40001.行動を起こせば、必ず成功するという保…
40002.小人国家を為(おさ)めしむれば、災害…
40003.(島崎藤村)「田山君、死んで行く気持…
40004.「仕事の無駄を減らそう、無くそう」と…
40005.フラットな組織は、複数の仕事を同時進…
40006.命短ければ天下四海の富を得ても益なし…
40007.何をするにしても、成果をあげるには集…
40008.死は人生の終わりではなく、人生の完成…
40009.忘れっぽい人は幸いである。というのは…
40010.盗むより、与えることを選びなさい。

40011.母国語で論理的思考ができない人間が、…
40012.人間が価値的に生きるには、問題とか、…
40013.この秩序ある世界はあなたを必要として…
40014.不退転の忍耐と努力が、私を今日まで押…
40015.富は、多くの新しい友を作る。
40016.日常を生きる人びとのあいだには、武器…
40017.地球を動かしているのは、思想ではなく…
40018.(実生活において)学識はあるが賢慮を…
40019.世界を変えるわけでなくても、職業は尊…
40020.アイデア体質をつくるために効果的なト…

40021.世界に対して力を発揮したかったら、自…
40022.なぜ人は幽霊を信じるんです? 面白い…
40023.行動を起こし、あとは成り行きに任せろ。
40024.思い出に生きるか、いまのこの刹那に身…
40026.理想には信念が必要なんだ。信念がつか…
40027.人生を蝕む先延ばしは、「心からやりた…
40028.聞くより、見るほうがいい。座っている…
40029.二人が睦(むつ)まじくいるためには …
40030.「何によって憶えられたいか」──これ…

40031.失うこととやめてしまうことは違うはず…
40032.(人生は)不確実だから夢を描け、自分…
40033.汝らのうち、罪なき者、まず石を投げう…
40034.仕事は、それを始める最初が肝心である…
40035.【回文】 実る愛、常に熱意あるのみ!…
40036.ツングースやギリヤーク(=民族名)な…
40037.過去の再創造のための想像力だけが歴史…
40038.百年以上生きる人はいない。しかし、ゆ…
40039.美しい心で見るものは、たいてい何でも…
40040.この世界において、退屈でないものには…

40041.私小説を書くことは罪深い振る舞いであ…
40042.美を研究する時は常にひざまずきたまえ。
40043.わたしには殆(ほとん)ど陽が当たらな…
40044.そのときどきの社会総体のヴィジョンを…
40045.かの旅の夜汽車の窓に おもひたる 我…
40046.知識の複製が、いつのまにか講義の複製…
40047.自分が目をつけていた商品が売れ筋だと…
40048.酒は人の心をつなぐ接着剤である。
40049.人と一緒に暮らしている時は、あなたが…
40050.最初は敵対関係にあった集団のメンバー…


40051.まず、無理だと考えられていることでも…
40052.寂しいときに、寂しそうな面容(おもも…
40053.すべての原因は、あなたの心の中にあり…
40054.血のつながりは汚くもあるが美しくもあ…
40055.文明というものは年々老いてゆく。しか…
40056.しのんで、しのんで、つつましくやって…
40057.やさしく 生きていこうね あせらず …
40058.勝利も敗北も知り、逃げ回って、涙を流…
40059.私たちは、許す度量を持たなければいけ…
40060.僕の存在には貴方(あなた)が必要だ。…

40061.街を歩く。街のもつまだ言葉にならない…
40062.何より価値のある教育の成果は、必要と…
40063.後悔で終えちゃダメだ。後悔からスター…
40064.「次に何をすべきか?」考え続けている…
40065.年と共に顔にしわはできますが 心の中…
40066.偉人はその時代に先んじ、聡明者は時…
40067.父父たれば、子も子たり。
40068.猫の持つ清潔さ、愛情、忍耐力、尊厳さ…
40069.試合には勝てないけど幸せな選手はいる…
40070.太陽は日々新たなり、われもまた日々新…

40071.何でもできるは、何にもできぬ。
40072.わたしは一日や二日、飲み食いせずにい…
40073.死後も神社に納められて、後々まで人々…
40074.頭の良い人は、悪い事を知らないし、馬…
40075.人に信頼され、協力を得るには、自らが…
40076.寝食を忘れるほど、仕事に打ち込んでみ…
40077.「理解してから理解される」ことには、…
40078.笑顔は家庭に幸福をもたらす。
40079.(読書は)本の言葉を読み取っていこう…
40080.プレイするときはお互いのことを考えな…

40081.自分自身を信じない者は、他の誰も信じ…
40082.愛情も想像力に裏打ちされる。
40083.解雇が“社員管理の重要な道具”になり…
40084.どんな平凡な日々でも、宗教心があれば…
40085.社会とは人間環境の「生態」である。
40086.「ツキの流れ」や「ツキ」それ自体も、…
40087.天は人間に絶大な力をお与えになった。…
40088.億万長者は、「好きなこと、得意なこと…
40089.「証明可能」とは「真」より弱い概念で…
40090.一から十まで隙なく理解しなくちゃいけ…

40091.絶対正しいことや、絶対正しい人間が、…
40092.ひげを なでる うれしいような さび…
40093.大きな仕事が自分一人でできたように考…
40094.成功者の多くは、自慢したり、能力をひ…
40095.本当に自信のある人は、あまり人によっ…
40096.敗者は一生懸命やらないということです…
40097.その動機が何であれ、彼らは神に関わっ…
40098.人間ほど摩訶不思議なものはない。一人…
40099.難しい問題を山積みにして、できない人…
40100.どれだけ長く一緒に過ごしたかより、ど…


40101.失敗は皮肉で狡猾な手品師のようだ。あ…
40102.一、おれが こうした こうした 二、…
40103.めいめいの弱点を見つけ出すことが、人…
40104.革命的商品は、あっという間に大ヒット…
40105.一人で生まれて一人で死んでいく以上、…
40106.センスを同じくする、っていう発見のう…
40107.ただそれだけの何でもないことで、ふっ…
40108.はじまりというのは、何かをはじめると…
40109.正義なき力は暴力なり、力なき正義は無…
40110.結婚だって離婚だって、どちらの目的も…

40111.幸せを買うことはできないという奴は、…
40112.何をしても自分で責任を持てば、何をし…
40113.ある人が言わはった  歳をとるとだん…
40114.人生はただ動くことでなくて作ることで…
40115.日本の女は何と浮気が下手なことか。(…
40116.教養がなくても、器量が悪くても、一生…
40117.友達って言うのは、(A)あなたのあ…
40118.不思議なもので、大きい苦しみのつぎに…
40119.すべての人が、新しいテレビの代わりに…
40120.(人と)つるむというやり方では到達で…

40121.費(つい)え多き遊びをまず早く戒(い…
40122.(必要なのは)「思いは真実になる」と…
40123.家族はお互いを許し合える。ばらばらよ…
40124.戯曲は人生の正しい肖像でなければなら…
40125.女性社員に人気がない上司は、ただ女性…
40126.門ひとつくぐると 未知の風光がひらけ…
40127.恐怖に勝つのは希望である。
40128.生きることの極意は、与えることだ。
40129.怒られる、叱られる、注意されるという…
40130.学問とは、虚栄の別名である。人間が人…

40131.そろりそろりと急いで参ろう。
40132.「Big Talker」(ビッグトー…
40133.語ることができなければならない、音楽…
40134.人間は一生、人間の愛憎の中で苦しまな…
40135.すべてが奪われてもたった一つ奪えない…
40136.「幸福」というものは、現在的なもので…
40137.ベンチャーを立ち上げるなら、今までの…
40138.私は備えるつもりです。いつか私にチャ…
40139.文章で一番大事なことは、いかに瑞々(…
40140.真なる者は、はなはだもって難く 実な…

40141.結局のところ、芸術の偉大さとは、美と…
40142.ミスには面白い法則がある。たとえば、…
40143.もし犬が言葉を話せたら、おそらく彼ら…
40144.すぐれたものはありふれたものだ。
40145.夢を追わない人間は野菜と同じだ。
40146.歳月人を待たず ※歳月不待人
40148.自己を過大評価した瞬間から、思考の硬…
40149.人間は他の動物と違っている点のひとつ…
40150.仕事を聞かれて、会社名で答えるような…


40151.愛国心というのは、他国をにくむという…
40152.すべての人は堅くガードされた「心の変…
40153.友に恵まれる道は唯一つ、それは友に期…
40154.小人君子を忌む。
40155.殺菌には日の光に晒すのが一番だそうだ。
40156.奮ってその身を世間の風浪に投じ、浮か…
40157.名教(めいきょう)の内、自(おの)ず…
40158.小利大損 (しょうり、だいそん)
40159.怒りが閉ざす こころを閉ざす
40160.優しい説得は、力での交渉に勝るのです。

40161.うなずきは、「もっと話をしてほしい」…
40162.供養はお金で出来るものではありません…
40163.今の自分を100%受け入れて、そこか…
40164.オレはふり返らない。オレの頭のなかに…
40165.男ってのはな、ピンチの時程笑うもんだ…
40166.判断の代わりに公式を使うことはつねに…
40167.本当の貧乏人一人に対し、贅沢のための…
40168.ほとんどの人にとっての「豊かさ」とは…
40169.勇気・情熱を持ち続けて諦めない。一歩…
40170.問題の中には、ある程度情報の分析だけ…

40171.私はたくさんの人々と話してみて、彼ら…
40172.経営がうまくいくのもいかないのも、国…
40173.ABCD作戦で行こう! A…当たり前…
40174.外見と中身を分けて考えている人がいる…
40175.本当の強さとは、どういうものか? そ…
40176.感動は心のともしびである。
40177.どうしたらいいか迷ったら、どっちに歩…
40178.人間はそれほど簡単に自分を変えられな…
40179.昔から絵にかかれ歌によまれ俳句に吟ぜ…
40180.自分の好きな仕事に就きなさい。例えば…

40181.評論とは、その道の専門家が、専門知識…
40182.もしも自分の心の中に信念というものが…
40183.目標が、本当の自分の目標でなかった場…
40184.何でも自分でできる事が「自立」ではあ…
40185.自分を愛することをやめるとき、ひとは…
40186.実を言うと、社長をやっていた時は金儲…
40187.一般に人々が神に祈る場合に彼らが求め…
40188.我々は、子供の時代には期待し、青春時…
40189.高きを目指せ。あなたの魂の中には、輝…
40190.人間性という言葉が、随分よい意味に使…

40191.私が順境のとき、友は私がどんな人間か…
40192.ますます生産が大きくなったところで、…
40193.従業員は熟考し精査し、ゆっくり雇うこ…
40194.悲しみよさようなら、悲しみよこんにち…
40195.子供は自分に自信が持てるようになると…
40196.不正は(自らの)金と時間と精神の消耗…
40197.私が戦わなかった日など、一日たりとも…
40198.花を育てる土は、確かに偉い。だけど私…
40199.厳しく自分を鞭打ってやってきた時は、…
40200.天が幸福を授けてくれないなら、自分で…


40201.すこし愛して、ながく愛して。
40202.自己肯定感を高めるには、人に誉められ…
40203.高い壁を乗り越えた時、その壁はあなた…
40204.素直でまっすぐに生きているほうが、周…
40205.将来人生を完全なものにしようとする若…
40206.値決めは経営である。経営者が積極的で…
40207.そもそも、なぜあなたは、「この人は苦…
40208.大きな舞台になればなるほど、勝負は技…
40209.組織は人間から成るものであるがゆえに…
40210.何でも一人でやろうと考えるより、でき…

40211.私にながれる命が 地に這う虫にもなが…
40212.聞いた人より、見た人。
40213.自分らしい人生を送るためには、今この…
40214.正しいが故(ゆえ)に騙(だま)される…
40215.フットワークの軽さとは、腰軽(こしが…
40216.変化する時は、捨てるものは捨てる。そ…
40217.不幸な家庭に育った人は、強く生きる能…
40218.運動選手が社会に対してできる働きの一…
40219.最も重要なのは、新しいモノ、より良い…
40220.自分のあり方に対する吟味がない。そし…

40221.大衆の多くは無知で、愚かである。
40222.もの作りというのは決断の塊なんですよ…
40223.女性は先天的に愛の天才である。どんな…
40224.ちゃんとした訓練を受ければ、人間だっ…
40225.いつも なくなってしまってからだ 失…
40226.戦争の目的は、ひとを殺すこと、爆弾を…
40227.現実の世界には、成功の保証や行きたい…
40228.今日(こんにち)は心を軽んじ言葉を愛…
40229.イカルスはとんだが、ぼくはとべなかっ…
40230.メンタルなんて不安定で良し!

40231.一流だから知りたい、好きになりたいな…
40232.子供というのは、先生でも親でも、普段…
40233.心の中からすべての悲しみや、憎しみ、…
40234.自分を磨くには、自己満足しないこと、…
40235.冒険家が大胆なだけだったら、それは死…
40236.梅の開花が遅れとるようやけど、言う…
40237.その目的が大きいとか、小さいとか、賞…
40238.経営者は公人である。
40239.死というものを常々考えもしない人はま…
40240.一見無関係のように見える事象が、「つ…

40241.ずいぶんいけない事をしていながら、た…
40242.優先順位の低いことをいくら上手にやっ…
40243.日本では、とにかく目立たず全員横一線…
40244.金は召使いは連れて来ても、信頼はもた…
40245.ことばって、何だと思う? けっしてこ…
40246.あなたが自分自身の道を歩んでいるとし…
40247.政府は何もやらないのが一番いい。どう…
40248.(議論の際は)話を脱線させない。議論…
40249.とうもろこしは、あれは下品な食べもの…
40250.専門書を読むときは、まず目次をじっく…


40251.知恵は小出しにせよ。
40252.にぎやかでもなく さびしくもなく 私…
40253.音楽は女性と似ている。理解しようとし…
40254.いちばん得意な戦法をやらないで、不得…
40255.愛がなくなったのに、一緒にいることほ…
40256.俺が好きなことばかりやってこれたのも…
40257.熊に追われている時は)熊より速く走る…
40258.リーダーシップとは人を動かす、先を読…
40259.第一に、今日必要な現金がない。第二に…
40260.他の短を挙げて、己が長を顕(あらわ)…

40261.重要でないことは、たいてい楽しく、手…
40262.(税制は)上を損じて下を虐(しい)た…
40263.子を養いて教えざるは父の過ちなり。教…
40264.何でも時代のせいにしてりゃあ、そりゃ…
40265.目的を持たない人生は死んでるのと同じ…
40266.自分らしく生きるのに、手遅れなんてあ…
40267.応援。それは、ひとを想うこと。それは…
40268.とことん悩んだ人にしか、いいアイデア…
40269.取るに足りない不愉快なできごとが、幸…
40270.人生の幸福というものを安易な世界に求…

40271.自分の人格をどう成長させ、人生をどう…
40272.仕事とは選択の連続である。能力に差が…
40273.新しくなければ、挑戦する意味がない。
40274.7つほめて1つ指摘するくらいがよいね…
40275.企業が起こす革命には二つの種類がある…
40276.永遠に幸せでいる方法は、たった一つ、…
40277.(※夫婦の舵のとりかたで)こういえば…
40279.豚もおだてりゃ木に登るし、一度、登っ…
40280.最愛の人に対する最大の敵意、この矛盾…

40281.苦しみに耐えることは、死ぬよりも勇気…
40282.無邪気な明るさと愛の欲求──幼年時代…
40283.使う必要のないお金はびた一文も使うな。
40284.その人の一番の適性って、意外とその人…
40285.むしろ貧窮に徹したとき、絶望に徹した…
40286.なにをするべきか確信が持てなければ、…
40287.環境という見地から、自分の生活を検討…
40288.世界に対して力を発揮したかったら、世…
40289.食生活が貧しいと、心にまで栄養が行き…
40290.独立の気力なき者は、国を思うこと深切…

40291.どんな苦しい立場に追い込まれても、そ…
40293.女と、僧侶と、家禽(かきん)は飽く事…
40294.確かに君は、社会という舞台では端役に…
40295.不透明な物体は、表面に必ず光と影をま…
40296.若い人は感性の大風呂敷を拡げてほしい…
40297.空の青さが音楽だ¥。川の流れが音楽だ…
40298.人生を決めるのは、過去の自分じゃない…
40299.つまずいたところにこそ、宝物がある。
40300.いわゆる良心と呼ばれるものは、あなた…


40301.嫉妬は、あなたの富裕にいたる道をはば…
40302.この世に重要でない仕事は、ひとつも無…
40303.男の重さってのはよ、その男が背負って…
40304.人に真実を語りたいのであれば、相手を…
40305.会社につとめて、いろんなこと教えても…
40306.選択の瞬間、自我はおのれ自身を選ぶ─…
40307.もしも自分が誰からも必要とされていな…
40308.ミケランジェロは、人を嫌ったから、あ…
40309.あなたは、自分の言葉によって正しいと…
40310.思い通りになる事なんて、ほとんどない…

40311.人間は生き方に迷うておる存在ですね。…
40312.人間とは、犬が神とはかくあるべきもの…
40313.経営管理者は現実的でなければならない。
40314.「真似るな」とは言いません。ただし「…
40315.スギ花粉の飛散が始まるとき、我々の悲…
40316.お前の生き方に誤りがあるぞと自覚を促…
40317.明日の朝、ラッパは鳴らない。深呼吸し…
40318.もし自分が他者に影響を与える存在だと…
40319.戦争は悲劇だった。しかも喜劇でもあっ…
40320.逆境の時こそ、先見性と機動力を試すチ…

40321.追い越したって、みんなゴールは、違う…
40322.厳しい言葉では、自分の本当の気持ちは…
40323.一つのことだけやっていると、その世界…
40324.私は、〈過去〉という文字にルビをふる…
40325.すべての人間は、俳優である。そして、…
40326.愛は大水でも消すことができない。洪水…
40327.人生のルール──【9.すべての答え…
40328.人は負けるとわかっていても、戦わねば…
40329.自然は人間の挑戦を望んでいる。
40330.山が大きければ大きいほど、自分に小さ…

40331.良く寝て心を休ませると、以前よりもず…
40332.学習とは経験すること。
40333.数珠は実にみごとな発明だ。なぜなら、…
40334.新技術は、社会の単なる活性剤ではなく…
40335.現在、君はもう、昨日までとは違った新…
40336.詩は、詩というたのしみです。あるいは…
40337.嫉妬心は、いわば、相手をおとしめ、自…
40338.水仙は人に見せようと思って 咲くわけ…
40339.夏痩せて嫌ひなものは嫌ひなり
40340.自らに対し、少ししか要求しなければ、…

40341.日本人は表面は流行に弱いが、心の底で…
40342.人非人でもいいじゃないの。私たちは、…
40343.一度、死ぬ気でやってみろよ。死ぬ気で…
40344.彼女の与えた苦痛はただ一つ、私たちの…
40345.貧しい想像力の持ち主は貧しい世界の終…
40346.自分から理解しようとしない限り、人は…
40347.そのままの あなたが好きよ 自分の弱…
40348.世間の人から「まともじゃない」「常軌…
40349.殺す人は殺され、怨む人は怨みを買う。…
40350.いかなる活動も、それが個人の利益に基…


40351.人を愛し、その人のために正しいことを…
40352.犬に友達が大勢いるのは、舌の代わりに…
40353.私は持論として、「量を追いかけても…
40354.成功への階段は、上ではなく、(心の)…
40355.青春というのは、幻滅の甘やかさを知る…
40356.男の自尊心というのは風船玉のようなも…
40357.「敵」や「ライバル」の存在は、能力を…
40358.私たちは、次第に核弾頭をつけたミサイ…
40359.(ユーモアセンスを身につけるには)日…
40360.はるかに優勢に立ったからといって、仕…

40361.お金のEQは、「受け取る」「感謝して…
40362.絵本のような子どもの本から手わたされ…
40363.嘘はうんと遠くまでは行けない。足が短…
40364.おいしいものは人を幸せにする。
40365.若造でも老人でも、人生に悩みは尽きな…
40366.もし、神が私たちの味方であるなら、だ…
40367.なあに、いいやつには、言わなくたって…
40368.情報型組織が成立する条件は、全員が情…
40369.信念とは、体系的な願望実現のルールに…
40370.なまけものの馬には、道は遠く、がんこ…

40371.良いものには金を払うが、余分なお飾り…
40372.人間のこころの発達は、ある程度は段階…
40373.人生は完成でなく、断片からなる。
40374.なぜ我々は経済的繁栄を追求する必要が…
40375.組織が存在するのは社会のニーズを満た…
40376.我々の起源の探求は、哲学者の心を満た…
40377.なんつーかよ、漫画とかよ、小説とかよ…
40378.どんなに歩きにくい道、危険な道であっ…
40379.父父たらずといえども、子は子たらざる…
40380.最初の計画が失敗したら、次の計画で勝…

40381.理解するとは、はげしい共感によって相…
40382.どうしたら自分を愛せるようになれるか…
40383.みだりに悦ぶ者は、みだりに悲しむ。
40384.他者の死は、かならず思い出に変わる。…
40385.自分でコントロールできないことで、く…
40386.「理想」と「現実」はワンセットなのだ…
40387.ひろい川をみると かなしみがひろがる…
40388.1日10回、自分と自分の周りの人をほ…
40389.作家は小説を書かなければいけない──…
40390.大事なのは、常に自分の望みは何か考え…

40391.人間は、いや、男は、(おれはすぐれて…
40392.救いとはゴールインしたことじゃないん…
40393.ジャーナリズムは、人の命を守り、権利…
40394.「幸福な人」とは「成長している人」で…
40395.「開き直り」とは、その瞬間に自分の持…
40396.彗星というのはね、ひとりぼっちの星で…
40397.精神的にタフだという人は、ただ単に鈍…
40398.幸せな人に共通することは、「彼らが、…
40399.ビジネスマンの条件は、前向きの仕事を…
40400.あなたが汚い床を洗い、馬小屋を掃除し…