優れた本”を…
16146.秩序は神の最初の法なり。
16147.息子の才能をねたまないのは、父親だけ…
16148.創意工夫、独立独歩、これをつらぬくに…
16149.一番忙しい人間が、一番たくさんの時間…
16150.わが社には組織はない。今日の組織は明…


16151.まだ誰も考えていない事、やらなかった…
16152.何かいい物語があって、それを語る相手…
16153.学校の成績なんか気にするんじゃねェぞ…
16154.悪口っていうのは、そのまま誉め言葉な…
16155.何でも、断定することはいけない。断定…
16156.地図にないあの角を曲がろう。
16157.服装は生き方である
16158.対応と適応を混同してはいけない。対応…
16159.実際には誤っているものを正しいものと…
16160.役に立たんオヤジやなあ。ほんなら屁で…

16161.リーダーとは「希望を配る人」のことだ…
16162.どんな人でもしばらくは孤独になる必要…
16163.名声への野望は、賢者でさえ、一番最後…
16164.「あなたの人生に、ベッド・シーンはあ…
16165.成功の多い人より、失敗の多い人のほう…
16166.ある人は情熱を30分持続できるし、ま…
16167.腹が立ったら十数えよ。それでもおさま…
16168.人間一人ひとりが一巻の書物である。も…
16169.苦しみの報酬は経験である。(ver.…
16170.人生は思ったほど困難ではない。どうし…

16171.労働は生命なり、思想なり、光明なり。
16172.沈黙は口論よりも雄弁である。
16173.この世で一番哀れな人は、目は見えてい…
16174.お金を役に立てるということこそ、お金…
16175.過ちを見てそれを正そうとしなければ、…
16176.世の中に絶対と言えることは、一つしか…
16177.君が自我を放棄すればするほど君の愛は…
16178.幸福な人の世界は不幸な人の世界とは別…
16179.「強い」とは、「弱さ」を知ること。「…
16180.独身者とは、妻を見つけないことに成功…

16181.上役から頼まれた仕事は断るな・・・“…
16182.鯨の尊厳は認めても、牛や豚の尊厳は認…
16183.詩人である前に私は人間である。人はみ…
16185.よくよく近くで見てみれば、最も平凡な…
16186.年がら年中嫉妬の種ばかりまいているよ…
16187.生きていれば春が来る。
16188.よい年とは、健康な年、気持ちの晴れば…
16189.天才は生得の心の素質であり、これによ…
16190.修業することは、また耐えることでもあ…

16191.あんまり自分を批判しないということも…
16192.自分の気に入ったものだけかわいがって…
16193.金銭を稼ぐのは無益なことではないが、…
16194.そうそう、苦労するのはいいことです。…
16195.私が他人の言葉を引用するのは、自分を…
16196.気をつけろ、けんかには。だが、いった…
16197.終身の楽しみありて一日の憂いなし。
16198.芸術なんてもの、それを捨てたところか…
16199.「雑用」という仕事などない!
16200.商品にならぬ技術は役に立たない。


16201.経験的に、悪徳を持たない者は美徳をほ…
16202.宗教──「希望」と「恐怖」を両親とし…
16203.仲間や同僚をライバルにするな。ライバ…
16204.人生にはいやなことがいっぱいある。中…
16205.僕は、あらゆる小説、世界中の総ての小…
16206.やる気と根気はすべてを克服する。(v…
16207.喜びは、自分の持てる可能性を引き出す…
16208.この世に、生きる価値のない人などいな…
16209.感情に関しては、心の垣根はない。
16210.死の存在とは、あるいは我々に自発的に…

16211.私は何か問題を考えたい時、心の引き出…
16212.一つの点で幸福になれなければ、他の点…
16213.成功者のひとりごと──「そうしたい…
16214.全ての材料を一つの材料から作ることが…
16215.非暴力とは、悪を行う人間の意志におと…
16216.すべての子供にとって父親というものは…
16217.品質問題の85%は、マネジメントに責…
16218.本当に助けを必要としていて、しかも助…
16219.不正な利益を手に入れるより、むしろ損…
16220.才気に富んだ人たちをある命題に賛成さ…

16221.火中(かちゅう)の栗を拾う。
16222.人間にとって、天国ほど手軽に思いつく…
16223.笑い栄ゆ
16224.子供は未来であり、回帰なのです。子供…
16225.人間に対する知識が深まってくるという…
16226.離婚の中で、その離婚が絶対に必要だと…
16227.できないと思いこんで事にあたるのは、…
16228.すべては感動から始まる。感動するとい…
16229.社会における人の価値は、その人の感情…
16230.人間はね、自分が困らない程度内で、な…

16231.すべて、恋愛は多少なりとも人を賢くす…
16232.負けない事・投げ出さない事・逃げ出さ…
16233.人生のどんなところでも、気をつけて耕…
16234.政治家のまやかしにはうんざりだ。私が…
16235.還暦を過ぎたら、仕事はひとつにしぼり…
16236.恋敵(こいがたき)に関しては、中庸を…
16237.人間が祖国に結ばれることが少なければ…
16238.少女の恥じらいと熟女の恥じらいの差は…
16239.上司との喧嘩、やるなら堂々とやりなさ…
16240.もう、子供ではありません。中学3年生…

16241.旅は心を広くする。
16242.「男女同権」とは、男の地位が女の地位…
16243.自分自身の道理で己を説き伏せることは…
16244.歴史のない国民は幸福である。
16245.君達は、生まれてきたのだから、生きて…
16246.最低の輩の一員に甘んじているよりは、…
16247.渋滞を見越して1時間早く出かけると、…
16248.教育は科学であってはなりません。それ…
16249.自信は大事業を行うための一番の必要条…
16250.どうせ年をとるなら、陽気な笑いでこの…


16251.迷ったらダメなんだな。人生の答えなん…
16252.老醜という言葉は様々な生物にいえるが…
16253.精神にとって、休閑期は種まき時と同じ…
16254.でも、本当のことだ。君は自分の世界を…
16255.話すように書かねばならぬ。
16256.おまえに残された選択肢は二つ。おまえ…
16257.太陽がないときには、それを創造するこ…
16258.成功者は、思い立ったらすぐ行動するタ…
16259.人間の心の中には、闇の力と光の力の間…
16260.生き生きとしていない観念によるような…

16261.君子の交わりは淡きこと水のごとく、小…
16262.あなたがやりたいことに挑戦するのをあ…
16263.ユーモアのセンス以上に人間にとって厳…
16264.「時間管理」という言葉自体を誤りと考…
16265.人といっしょに物を食ったとき、相手が…
16266.女の柔弱は、男の徳を行わせる為に自然…
16267.人は賢明になればなるほど、ますます腰…
16268.雄大な詩を作ろうとするならば、その生…
16269.嘘は、それを語る人によって、人々は信…
16270.真の幸福は目に映らない。真の幸福は見…

16271.人間の真の価値は、何を受け取るかでは…
16272.あなたの仕事が、他人に奉仕するための…
16273.五月の朝の新緑と薫風(くんぷう)は私…
16274.悔悟(かいご)の鍬(くわ)で耕された…
16275.世は定めなきこそいみじけれ。
16276.教育だ、教育だっていうけど、大切なの…
16277.共生以外の唯一の道は、共に破滅するこ…
16278.幸福だから笑うのではない。笑うから幸…
16279.自然がどんなに大きな優雅を与えようと…
16280.自己を責めることを知っているものは善…

16281.私はクルミの殻の中に閉じこめられた小…
16283.どんな慣例にも初めがあったのだ。
16284.人間はお互い同士のために創られた。ゆ…
16285.続ける才能さえあれば、他のどんな才能…
16286.「私が一人で母を介護した」という人は…
16287.人生とは、人前でバイオリンを弾きなが…
16288.法は人間の活動を除去すべきものではな…
16289.わからなくても困る。わかりすぎても困…
16290.人が、心の平安を保つ為に、自分の死や…

16291.男は目で恋をし、女は耳で恋に落ちる。
16292.読書はしばしば、考えることを回避する…
16293.人生は列車のようなもの。時に遅く走る…
16294.過去が現在に影響を与えるように、未来…
16295.口下手な人は、たんに人に話しかけるの…
16296.吹く風にうまくのれば、それほど苦労せ…
16297.本当の欲望というのは楽しい欲望の方な…
16298.たとえどんなに愛らしい子でも、寝つい…
16299.食卓は祭壇の一種で、祭日や饗宴の日に…
16300.憎しみは人を盲目にする。


16301.人間には二通りある。一つは仕事にあり…
16302.計画から事を運ぶまで、道のりは長い。
16303.賢明に語ることほど難しいことはない。…
16304.近くして見難きは、我が心なり
16305.言葉を高尚にするのは思想である。
16306.人類が最後にかかるのは、希望という病…
16307.人と何かを比較するときに、すべては言…
16308.最も偉大な将軍とは、犯した誤りが最も…
16309.実(げ)に無分別は青春につきもの、分…
16310.人間の能力の限界は、その人の想像力の…

16311.驚くことなんて何もありはしない。正し…
16312.女だって人間なんだ。汗もかくし、醜く…
16313.愛することが苦手な男は、せめてお世辞…
16314.楽しくて楽(らく)して儲かる仕事はな…
16315.嫉妬は、学問にもあり、気質の優れた者…
16316.灰が火を消すように、嫉妬が愛を消す。
16317.文章は簡単ならざるべからず。最も簡単…
16318.人のやっていないことをやると実りが大…
16319.死ぬことについて心配することはありま…
16320.異常になることでしか、非凡な人にはな…

16321.他国を見れば見るほど、私はいよいよ私…
16322.一旦やろうと思い立ったことは気乗りが…
16323.凡人は小欲なり、聖人は大欲なり。
16324.衣装を着こなしていれば、演技は後から…
16325.女に向かって自然は言う。綺麗なら結構…
16326.金によりてもたらされし忠実さは、金に…
16327.神を信ずることは常識や倫理や議論の問…
16328.従業員が満足していなければ、顧客満足…
16329.為さざるなり、能(あた)わざるに非(…
16330.賢者で若くなろうと望む者はいない。

16331.たくさんの責任を負えば、もうけが確実…
16332.必ず勝つ。たとえ勝てなくとも、必ず負…
16333.人とつきあうのに秘訣があるとすれば、…
16334.生きているということは、なにかのお役…
16335.準備をしておけば、いつかチャンスはや…
16336.その後悔した気持ちを大切にして下さい…
16337.夢は飛ぶための方向づけをしてくれる。…
16338.わたしは、人間のほんとうの幸せとは「…
16339.誰がそう言ったか、を尋ねないで、言わ…
16340.王者に安眠なし

16341.役者は自分の体を利用して、自分でない…
16342.親切は社会を結びつけている黄金の鎖で…
16343.習慣より強きものなし。
16344.三宝(さんぽう)とは何たるやといふに…
16345.たとえ内向的な人間であっても、責任を…
16346.他の人を幸福にすることは、やはりいち…
16347.毎日の努力の積み重ねを、それほど苦に…
16348.会社は集団ですが、その集団で成功する…
16349.「組織」というのは、市場の失敗を補う…
16350.自己実現とは、条件や環境によって「幸…


16351.恋愛はしばしば対局である。二人が交互…
16352.20歳ぐらいの若い男たちは、自信に満…
16353.鵜のまねをするカラス
16354.姿勢が低ければ、みんながアドバイスし…
16355.是是非非(ぜぜひひ)(ver.0)
16356.純朴と、善良と、正義のないところに、…
16357.良いと思うこと、正しいと思うことは、…
16358.大切な人の墓に供える花は、自分で育て…
16359.酒は微酔に飲み、花は半開に見る。
16360.習癖の鎖は、ほとんど感じられぬほど細…

16361.全ての政党は、最後には自分自身のつい…
16362.信仰は消えうせても、習慣の鎖を絶つこ…
16363.今日行いたい善行があれば、すぐに実行…
16364.後に残ったものの反省や後悔は、死んだ…
16365.人間は行動を約束することはできても、…
16366.恋愛と戦争ではあらゆる戦術が許される…
16367.いまやれる小さなことを丁寧にやってい…
16368.愛がご馳走なら、信頼は米の飯だ。
16369.どしゃぶりの雨の後、道のぬかるみを見…
16370.青虫だって、現状否定によって初めてチ…

16371.女性の方が悪い場合でも、金切り声を出…
16372.歴史家は、ただ事物の経過を書き留め、…
16373.喜んで働く馬をむち打つな。
16374.哲学は、人生の科学である。
16375.私は私の意見を述べる。それがよい意見…
16376.中傷は、石よりも冷静に受け止めるべき…
16377.情熱とは火のようなもの。何千通りもの…
16378.女と酒と歌を愛さない者は、一生の間阿…
16379.人と違う姿と運命をもった人には、何で…
16380.新しいアイデアは、旧来の日本型の同質…

16381.親切な言葉はいつでもよい土壌を見出す。
16382.自分にも他人にも、またそれ以外の何物…
16383.人間にとっていちばん大切なことは、各…
16384.世の中は常に本質なんか見ない。深層ま…
16385.愛の対極に有る無関心。その見えない壁…
16386.敗戦は文化を盛んにする。
16387.恋が生まれるまでは美貌が看板として必…
16388.語られあるいは書かれる悲しい言葉の中…
16389.自分がこうしたいと思う映像を頭に思い…
16390.人生に不満があるならば、ただ不平ばか…

16391.男性全体を罵言し、彼らの欠点を洗いざ…
16392.思ったことが全部実現できたら危ない。…
16393.「眠れなくてもいい」と、自然に思える…
16394.種をまくことは、刈り入れほど困難では…
16395.サラリーマンとして成功したければ、ま…
16396.いかに押しつぶしても個人的人格は専制…
16397.喜劇では筋が通常結婚によって終わるが…
16398.冒険しなければ、何も得られはしない。
16399.大切なのは、必ずしも闘う犬の大きさで…
16400.きみと結婚したら、僕は幸せになる自信…