19601.起業する時は、山ほどの失敗、試行錯誤…
19602.地球規模で考え、地域的に行動せよ。(…
19603.気のきいたことを言いそびれるほうが、…
19604.自らの挫折の中に信仰を持つ者は、自ら…
19605.いまは涙、涙こぼれて行け。いつか強く…
19606.医者が自分が病気になった時に選ぶ医者…
19607.人は異郷に生まれてくる。生きることは…
19608.結婚の利益は、女性の本質を知ることで…
19609.快適な気分にひたれる時間を定期的に設…
19610.寝床につくとき、翌朝起きることを楽し…

19611.私たち一人ひとりの内側にはひそやかな…
19612.女は人道における神経であり、男は筋肉…
19613.あきらめは毒。夢は薬。
19614.阿呆はいつも彼以外のものを阿呆である…
19615.働かなければ錆びついてしまう。多くの…
19616.いちばんいけないのは、「オレには才能…
19617.この世で誰がいちばん深く愛されるだろ…
19618.高言する青年、話し好きの老年、彼らの…
19619.あなたは自分で決めた法則の犠牲者であ…
19620.妻が婚姻中に懐胎した子は、夫の子と推…

19621.心の傷の治療薬って、結局、自信なんだ…
19622.貧者は昨日のために今日働き、富者は明…
19623.真の友を得たいと思うなら、まず自分自…
19624.機会がなければ、強者の手といえども鎖…
19625.どの道も、ただの道にすぎない。道を棄…
19626.臆病でためらいがちな人間にとっては、…
19627.己を喜ばすために食べよ。そして他人を…
19628.熱狂できないということは凡庸のしるし…
19629.詩には絵画があり、絵画には詩がある。
19630.まさかの時の友こそ真の友

19631.風邪ひくな、転ぶな、義理を欠け。
19632.人はいつ死ぬかわからない。朝起きて今…
19633.どんなことでも、度を越して他人をうん…
19634.偶然という言葉は神を冒涜するものであ…
19635.もし自分にできることをすべて実行すれ…
19636.私は人々の心の中では女王でありたいけ…
19637.人間の頭脳が人間にわかるほど単純だっ…
19638.人には、それぞれの器がある。コップに…
19639.喜びは物事の中にはない。自分自身の中…
19640.夢想は不満足から生まれる。満ち足りた…

19641.如才ない人というのは、女性の誕生日は…
19642.私は不得手なことは一切やらず、得意な…
19643.人間というものは或(あ)る程度までは…
19644.愛せるうちに愛しなさい
19645.神様は、今この人なら耐えられると思っ…
19646.得るものを変えるためには、まず与える…
19647.自信を持つことは、勝利を半分手にした…
19648.大賢(たいけん)は大愚(たいぐ)と見…
19649.本当の音楽をしていれば、絶対に報われ…
19650.政治とは、誰が、何を、いつ、どのよう…


19651.男の色気は年齢に関係ないのよ。
19652.淡いわりに心に色濃く残るものは、初恋…
19653.好きこそものの上手なれ。
19654.教養とは、ホテルの食堂やレストランで…
19655.インサイド・アウト──内から外へ。自…
19656.気が小さいというのは、気が優しいとい…
19657.したいことや起こって欲しいことを考え…
19658.子育ては面白いですよ。親になれば、ち…
19659.常に死を覚悟していれば、心は動じない。
19660.隠れて生きよ。

19661.奴隷ははじめは正義を求めているが、最…
19662.真の友は共に孤独である。
19663.うまくやるより全力でやる。
19664.なんと女は孤独な者だろうか。子ども以…
19665.世の中ね、威張っちゃったほうが、スム…
19666.人間どこまで行っても、結局ひとり。
19667.上(かみ)に交わりて諂(へつら)わず…
19668.君は君だよ だから誰かの真似なんかを…
19669.犯罪と文明との間には本質的な不釣り合…
19670.何でも自分からやらないと、世界では戦…

19671.みんなを不しあわせにしておいて、どう…
19672.愛を知る人というのは、取ることと与え…
19673.ひょっとすると〈人間〉は〈出来損ない…
19674.なりたい「人」はいないです。なりたい…
19675.自己実現する人こそ、本来の人間なのだ…
19676.愛することは行動することだ。
19677.人は負けることを知りて、人より勝れり。
19678.時は免れがたきすべての禍の医者なり。
19679.凡庸極まりない者達の力でも、団結すれ…
19680.若くて未熟なスタッフの「一生懸命」の…

19681.物の値打ちは、それが無いときにいちば…
19682.民、信なくんば立たず。(ver.0)
19683.悩みを笑い飛ばせるようにならないと、…
19684.自分の仕事の原理原則は何だろうかと常…
19685.天に神は二人といない。この世に親友は…
19686.かわいいは、正義!
19687.ビジョンとは、他人に見えないものを見…
19688.与えることは最高の喜びなのだ。他人に…
19689.やっても何も変わらないかもしれない。…
19690.私は学校に自分の教育を邪魔させたこと…

19691.波に乗っているときは、勢いに身をまか…
19692.人生を過ごすのは年齢ではありません。…
19693.世界を支配しているのは、神とその法則…
19694.完全なオリジナリティーというものは存…
19695.愛は知識の母である。
19696.未知の世界を探求する人々は、地図を持…
19697.飢えたるものは食を択(えら)ばず。
19698.まだ日は明るい。男なら働くがいい!や…
19699.教え、教え、教えること。リーダーシッ…
19700.お金持ちになりたいなら、他人ではなく…


19701.人生のコースには人それぞれのペースと…
19702.「時代の半歩先を行く」なんてことは、…
19703.情熱だけでは駄目で、そこに技が無けれ…
19704.「あの人のように」ではなく、「私らし…
19705.武士道精神は損得勘定をとらない。むし…
19706.「仕事に狂う」とは言葉が重複している…
19707.もう一押しこそ慎重になれ。
19708.陰口──対象に見られる危険の無い時、…
19709.創造的人間になりたかったら少なくとも…
19710.恋は気紛れの生きもので、なんでも欲し…

19711.今は人間の死に方がおかしくなっている…
19712.今日だけ怒るな、心配するな、すべてに…
19713.人の信、人の念は、おそるべき力を有し…
19714.子どもが老いた親に孝行する、という考…
19715.新しいストレスが来ると古いストレスを…
19716.逆境は人間を浄化するのに、どうして国…
19717.もったいないと思わない? 自分に才能…
19718.才能は「静」でつくられ、人格は「動」…
19719.明君良将というは、人のなすところの善…
19720.人間は人間を脅かす狼なり。

19721.世界で一番弱く思える自分。それでもわ…
19722.駒鳥は巣立ちしてまもなく林の中を一直…
19723.日本は子供の国だ! そう思うと納得の…
19724.寛容な者は最も性急な人間であり。辛抱…
19725.ああ!青春!――人は一生に一時しかそ…
19726.(家庭や学校から)逃げる子は、追いか…
19727.家族とは、「ある」ものではなく、手を…
19728.愚者が賢者から学ぶことよりも、賢者が…
19729.過去は変えられない。しかし未来は思い…
19730.人格は木のようなものであり、評判は木…

19731.もし人が常に真面目であろうとし、決し…
19732.革命は些細なことではない。しかし、些…
19733.愚かな裁判官は手早い判決。
19734.さっさと謝れることは、仕事の成功に不…
19735.君が君でいる事が何よりも大切なんだか…
19736.徳は得に通ずる。
19737.楽しく生きるためにも、過ぎたことや、…
19738.美しい純潔を守るよりも、美しく純潔を…
19739.老人を丁重におだやかに殺そうと思えば…
19740.身動きが取れなくなったら、しばらくは…

19741.すべての動機は「愛」だよ。そして、こ…
19742.成功の秘訣は、よく働き、よく遊び、無…
19743.「作品」が売れないというのは、まじめ…
19744.人生はすべて実験である。実験の数は多…
19745.人の天職を発見するは最も困難である。…
19746.世の中で生きて暮らしてるものが、世間…
19747.女の直観の鋭さは並大抵のものではない…
19748.証明のいる箴言は、表現の下手な箴言で…
19749.目指すべきは、成功や幸せではなく、豊…
19750.恐怖におののきながら救われることばか…


19751.感謝する理由が見つからなければ、落ち…
19752.あなたを称讃する人々の価値の有無に重…
19753.あらゆる国の歴史は、一人の男、または…
19754.人間のことは何にてあれ、大いなる心労…
19755.人はコストではなく資源である。共有す…
19756.一切の人生の果実は、その人の蒔いた種…
19757.時代を動かすものは、主義ではなく人格…
19758.小さな男の子の内側に大人の気配を感じ…
19759.トップは聞き上手であれ。
19760.己の誠実さを我々に買わせる人たちは通…

19761.目的を持ち、道を選び、その社会で修業…
19762.あたりまえのことを、あたりまえにすれ…
19763.客というものは、親切を示してくれた主…
19764.幸せとは形じゃない。幸せとは気分だと…
19765.ゆるすにはどれだけの時間が必要だろう…
19766.僕は自分をベテランとなんか思っていな…
19767.肩ひじを張って生きる必要があるだろう…
19768.地球上で二人が顔を合わせたら、そこに…
19769.誰についてでも良く言う人間を信頼する…
19770.死ぬときに後悔したくない。

19771.休日、ダラダラと過ごしてはなりません…
19772.他人が成功したからといって、君が失敗…
19773.友人の助言なんて、まさに、天気のよう…
19774.誰かに微笑みかけること、それは愛の表…
19775.人は病気になった時ほど品行方正になる…
19776.ほんとうの対決というのは、自分を相手…
19777.99人が右であっても、1人左へ進んだ…
19778.四十八にもならぬのに世をはかなむ人間…
19779.世の最大の改革は、利己的な行為の改革…
19780.できていない人ほど、相手のことを鋭く…

19781.嘘には足がない。だがスキャンダルは翼…
19782.一つのことが万人にあてはまりはしない…
19783.高くジャンプしようとすれば、必ずしゃ…
19784.昨日が曇りなく公明であったら、今日は…
19785.夢は潜在意識の視覚化です。あなたが眠…
19786.悲しむことはない。いまの状態で何がで…
19787.もし私が再びこの人生を繰り返さねばな…
19788.ねえ、満足することが大切よ。独身の人…
19789.これからは誰もが自らをマネジメントし…
19790.人間はね、この「今」をどのくらいの時…

19791.仕事のできる人は、その場で全力でアイ…
19792.人間はある特殊なことで他の動物と異な…
19793.知らないから、知る喜びがあるの。分か…
19794.デザインは単に物の形や色を決めること…
19795.人間は、自分が心がけたとおりになるも…
19796.志とは自分を生かすためのテーマを持つ…
19797.高齢者にとっては、今このときがすべて
19798.教育──それぞれ理解力に欠けているこ…
19799.絶望は死に至らしめる毒薬である。
19800.頭で理解している知識の世界と、現実に…


19801.どんなにすごい映像を作り上げても、そ…
19802.たとえ実力はあっても、勝ちを相手にゆ…
19803.人類の一般事業は、流血にもかかわらず…
19804.金が有り余るとロクなことがない。
19805.情報化社会だからこそ、単なる理解を超…
19806.死の考察に自らを捧げる哲学は偽の哲学…
19807.恩を受けた人は、その恩を心に留めてお…
19808.1グラムの平安は、1キログラムの勝利…
19809.私たちは悲しい出来事を避けることはで…
19810.もしも彼をどぎまぎさせたかったら、彼…

19811.私はあなたの人形妻になりました。ちょ…
19812.月の満ち欠けは、ビジネスの成長カーブ…
19813.新しいものは、半分の人がノーと言うし…
19814.雄弁も長たらしくなると退屈する。
19815.どういう帰宅の仕方が出来るかが、男に…
19816.アイディアの核が分かっていればシンプ…
19817.幸福は安定せず、暫定的なり。
19818.書籍ほど信頼できる友はいない。
19819.本気とは、後悔しないこと。
19820.時間の使い方を知っている者は、考える…

19821.危ない橋も一度は渡れ
19822.他力本願とは、見えざる手が世の中に存…
19823.賢い人間と愚かな人間との間にある、最…
19824.恐怖に打ち勝つのは、勇気よりも好奇心…
19825.天才の第一の証は完璧さではなく、新境…
19826.(日本人にとって)手間をかけることが…
19827.まず何から教えるかなど問題ではない。…
19828.もっとも立派な武器はもっとも大きな悪…
19829.賢者の口は心の中にあり、愚か者の心は…
19830.うまく使えば、時間はいつも十分にある。

19831.自分のしていることがわかっていて、し…
19832.金(きん)は火で試す。女は金(かね)…
19833.女が二人いると、だんだんお天気が悪く…
19834.懺悔する者に、その前の罪科について思…
19835.器量のいい木の種からは、器量のいい木…
19836.進歩にはリスクが伴う。二塁へ盗塁する…
19837.わたしは発狂に憧れてるの。でも、もう…
19838.信念を持たない限り、人に信念を与える…
19839.生を必(ひっ)するものは死し、死を必…
19840.無限の可能性をはらんだ未来の観念が、…

19841.愛されるだけの人間はつまらぬ生き方を…
19842.過剰に自己を意識することで、自分自身…
19843.幸福は肉体的快楽にあるか精神的快楽に…
19844.涙よりも一つ多く笑えばいい。別れより…
19845.自分の胸に「いま、幸せか?」とたずね…
19846.鯛も一人はうまからず。
19847.早くレッスンを学んで、次に進みなさい。
19848.憂いを同じうする者は相親し。
19849.音楽は 色彩とリズムを持つ時間とから…
19850.人生は進化していくんです。


19851.忍耐強ければ、それは知識と知恵の源泉…
19852.手柄はし勝(が)ち
19853.あなたが悩みを抱えたら、それを喜びな…
19854.世界中の人々が新たなコミュニティを求…
19855.三角よ、角がとれて丸くなれ!
19856.カキクケコの精神──「カ」は感謝する…
19857.ライフワーク=無人島に流れ着いてもや…
19858.人は機会さえ与えられれば何人でも無限…
19859.偉い人が見学していればしているほど、…
19860.身の上に起こる幸不幸は、その大きさに…

19861.自分の狭い場所に閉じこもって、その中…
19862.人の言葉は善意に取れ。その方が五倍も…
19863.反省すべきことは恐れることなく原因を…
19864.詩は真理の全体を包含し、哲学はその部…
19865.褒(ほ)められると、眠っていた未知の…
19866.世界にあなたはひとりしかいないのだか…
19867.苦悩は、なくなったように思えても、消…
19868.数千の敵を持たなければ、一人の友人は…
19869.革新は一種の冒険である。それは将来の…
19870.進歩とは、価値の置換によって生ずる錯…

19871.極度の不安・緊張を強いられたとき、な…
19872.悲哀や苦痛はつまり、楽しい青春の夢を…
19873.ああ、自分のようなものでも、どうかし…
19874.女は捨てられると決められている演歌の…
19875.正当以上の卑屈な努力までする必要はな…
19876.雨が降れば傘をさそう。傘がなければ、…
19877.芸術はそれ自身目的ではない。人間を表…
19878.日本に欠乏しているものは何か。それは…
19879.私は一つの痛切な願いを持っている。そ…
19880.新聞を読まない人は幸福である。なぜな…

19881.勇気ある者だけが、幸運をつかむことが…
19882.天は万物を生みて所有せず、育ててこれ…
19883.危ないところに登らねば熟柿(じゅくし…
19884.未だかつて、自分は本当に幸福だと感じ…
19885.たとえ三日間の手伝い仕事であっても、…
19886.高価な衣裳は心の貧しさを示す。
19887.願望は頭の中で思っているだけでなく、…
19888.最も不知なるものこそ、神とすることに…
19889.大工は削り屑によって知られる。

19891.仕事が辛いから子どもには継がせません…
19892.早くから己を知ることができず、年齢か…
19893.「お一人様1点限り」は、よく売れる。
19894.酒は身を飲み家を飲む。
19895.病人の苦しみに感情移入してはいけませ…
19896.人生は、自由に何の邪魔ものもなく歩め…
19897.人間である限り、欲望を持たぬ者はいな…
19898.不機嫌というものは、結果でもあるが、…
19899.笑いなさい。世界が一緒に笑うだろう。…
19900.自信は絶対に失ってはいけない。信念は…


19901.人育てのコツは、長所だけを見て、ほめ…
19902.過ぎ去った恋の思い出は、それが強く記…
19903.ヘミングウェイが書いていた。「この世…
19904.自分のためにもなり、社会のためにもな…
19905.模倣はしばしばわれわれを迷わせる道案…
19906.女、女こそ男を完成させる唯一のもので…
19907.未だ至らざるを測ることなかれ。
19908.壮大な交響曲もたったひとつの音符から…
19909.人間の社会は、どこへ行っても同じです…
19910.人間の心身は自然と密接に関連しあって…

19911.わたしの顔を見なさい。わたしは「かも…
19912.子供は、批判されて育つと、人を責める…
19913.教師っていうのは正当防衛も出来ない弱…
19914.私は子孫ではない。先祖だ。
19915.「人に裁かれるより自らを裁く」ほうが…
19916.時間の価値を知れ。あらゆる瞬間をつか…
19917.人はしばしばある意見に反対する。とこ…
19918.他人と気まずい関係に陥ったら、双方の…
19919.言葉を話す時、丁寧で穏やかな口調を心…
19920.汝は王者なれば、ただ一人征(ゆ)け。…

19921.他人を知るのは賢さの証。己を知ればそ…
19922.役者に限らず、仕事って自分探しじゃな…
19923.アイデアは自分の内から生まれてくるも…
19924.あなたの持っている最上のものを差し出…
19925.汝の力に余る重荷を汝の肩に載せるな。
19926.プロの技量とは、誰かと共同で知恵を出…
19927.賢者の信は、内は賢にして外は愚なり、…
19928.真の自己愛は、利己主義や自己顕示や病…
19929.最上の幸福は、一年の終わりにおいて、…
19930.最悪なのは、挑戦もせず最初からあきら…

19931.社会は、何も要求しない人には、何一つ…
19932.結婚は邪悪なるも必要なる邪悪なり。
19933.たいていの場合、勤勉な人間は天才ので…
19934.何かで埋めている。いつも埋めている。…
19935.親は子の土壌である
19936.すべてのニーズを完璧に充足させること…
19937.新しい真理にとって、古い誤謬ほど有害…
19938.知恵を持つことは最大の徳である。知恵…
19939.友情は静かな月のように、太陽の現れる…
19940.生きがいは他人から与えてもらうもので…

19941.善は急げ
19942.賢者は征服するよりも深入りしないこと…
19943.食べものばかりでなく、人生なにごとも…
19944.奇跡は自然の法則にそむくことではない…
19946.知って行わざれば知らざるに同じ。
19947.誤謬(ごびゅう)を犯すは人間の性(さ…
19948.相手を黙らせたからといって、意見を変…
19949.完全な作品を作り上げて名声を得ること…
19950.練習でも実際のプレーでも、結果でもっ…


19951.もし自由になんらかの意味があるとする…
19952.「将来を考えろ」 「将来なんて捨てて…
19953.年がいくつかなんて問題じゃない。大事…
19954.敵意のある三つの新聞は、千の銃剣より…
19955.よい女房をもらおうと思ったら、ダンス…
19956.恋愛の株式市場には、安定株はない。(…
19957.創造的な人と他の多くの人の違いは、問…
19958.株式市場というのは誰かが、ばかげた値…
19959.他人の弱さを、自分の弱さと考えること…
19960.友を得ようと早まることなかれ。しかし…

19961.どんなにその人を愛していても、その人…
19962.もしある人が自分の不幸な出来事につい…
19964.人は挫折や失望する出来事によって死ぬ…
19965.大事なことは、これが自分の生き方だ、…
19966.治療はまさに三者一体の力を合わせた努…
19967.最悪の状態を受け入れられるなら、やっ…
19968.ごちゃごちゃ考えるな!もう答えはでて…
19969.木を見て森を見ず
19970.幼い子は静かに死んで行きます。文句も…

19971.成功の鍵は、統制された緊迫感である。…
19972.悲劇と喜劇は真実の二つの側面だ。だが…
19973.なみだは人間の作るいちばん小さな海で…
19974.気にせんでよか。2〜3人に嫌われても…
19975.宵越しの恨みは持つな。
19976.人づきあいは自分の利益が目的ではなく…
19977.人間は理由もなしに生きていくことはで…
19978.人は、泳げるようになりたいと願いなが…
19979.あらゆる生あるものの目指すところは死…
19980.自然を見て美しいなと思うこと自体が、…

19981.私たちが今日あるのは、昨日の想いから…
19982.孤独とは、他人から完全に自由であると…
19983.命令に従うより、人の願いを聞き入れよ。
19984.なんらかの行為がいかにも目覚ましく見…
19985.命のある限り、希望はあるものだ。(v…
19986.経験が何を為すべきかを告げ、自信がそ…
19987.自然は絶えず建設し、また絶えず破壊す…
19988.友人を得る唯一の方法は、友人になるこ…
19989.「謙虚に」。思い上がったり、でしゃば…
19990.世俗的な事柄を否定することは間違って…

19991.つまらないことで妥協したり、屈服する…
19992.自分を信じるために、一番簡単な方法は…
19993.こころは、どんなに厳しい修行をしても…
19994.好きなものを手に入れることが肝心だ。…
19995.恐怖は我々に人間性を感じさせる。(v…
19996.私はガンジーの見解にほぼ全面的に賛成…
19997.私は年をとるにつれて、幸福の反対を不…
19998.私は皆がやってることをやりたくないタ…
19999.人間が苦労しなければならないこと、苦…
20000.人間なんて、ほんとに弱い者だというこ…