46001.日本人には決して自分の意見がないわけ…
46002.公(こう)をもって私(し)を滅(めっ…
46003.心理療法を受けに来る子どもで難しいの…
46004.魚(うお)どもや 桶とも知らず 夕涼み
46005.初心の人を軽んじない事は難しい。
46006.マンガ家になろうと思ったら、討ち死に…
46007.子どもが甘えてきたときに、甘えさせる…
46008.自由が欲しかったら、安全のことは忘れ…
46009.心に迷ひなき時は、人を咎(とが)めず。
46010.笑いは安定と幸福、活力の鍵である。元…

46011.歴史があたかも風物詩のようにしか語ら…
46012.女の心は、いつわらずに言えば、結婚の…
46013.なにもそうかたを つけたがらなくても…
46014.自由よ、汝の名の下でいかに多くの罪が…
46015.自分の命がなくなるということは、自分…
46016.音楽を聞くのにひとの考えや好みにした…
46017.街をつくることは、ふるさとをつくるこ…
46018.いつも会話が必要だなんて思わなくたっ…
46019.「がんばれ」は自分に言う言葉ではあっ…
46020.あやまちて茶碗をこはし、物をこはす…

46021.そこに人間がいると確かにかんじられる…
46022.恋をしている者は何ものも意に介しない…
46023.(人が死んだら)無に入るのではなく、…
46024.片想いってなに?と女の子が訊(き)き…
46025.その人には うそがいえない その人は…
46026.1.子どもが話をしているときは、注意…
46027.自らの強みと仕事の仕方が合わないこと…
46028.生きている人間の今があるのは、互いに…
46029.死ぬ前に「幸福な人だ」などとは言えな…
46030.替えがたいものは、幸福のようなものだ。

46031.子守唄は、無名の女たちの思想のうたで…
46032.何事につけ、世間では、積極は良しとさ…
46033.バカじゃない……バカじゃない。あの人…
46034.自分は今どこにいてこの先どこに行くの…
46035.幸福は向こうから飛び込んでくるのでは…
46036.多くの手は荷物を軽くする。
46037.笑う顔は打たれぬ。
46038.「でも」を禁止する。すると、自然に姿…
46039.もう秘密がないと思わせてはいけない。…
46040.想定外なんて言っちゃいけません。想定…

46041.人々はよく人生を変化させてしまった出…
46042.助言者を多く得よ。助言者が多ければ多…
46043.常識と真理は違います。真理は永久不変…
46044.執着から離れようと思ったら、それを離…
46045.年をとって自分の力に限界を知らされれ…
46046.ほんものと にせものは 見えないとこ…
46047.すべて楽しいことは、お腹(なか)にい…
46048.ボクサーが相手に挑(いど)み、競馬フ…
46049.どれほど道があろうと、自分が登るとな…
46050.言葉はふるまいをもつ。ふるまいにおい…


46051.私にとっては手帳が黒くなっていれば、…
46052.よろこびを書こうとして、かなしみを発…
46053.心に曇(くもり)なき時は、心静かなり。
46054.仕事も家庭も成功の秘訣は同じだ。どち…
46055.怠慢は生きながらの死なり。
46056.いまみたいに、変なところでもって法律…
46057.愚者は成事(せいじ)に暗く、智者は未…
46058.人生は、クリアするのが難しいゲームみ…
46059.始めるのも、やめるのも、最終的に決め…
46060.少ない食で夫を負かす女は心がねじれて…

46061.慢性の先延ばし病に苦しみながら、なん…
46062.女が急に泣き出したりした場合、何か甘…
46063.世の中には、人に言えない苦しみや地獄…
46064.人生においては、おそらく一つだけ普遍…
46065.「では山登りの良し悪しの基準は何か」…
46066.生きるが勝ちだよ、だいじょうぶ。
46067.後継者を自分一人で選んではならない。…
46068.自然に帰れ! 人生は一度だけなんだ!…
46069.(自分が家庭を捨てたのは)そこでは自…
46070.われわれは、ほとんどだれも、完璧な形…

46071.人間というのは、どれほど多くの涙とと…
46072.川の流れにはね、(人を元気にする)水…
46073.今という充(み)たされない状況から一…
46074.私たちは、恋や青春の孤独を知識として…
46075.書くことはものすごく面倒くさくて苦し…
46076.人生は、ほんとうは完成であるべきだ。…
46077.(人生)うまくいくときもあれば、うま…
46078.欠点だと思っていることは、単にその人…
46079.「進むも地獄、引くも地獄」ならば、最…
46080.記憶、そして脳の仕組みから言うと、十…

46081.表現者を目指す人間ができる親孝行と言…
46082.仕事のできないことを、設備、資金、人…
46083.プロデュースとは、相手を自分の色に染…
46084.男と女はたたかいです。弱みをみせたほ…
46085.(コミニュケーションで)大切なのは、…
46086.自信は必要である。しかし謙遜のなかの…
46087.幸せになるために好きになるわけじゃな…
46088.あなたが今何の職業で生計を立てている…
46089.全てを自分のやり方を中心に考えるのを…
46090.(会議で)発言する際、だいたい1、2…

46091.人間というのは弱い生き物なので、自分…
46092.目覚めていない心は、物事のありようを…
46093.どんな可能もぼくたちの視ている風景の…
46094.親友に裏切られたという人の話を聞くと…
46095.空想を、現実の中で具現しようとするこ…
46096.まず最初に、本当の自分自身になり、自…
46097.あらゆる美は、偶然的である。
46098.(IT革命の)鍵はエレクトロニクスで…
46099.アイデアのない奴と(音楽を)やるのは…
46100.想像力とは魂の目である。


46101.(悩みを払い去ろう、悩みの影と別れよ…
46102.男らしい男、女らしい女など、空想の産…
46103.猫と暮らしています。飼っているのでな…
46104.生きていることと死んでいることとは、…
46105.一度成功したからといって、次も成功す…
46106.恋愛に阿呆(あほう)感は禁物である。
46107.人間の偉大さは、考える力にある。
46108.幸せに成功するためには、夢を見ること…
46109.じぶんの胸が感じていることを、まげな…
46110.ありふれた三ツ葉のクローヴァーのなか…

46111.決断しないことは、時として間違った行…
46112.真と善と美とを包容するものは宗教であ…
46113.本当の自分を隠してしまうことは、素晴…
46114.私は自分の仕事(=心理療法)のことを…
46115.並外れた天才は、凡人に対して配慮する…
46116.「支配欲求」が強く、人の上に立ちたが…
46117.製造会社がおかしくなるのは在庫がたま…
46118.コミュニケーションとは相手と自分の共…
46119.精霊信仰というものは、大昔にあって退…
46120.万冊の書から得た知識を10しか活用で…

46121.クエーカー教徒の精神の真髄は、人の行…
46122.人間は明らかな能力格差を目の前にする…
46123.誰でもチャンスに恵まれない者はいない…
46124.十二、三歳の少女の話を、まじめに聞け…
46125.謝るときの三つのポイント──1.で…
46126.海外企業と戦うときは、2周の差をつけ…
46127.落ちこぼれだって、必死に努力すりゃ、…
46128.笑いながら、厳粛な事を語れ!
46129.大衆はデザインを自分で考案しないが、…
46130.おれは新しくない。けれども決して古く…

46131.この国(=日本)のはじめた戦争にとっ…
46132.労働は三つの得。朝夕の食事は軽くして…
46133.伏すこと久しきは飛ぶこと必ず高し。開…
46134.山を低くすることはできない。だから、…
46135.夢を捨てるってことは希望を捨てるって…
46136.現代では、国家権力をふくめて、あらゆ…
46137.立派になりたいと思えば、いつでもなれ…
46138.人生はイニング、イニングごとに計画し…
46139.あなたは、自分がなりたいと望む人間に…
46140.神の王国は人の中にあり。

46141.すでに悪いことばを発したならば、それ…
46142.美は細部に宿る。
46143.よごれたる足袋(たび)穿(は)く時の…
46144.女には、ゆるすことはあっても忘れるこ…
46145.子は三界(さんがい)の首枷(くびかせ)
46146.友達ってのは酸素でもなけりゃ水でもな…
46147.今日幸せだからといって、明日も幸せで…
46148.人のために何かすることで、誰もが素晴…
46149.「自分の才能」を疑う必要はない。自分…
46150.いかなる人間も状況も環境も、あなたに…


46151.「ノー」という言葉を発することは、自…
46152.人は何でできているか。人は言葉ででき…
46153.子どもにとって遊びが重要な意味を持つ…
46154.戦いを避けるために譲歩しても、結局は…
46155.断食の行とは世の中のあらゆるものを感…
46157.ああ、作家は、おのれのすがたをむき出…
46158.人は傷つくことで成長していく。先生の…
46159.その人のことを誰も話さない、それに、…
46160.お金で動く人は、結局、次のお金で動く。

46161.簡単にできる小さな仕事をすませてから…
46162.成功している情報起業家は、次の3つの…
46163.人に三愚あり。我をほめ、子をほめ、妻…
46164.本が個々人の読書のための本でなく、情…
46165.自分だけに興味を発動するのが〈手記〉…
46166.古本屋には、本の声を「聴きに」いった…
46167.まわりの人に、どれだけ優しく生きられ…
46168.老人たちに言うんですよ、文鎮になりな…
46169.生きるということは、なんて美しいこと…
46170.終始、楽観と歓喜と、輝く希望と溌刺(…

46171.風車が、実は、風車そのものに見えてい…
46172.いつもツキを口にする。敗戦を「ツイて…
46174.忍耐は集結された根気である。(ver…
46175.場所の価値って、そこにいる人で決まる…
46176.人間にとって苦痛がないというのは、死…
46177.観客の好みに適(かな)わせるとはいっ…
46178.正しいことを立て続けに言うと(=言わ…
46179.したいことばかりしていては、本当の自…
46180.本当に進むべき道を選ぶには、自分のひ…

46181.高い「知能」を持つということが、深い…
46182.どんな楽しみも、それ自体は悪ではない…
46183.相手が何を欲し、何を欲していないかを…
46184.誰もやらない。だからやる。
46185.結婚できたこと、結婚が続いていること…
46186.ぼんやり過ごす一日 いいわけとぐちで…
46187.実力のない人間がいくら良いことを叫ん…
46188.おかしな人たちが近くにいるほうがいい…
46189.たのしい、面白い、うれしい、という観…
46190.(自分に)出来ることは、あきらめない…

46191.人間は理性の動物ではない。感情に動か…
46192.相性の悪い人の意見ほど素直に耳を傾け…
46193.文明国では若さは老齢を見下している。…
46194.私は漫画を描くときに、半ば無意識にな…
46195.人間のいろいろな問題は自愛から起こり…
46196.自然のすがたが、平明にそして敬虔に、…
46197.食は命(めい)なり。
46198.「人間として正しいことを追求する」と…
46199.やってみよう。続けてみよう。結果はあ…
46200.風立ちぬ、いざ生きめやも。(堀辰雄訳)


46201.迷うということはね、悪いことじゃない…
46202.アイディア商売というのは、まるで金策…
46203.日本独自の“芸者文化”や“着物”“踊…
46204.人はみな、自分にしか歌えない歌を内に…
46205.競馬に賭けるのは親の代に「決定づけら…
46206.(説得やセールストークでは)語尾に「…
46207.人間が言葉をうしなうのではない。言葉…
46208.人生は 冥土までの 暇つぶし
46209.「わからない」と感じることを、どこま…
46210.恋には裏切りがあっても、愛には裏切り…

46211.肉体などというものは結局のところ、意…
46212.恋愛は「この人に出会うために私は生ま…
46213.キスと同じく怠惰も、甘美なのは盗んだ…
46214.真に生きるためには、自分の内なる魂を…
46215.人生をよりよく生きるための秘訣は楽観…
46216.私が金(かね)を持っていたとき、誰も…
46217.捨て身だから、ベンチャー。受け身なら…
46218.色と匂いを信じる¥。いつでも 空の色…
46219.嘘つきは、誰が嘘つきかを見抜く。
46220.家族がいない場合は、(「家族のため」…

46221.「傑作」を、せめて一つと、りきんでい…
46222.すでに完成した形式に自分をあてはめて…
46223.幸せな人間は幸せを逃がすまいとして苦…
46224.この世の人生のおおくは辛い¥。音楽は…
46225.書き留めることで、考えは整理される。…
46226.マーケティングとは、顧客を理解し、製…
46227.(※年寄りは)タガなんてはずしたほう…
46228.無理しないという細い道が ようやくわ…
46229.ドラマでもっとも美しいのは、人が自分…
46230.心をやすらかに静かに持つのは、心を養…

46231.人として 生まれ 出ずるは 不思議なり
46232.夫婦というのは、お互いの存在より周り…
46233.誰も認めてくれなくったっていいの。「…
46234.人にバカにされたことを流せないのは、…
46235.最初は、私が創作活動にエネルギーを注…
46236.政治指導者が旧敵国をけなすことで安っ…
46237.わが姿たとえ翁(おきな)と見ゆるとも…
46238.友達を作るコツとして、「無理に自分を…
46239.清きものは心を洗う。色の清らかなもの…
46240.もしこの世に、乗り越えるべき障害がな…

46241.人生では「あっけなく」終わるというこ…
46242.人と接するとき、私は相手が目に見えな…
46243.子どもにとっても、大人にとっても原点…
46244.恋を得たことのない人は不幸である。そ…
46245.電話口で見えない相手におじぎをしてい…
46246.(若い方がたにぜひ伝えたいことの)も…
46247.負ける負けると思えば負け、勝つ勝つと…
46248.極端ないい方だが、絶対者がもたらす慈…
46249.もう欲しいものはないのだ。いらないも…
46250.いい仕事をする人は、誰でも孤独です。


46251.席はいっぱいだが、群れなしているもの…
46252.若いうちは多少やんちゃなぐらいでちょ…
46253.海には失われた声がある
46254.事業機会の発見とその実現には、心理的…
46255.答えは必ず現場にある。
46256.夢中になるものがあれば、それは無理す…
46257.一日に何回か、意識がなくなる感じにな…
46258.権利のための闘争は、権利者の自分自身…
46259.愛は幸福の財産である。
46260.食物は、不幸な人がつくると、どこかに…

46261.ひとつひとつのものの、ぴったりの場所…
46262.KY。空気を読める事は大切だ。KK。…
46263.(経営者は)人を怒(おこ)れないよう…
46264.女々しくて弱々しくて臆病で気が小さく…
46265.日本の政治家たちは、たいてい家庭を捨…
46266.死によってもたらされるのは虚しさです…
46267.優れた上司は、パート従業員を雇うにも…
46268.あまりある才を抱(いだ)きて 妻のた…
46269.人間にとって、最善のことは生まれない…
46270.何ひとつ波風がなかったら、人生は実に…

46271.身を持するは軽くすべからず。意を用う…
46272.落下傘(らっかさん)で降下して、草原…
46273.常に次のように自分に言い聞かせ、自ら…
46274.嘘は相手の幸せを願う時だけ許されるの。
46275.企画書に、本来決まった書式なんてない…
46276.真理とはイデー(=理念・理想)のため…
46277.人間が困難に立ち向かうとき恐怖を抱く…
46278.挨拶からすべてが始まる。大きな声で挨…
46279.こましゃくれた盆栽になってはいけない…
46280.私は、働くことは「万病に効く薬」──…

46281.経験浅い者には諭(さと)せ。人のなか…
46282.キャッチアップからフロントランナーに…
46283.「悪い時代に起きたことはみな悪い」し…
46284.笑いのあるところには活気もある。よく…
46285.どんなことでも、自分自身で経験してみ…
46286.献身とは、ただ、やたらに絶望的な感傷…
46287.己れの地獄発見 そこから 仏法が始ま…
46288.まことの愛のすべての源泉は愛である。
46289.酒を飲まなくても陶酔は出来るし、金を…
46290.安定している会社では成果は出しにくい…

46291.待つ、信じる、許すことができる監督
46292.ジョンとヨーコが「友よ、平和を!」と…
46293.自分の欲望のみでもって、しようとした…
46294.1.他人の発言を遮らない 2.話す時…
46295.敵なき者は滅びる。
46296.うそはいわない ひとにはこびない ひ…
46297.私は女ぎらいだから、知っている女は一…
46298.自分で決めたことは、自分にしか果たせ…
46299.被災地の人にとって、一番支えになって…
46300.自分に満足した人は天狗になり発展が止…


46301.人間の苦悩には、個人の苦悩ということ…
46302.人生には特別な一瞬がある。あのときだ…
46303.(努力や工夫を)やってねぇヤツに限っ…
46304.地球は、すべての人の必要を満たすこと…
46305.五十年も働くことが当たり前になったか…
46306.大体、男女同権をとなえながら、依然、…
46307.(雑誌を作る時に)マーケット・リサー…
46308.自力でやろうと決意すれば、そこに創意…
46309.『文章の書き方』なんていう本はあまり…
46310.うつろな灰色の顔をしてせかせか動きま…

46311.(成功するには)社会の流れはどうなっ…
46312.心から可愛いと思っているのです。仕様…
46313.無駄の中に先生がいる。失敗しても、何…
46314.教育は、受ける側の問題ではなく、潜在…
46315.文明とは道の普(あまね)く行はるゝを…
46316.二十世紀後半の世界に生じたのは、宣戦…
46317.実際に起こらなかったことも歴史のうち…
46318.いま街にある言葉の多くといえば、禁止…
46319.いずこに指導原理ありや? いかなる叡…
46320.いい議論は、私は納得させすれば自分の…

46321.今、まさに苦労していて、それを乗り越…
46322.自分の先入観、自分の意思をもって、物…
46323.夫に特別な問題があるわけでもないのに…
46324.私は友情と女性の愛と青春を信じてきた…
46325.夫婦の間に、あるいは両親と子どもの間…
46326.母性愛は美しいという発想は非常に危険…
46327.ちょっと耳の痛い指摘を受けたときでも…
46328.映画を宣伝する時は一行にすること。一…
46329.溶岩の下に埋められ、髪の毛一筋動かせ…
46330.毎日毎日が、奇蹟である。いや、生活の…

46331.おもしろの釈教や 世理を忘れぬほどに。
46332.最初の過ちが、第二の過ちの寝床を用意…
46333.私の生活を変えるのは、私の行為である。
46334.夢なきものは理想なし。理想なきものは…
46335.人多き 人の中にも 人ぞなき 人とな…
46336.感情ではない¥。感覚を研ぐのだ。
46337.一歩一歩の積み重ねの結果は、相乗作用…
46338.いまは、死者に聞くべきときです。どん…
46339.「無常」とは 一瞬一瞬に変わること …
46340.守るべきものができると、人は強くあり…

46341.人々はそれぞれ理由があってなにかをや…
46342.我は氷の奥にあるものに同感す、その…
46343.問題と仲良くなれば、問題は問題ではな…
46344.自分のやりたい学問と距離のある学問で…
46345.美しいという感じと、美しいという意味…
46346.人生は信念の法則によって成り立ってい…
46347.悩みや苦しみにおいても、希望や勇気に…
46348.ダン・ケネディはこんなふうに言います…
46349.香水をつけない女性に未来はない。
46350.夫や妻には、一本一本の樹の不完全さを…


46351.幸福とは、何一つ私有しないことである。
46352.人間一度信用を得たならば、自ずからそ…
46353.人を怨むより身を怨め。
46354.現実的なイノベーションは組み合わせの…
46355.何と言ったって日本では、政治の分野が…
46356.自分の限界がどこにあるか発見するため…
46357.一日が終わって何もない闇のなかにいる…
46358.新しい革袋に、古い葡萄酒を入れること…
46359.草の実が語る¥。樫の木の幹が語る。曲…
46360.死なねばならないなら、死ぬことは明日…

46361.「──ので」とか「──から」とか「─…
46362.成長を阻むものを見つけ出し、何であろ…
46363.「お、ねだん以上。ニトリ」というキャ…
46364.諸芸術においては、作家の思想は魂の底…
46365.人は自由を手に入れたとき、その人の本…
46366.どうせどこへ逃げていっても世界が牢獄…
46367.被抑圧者や被搾取者の無力感を大いに強…
46368.天才肌の人は、なぜか良い時は百点を取…
46369.腕(うで)拱(く)みて このごろ思ふ…
46370.われわれ経営者がまず第一に心がけなけ…

46371.一度目をそらしたら、どんどん逃げ出し…
46372.ひややかにみづをたたへて かくあれば…
46373.私たちが自己の信念を培(つちか)うに…
46374.大事件は二度あらわれる。一度目は悲劇…
46375.賢人は他人の過ちに学び、愚人は自らの…
46376.トラブルは避けるものでなく、立ち向か…
46377.生きなさい、今日が最後の日であるかの…
46378.たしかに生まれた、必要だからだ。たし…
46379.自分の中の天才を信じる。(ver.0)
46380.言葉は凶器になる。敬語は人を傷つけな…

46381.「一人」で成功している人はいない。
46382.本当に仕事で結果を出したいなら、何か…
46383.浅い心は人の苦悩を軽く扱うのです。だ…
46384.人をもてなし、心から楽しませる事が出…
46385.確かに最悪の動物は人間であるが、最高…
46386.助けてくれるのは、今頑張っている自分…
46387.怨みは怨みによって鎮まらない。怨みを…
46388.決断はね、後戻りできないところへ飛ぶ…
46389.人がもう一人の人間を救うことなど、で…
46390.雑草の上を歩けば 雑草たちの 声がす…

46391.世界を縦に切って「ウチ」と「ソト」に…
46392.人生は七転び八転びだ!
46393.秘密を持つことは、子どもの自我の成長…
46394.無償の愛は親の子に対する時だけかもし…
46395.人間の生活の苦しみは、愛の表現の困難…
46396.何百年、何千年経っても不滅の名を歴史…
46397.兄弟(けいてい)は左右の手なり。(v…
46398.過ぎ去ったことは、忘れろ。そういって…
46399.何人(なんぴと)に対しても悪意を抱か…
46400.地獄を一度くぐっちまうことさ。ツキの…