46801.ここに飢えた者がいる。魚を与えれば飢えは…
46802.私たちは落胆や失意に打ち勝つ無限の力を自…
46803.その時 自分ならば どうする
46804.猫は気にかけてくれる。例えば本能的に、我…
46805.家庭の幸福なんて、お互い嘘の上ででも無け…
46806.頑張ることは生きること。「頑張る」をやめ…
46807.或(あ)る評論家は、ある老大家の作品に三…
46808.平和は、ぼくたちの心の中に生きていて、大…
46809.知識を単純化した人を天才という。
46810.嫉妬は、嫉妬される者の位置に自分を高めよ…

46811.弱者のままでいたくないのなら、戦いの中に…
46812.感情というものは、ときには外に向かって解…
46813.自分を分かち与えることこそ、最高の贈り物…
46814.人の心を思いやるということ。相手を信じ、…
46815.【ブスの25カ条】 11.なんでもないこ…
46816.夢を持てば、燃えられる。燃えられれば、ど…
46817.餅は餅屋である。役者の才能は、役者でなけ…
46818.真底好きなことであれば、その過程にきつい…
46819.語りて諭(さと)さず
46820.家庭は港・妻は燈台。

46821.組織において、力強くはあっても腐ったエグ…
46822.小説を芸術として考えようとしたところに、…
46823.(ひとは)少女も少年も猫も 老いることを…
46824.正しい答えが人生のすべてじゃないでしょう?
46825.一日は短い単位の一生、一生は長い単位の一…
46826.科学の進歩によって、人間の悩みはますます…
46827.切っ先のように、ひとの、存在に突きつけ…
46829.野球選手がエラーしたら、それは記録され、…
46830.(足りない場合だけでなく)持ちすぎている…

46831.自分が自分であることの不快、これが私が書…
46832.意識には実在と潜在の二つがある。実在意識…
46833.みんな思い出も必要なのよ。いい思い出がな…
46834.根性でお金を稼げ。品性でお金を使え。
46835.何をしたらいいのかわからない、何をしても…
46836.コレクションとは、野性的な未知をマネジメ…
46837.世間の信用をなくしたが最後、人間どうじた…
46838.教師と親とは、権威主義者になることなしに…
46839.被害妄想を克服すれば、コミュニケーション…
46840.自分にとって真に重要なことは何なんだと突…

46841.本を読むということは、その内容や考えを検…
46842.心に愛を知らぬ者だけが憎しみ合うのだ。
46843.心の冷静な人は、聡(さと)き人である。
46844.好きで何気なくやっていることがその人の才…
46845.他人の判断ばかりを気にしていては、本当の…
46846.地球上の生命はみんな海から生まれた。地球…
46847.世界が我が祖国である。全人類が我が兄弟で…
46848.このひとの放埒(ほうらつ)には苦悩が無い…
46849.人に笑われるなどということは全く大したこ…
46850.何年かあとに後悔しそうなことについちゃ注…


46851.作家の一人間としての苦悩が、幽(かす)か…
46852.(音楽は)何より雄弁に物語っている。言葉…
46853.頭脳も心も、歓迎されるところに向かう。
46854.「官僚が悪い」という言葉…(中略)民衆だ…
46855.友達って言うのは、(中略)(L)あなた…
46856.ものほしげなキョロキョロした目 おちつき…
46857.女は才能ある男の欠点と、愚かな男の功績を…
46858.そもそも社会的責任のためとして不経済なこ…
46859.私は余生が極めて短いことを知っているから…
46860.必要は発明の母ではないが助産婦ではある。

46861.いまは誰も 言葉を 心に刻まない
46862.生徒の準備ができたとき、先生は現れる。
46863.ふるさとの土をわが踏めば 何がなしに足軽…
46864.欲しいものが手に入らないとき、あるいは失…
46865.親しいこととは、本音が言い合えること、恐…
46866.「あなた」とは、表現された「生命」です。…
46867.十年一日の如(ごと)き、不変の政治思想な…
46868.共有すべき普遍的なフィロソフィ、経営理念…
46869.責任をとるってのはな、投げ出すことじゃな…
46870.夫婦の間は、夫は妻に対し尊敬と礼節と貞操…

46871.苦悩に対応するときの心の態度で、その苦悩…
46872.すでに社会は、「どれだけの教育ある者を扶…
46873.考えすぎることは、けっして頭がいいことで…
46874.14)(上に立つ者は)自分がまず研究して…
46875.生きるための 一切の努力をなげすてて 眠…
46876.理性は科学というものをいつも批判しなけれ…
46877.喧嘩をした後、いちばんよいのは、さりげな…
46878.人々は平等に権利を与えられている。権利は…
46879.少々無理はあっても、これからのダイキンを…
46880.「けれど……」の次にくることばは 必ず弁…

46881.難しい出来事に遭遇したとき、その結果がど…
46882.小説の妙訣(みょうけつ)は、印象の正確を…
46883.やりたいことを始めるのに遅すぎることはな…
46884.随所に主(しゅ)と作(な)れ。(随所作主)
46885.常に社員をほめるんだ。決して、けなしては…
46886.心に安らぎを得られるか、あるいは常に不安…
46887.陽気な心は健康を良くし、陰気な心は骨を枯…
46888.医者や歯医者、トップセールスマン、弁護士…
46889.(文学・芸術・料理に)宿酔(ふつかよい)…
46890.職人とは職業ではなく、心構えであり、プロ…

46891.貴族というものは、だらしないくらい闊達な…
46892.私たちはみなヒーローなのです。心に気高さ…
46893.火事場から少しの火傷で逃げたのに、また引…
46894.イノベーションこそ、マネジメントの中核に…
46895.好きな仕事がどこかにあると考えて探し続け…
46896.義援金は、贈られた人達だけでなく、贈った…
46897.人間を高めなければ、生きた能力は身につか…
46899.ひとりひとりの人間を大事にあつかうという…
46900.どんな理想を掲げ、どんな正義の観念を持と…


46901.自分を忘れることによって自分を見いだし、…
46902.現代社会の仕組みをどう理解するかで、あな…
46903.権力が世論に従うときは強く、それに逆うと…
46904.私は教師。私は教え子の結婚に喜びの涙を流…
46905.自分(の成功)にふさわしい時期がくるまで…
46906.主語を明示しない日本語の言語構造は、相手…
46907.ほんとうのことを、まさしくその通りに、美…
46908.情報との出会いも一期一会だと思うことだ。…
46909.敗北者は、(重要でない)80%の部分に関…
46910.普通の社長は、若い社員をなかなか信用しま…

46911.無性格、よし。卑屈、結構。女性的、そうか…
46912.不安、悩み、恐怖があなたに訪れた時には、…
46913.「間違ったらごめんなさいと素直に謝ればい…
46914.誠を取りはずすな。天に任せよ。我を離れよ…
46915.隣国と仲の良い国ねェ。……ありませんねェ。
46916.伝えるということは、教えることでもある。
46917.は覚悟している。僕の芸術は、おもちゃの持…
46918.はっきりいっておくが、結婚は、とくに男に…
46919.危惧の念を抱いたり、心配している時は、実…
46920.頼まれもしないのに「会社を救う方策」を考…

46921.子供のおかげで親になれる。子供がいなけれ…
46922.(空間が)快適すぎると、アイデアとか発想…
46923.(やりたいことは)あくまでも自分自身で探…
46924.たとえ才能に恵まれていても、自分を信じる…
46925.Feel Well ! (深く感じなさい…
46926.どこへ性根をすえるかで 人間の生きざまが…
46927.汝が裁くように汝もまた裁かれ、汝のはかっ…
46928.マネージャーは管理に頼り、リーダーは信頼…
46929.食い物に淡泊なれ。
46930.年寄りじみたものの言いようや動作をできる…

46931.無謀な試みは発明の母である。
46932.布施する者は福を得、慈心ある者は怨みを得…
46933.いま何がないかより、いま何があるかで発想…
46934.泣くことも悲しむことも人生のなかの重要な…
46935.どれだけの天才でもどれだけの馬鹿でも自分…
46936.「夢は必ずかなう」という言葉が独り歩きし…
46937.死の知らせを聞くと、どうしてか近しく、…
46938.個人にとっては、社会的な位置づけと役割が…
46939.如何(いか)なる憬れにも充(み)たされぬ…
46940.この世にはよりよい人生があるのだ。そして…

46941.心に堪忍ある時は、事を調(ととの)ふ。
46942.この狭い地球で、二つの知らない世界しか選…
46943.当人たちと関係なく始まるのが恋である。
46944.あなたにめぐりあえて ほんとうによかった…
46945.顔の大きい人は、すべてを素直にあきらめて…
46946.勝つことばかりが人生じゃない。
46947.クレイジーな人たちをたたえよう。はみ出し…
46948.【ブスの25カ条】 13.目が輝いていない
46949.仕事が仕事をしています 仕事は毎日元気で…
46950.困ったときにカネを貸してくれる友がほしい…


46951.歩くということは、じぶんがじぶんからぬけ…
46952.(動物愛護の)活動をする人の多くが、生活…
46953.ピンチ、ピンチ、チャンス、チャンス、ラン…
46954.恋に勉強なんてないんや。勉強したつもりで…
46955.満塁ホームランを狙うな、一歩一歩でいい。
46956.旅に出るにはエネルギーが要りますが、旅を…
46957.それでもま 生きているから 悩めるの
46958.企画書の目的は、つまりは相手に「面白い企…
46959.自分のできることをとことんやってきたとい…
46960.子供のしつけは三歳まで。言葉を理解するよ…

46961.理想は現実の生活から生まれる。人は馬が鼻…
46962.自分の考えていることを実行して、それがす…
46963.(ディスカッションする場合)知り合い同士…
46964.駄目な社員は(会社を辞めたほうがいいか)…
46965.最新の車を見ていた連中が「若いやつが設計…
46966.経営の場において私は、いわゆる戦略・戦術…
46967.精一杯チャレンジを続けていれば、後は確率…
46968.一切の本当の思想や文化は、最も広範な意味…
46969.何の苦労もしないで手に入れた宝は、かえっ…
46970.夢はたった1回で叶うものではないと思いま…

46971.声の大なる言葉のほうが、「真理」に化す。…
46972.成功しているビジネスは、いくつかのビジネ…
46973.その人を失った悲しみの深さは、実はそのま…
46974.結婚して子供を生み、そして子供に背(そむ…
46975.技術の発展はマネジメントの領域を拡大する。
46976.人間の本質であるところの魂というものを大…
46977.文学の本質が悪を書くものである以上、書く…
46978.自分の出鱈目(でたらめ)を何でも信じてく…
46979.名人達人というものは、たいてい非力の相を…
46980.家庭に不和や憂いのある人間の仕事には、充…

46981.多くの子どもたちは親が感じている以上に親…
46982.離婚は結婚よりずっと金がかかる。だけど、…
46983.病いは気から──それで病気といいます。
46984.女の貞節は、多くの場合、自分の名声と平穏…
46985.常に一段高いところから出発しようと心がけ…
46986.人は、不安なときに攻撃的になります。怯え…
46987.会社の経営は99%、良きにつけ悪しきにつ…
46988.お金は使うもの。人は愛するもの。
46989.皆さんが仕事で苦労し、その実践の中で自分…
46990.多くの目標を持つことは間違いではない。間…

46991.物事の本質を見抜く目をもつこと。それこそ…
46992.富士山というものは、天気だろうが、雲がか…
46993.色んな人がいるが、その人のいいところだけ…
46994.重い墓石の下へはゆかぬ 縁ある人びとの …
46995.人生をリハーサルだと思って生きている人も…
46996.七人(しちにん)の子は生(な)すとも女に…
46997.芸術の腕まえにおいて、あるレヴェルにまで…
46998.科学や技術の限りない発達にも関わらず、社…
46999.忙しいほどいいセールスマンなんです。
47000.金持ちになっていく人は、物事の本質を見抜…


47001.用心深さは、勇気の大半である。
47002.あなたの前には、あふれる喜びがあり、あな…
47003.すべての平和と幸福とは、短い人生の中にあ…
47004.忘れてはいけません。成功への決意こそ、何…
47005.寄り道や途中説明の多い話し方は、聞き手を…
47006.私は、いまのこの現実を愛する。冗談から駒…
47007.ギャンブル人生は、負け越しさえしなければ…
47008.(娘よ、)もし夫が友を訪ねる時は、清潔に…
47009.火の粉はふり払わなければ、火傷します。だ…
47010.売れない理由を相手に押しつけちゃいけない…

47011.確実なことが何ひとつ無い時は、どんなこと…
47012.必要条件を簡潔かつ明確にするほど、決定に…
47013.偉い人間は、咄嗟(とっさ)にきっぱりと意…
47014.花はただ咲く ただひたすらに
47015.人は、自分以上の仕事もできないし、自分以…
47016.力はつねにあなたの中にあり、外にあるので…
47017.神と共にある者は多数派である。
47018.昨日を守ること、すなわちイノベーションを…
47019.おれをこんな無口な男にさせたのは、お前で…
47020.長いあいだ一人でものを考えていると、結局…

47021.世の中が不況のときや、悪い実績が続いたり…
47022.被災地の支援も国家に頼るのでなく、「痛い…
47023.心身を統一して生きるという活き方が、人間…
47024.小説家のほうが読者より人生をよく知ってい…
47025.自分の辛かったことや悲しかったこと、それ…
47026.生きているってことは現実ですぜ。人生って…
47027.現在の思考を変えさえすれば、全生活を変え…
47028.要領よく生きなければ競争に負けると思って…
47029.(マイナス思考の対処法として)よく言われ…
47030.二人の優秀な指揮官より、一人の凡庸な指揮…

47031.生命というのは、すべて完全無欠だ、クソ…
47032.怨恨や敵意は、あなたの活力や熱情や精力を…
47033.記憶をどこかにうまく隠せたとしても、深い…
47034.以心伝心で思っていれば伝わるというのは傲…
47035.過去を買い戻せるほど裕福なものはいない。
47036.世の中から変人とか奇人などといわれている…
47037.戦いというものは潮どきがある。このあたり…
47038.貪欲を離れる、自己固執を離れるというのは…
47039.指揮官というものは、どこかで部下と勝負す…
47040.甘えると 苦しみはいつまでもうずく

47041.「不可能」とは、誰かに決めつけられること…
47042.死んだ人々は、もはや黙ってはいられぬ以上…
47043.男のひとは、口では何のかのと、立派そうな…
47044.「これは重要事項だから後回しにはできませ…
47045.旅行というのは本質的には空気を吸い込むこ…
47046.空を見上げる。―何が、見えるの?―何も見…
47047.精神のバランスが崩れるのは機能性、利便性…
47048.過去を引き算することが進歩であるというよ…
47049.少年たちの勉学を強制と厳格さによって訓練…
47050.若いうちは赤字でも、戦うためにまず(自分…


47051.あなたが今日という恵みを持っているなら、…
47052.最終的に頼れるのは、自分自身の力だけなん…
47053.どんな物事も、その発端はささやかである。
47054.人間は骨董品のタンスと同じ。手間隙かけて…
47055.幸福になるための心得。3.美しい詩を読み…
47056.ふるさとに入(い)りて先(ま)づ心傷いた…
47057.いく度か出会った危機・困難を結局切り抜け…
47058.過ぎ去った過去に思いを馳(は)せるのでも…
47059.嫌いな奴とは友達になれないが、戦友は嫌い…
47060.即断を迫られたら、まず「ノー」と言え。あ…

47061.必要なことだけ1枚で書け。2枚も3枚も書…
47062.自分が好きな仕事を選びなさい。そうすれば…
47063.私は欲は捨てません。人間の世界が常に進化…
47064.実際はどうであれ、(仕事などが)うまくい…
47065.最強ではないが楽に勝てる方法はたくさんあ…
47066.形から入って心に至る
47067.むりすると「のに」がつき「ぐち」が出る
47068.人間は生まれたからには死ななくちゃいけな…
47069.真の力は(心の)内部の静寂から生まれてき…
47070.安定を求めることに傾きすぎると、かえって…

47071.ナポレオンはひと月に一度しか手紙の封を切…
47072.びくびくしながら上等なものを食べるよりも…
47073.愛がなければ、私は何ものでもない。
47074.懸命に生きるって事は、限りなく死に近づく…
47075.美徳がなければ、氏素性(うじすじょう)も…
47076.起業家精神という言葉は、経済の世界で生ま…
47077.野心は達成の「魂の伴侶」です。行動はこの…
47078.人って、自分が年取ったと思わなければ、年…
47079.変えられないことに執着するのは、エネルギ…
47080.生きている間私たちは、食べてこの身を養い…

47081.天上の悦びは素朴である。というのは、そこ…
47082.自尊心を失う十八の心得──15.周りに…
47083.何がなくていいか、それが、人生のたぶん…
47084.ある事柄について、自分の中にビッグバンの…
47085.古く、慣れ親しんだ枕に頭を乗せるまで、旅…
47086.色気無しに親愛の情を抱かせる若い女は少な…
47087.本当は手に入れたものがあなたを幸せにする…
47088.白刃(はくじん)前に交われば流矢(りゅう…
47089.君は生きている間に、どれだけの布石を捨て…
47090.成果の上げられない社員を管理職にとどめて…

47091.ひとつ言えることは、友達なんざいなくても…
47092.男はどんなくだらぬ事ででも死ねるぞという…
47093.同じ場所で同じ仕事をし、名声も財産も同じ…
47094.女は、我々男を天国の門を通って地獄に行く…
47095.ずいぶん年齢にこだわってるのね。若いのが…
47096.どんなビジネスを選ぶにしても、社会の意欲…
47097.あなたにとって「わたしたち」というのは、…
47098.「ごめんなさい」を並べかえると、「なごめ…
47099.真の尊敬というものは、お互いの近親感を消…
47100.自分を信じられないから緊張する。余計なこ…


47101.先輩として後輩を指導する時に、どうしても…
47102.老いたるも若きも死ぬる習いぞと しりかほ…
47103.文学だけではないようである。作品の面白さ…
47104.基礎訓練を怠るな──一つひとつのプレー…
47105.「(その人の)信ずるところにしたがってそ…
47106.平和──国際関係における、戦争と戦争の合…
47107.世界はわたしたちのものではない。あなたの…
47108.人が音楽や芸術の好みを口にする場合、二つ…
47109.我々は住まいを形作り、その後(のち)住ま…
47110.たとえお世辞であっても自分の何かを誉めら…

47111.おもしろい人はその人独自の情報を持ってい…
47112.真理は、それを問う問いのふかさに応じて、…
47113.私は教師。私は文法や、公式や、地図や、図…
47114.悲しみは、言葉をうつくしくしない。悲しい…
47115.汝は生きるために食うべきで、食うために生…
47116.わが去れる後(のち)の噂(うはさ)を お…
47117.私たちの先輩という者は、私たちが先輩をい…
47118.有能なのに報われない、と思っている人は恐…
47119.花よりも、花を咲かせる土になれ。(ver…
47120.天に口無し! 事実を持って教えたまう。

47121.いいものを見ている人は、安いものを作って…
47122.くるしい時に、素直にくるしい表情の浮ぶ人…
47123.「私は、すべて、ものごとを知っています。…
47124.自分を大切にする、という意味での自己愛は…
47125.動ける人間が動けない人間を助ける。こりゃ…
47126.小説と云(い)うものは、実は、婦女子をだ…
47127.部下は部品でない。得てして、部下を部品だ…
47128.もし、あなたが人生の成功者になりたければ…
47129.われわれの最大の競争相手は同業他社ではな…
47130.私がイバラの道を切り拓いてこれた根底をな…

47131.なんでもいいんだな ともかく一所懸命やっ…
47132.行動はすべての成功の基本的な鍵である。
47133.仙という字は山の人と書かれているから、何…
47134.僕らが一斉に平和を望んだら、そのとき世界…
47135.貴い知識・本質はいつの世でも、本来、単純…
47136.ゆっくりした時間をとりもどす、それが読書…
47137.ひとの、人生とよばれるのは、夜の火に、…
47138.人生で最も大切なことは、何をおいても自分…
47139.交渉は、基本的な3つの活動で成り立ってい…
47140.あなたの思いが、今いる場所にあなたを導い…

47141.未熟者にスランプはない。
47142.恩を与える役を進んで引き受け、憎まれ役は…
47143.似た者同士がいがみ合うのは、自分の欠点を…
47144.どうすれば戦わずして勝ちうるか、奇計異術…
47145.人から言われてやった練習は努力とは言わな…
47146.変わらないという事、その事だけでも、並た…
47147.(自分を)低く見積もりすぎているから、自…
47148.新たな行動に着手することが、新たな力をも…
47149.競争を甘く見てはいけない。その傲慢さが巡…
47150.財産──どんな物質的なものでもよい、それ…


47151.あなたの話していることがほんとかどうか、…
47152.ベンチャーが成功するのは、多くの場合、思…
47153.生命は仕事とともに不滅である。
47154.うしろ向きでマイナス思考の人には、チャン…
47155.十分な時間が与えられれば、どんな生徒でも…
47156.教養と、理智と、審美と、こんなものが私た…
47157.「われわれの事業は何か」を問うことがマネ…
47158.コミュニケーションを成立させるものは受け…
47159.愛は決して絶えることがありません。いつま…
47160.自分に自信を持たせ、言うべきことは言い、…

47161.タビナシ人生は、シナビタ人生だ。
47162.言葉は神と共にあり、言葉は神なりき、これ…
47163.ゆくゆくはこれを職業にできたらいいな、と…
47164.一切は心より転ず。
47165.優れた部下は、そこそこの出来に甘んじたり…
47166.人はしばしば、自分の忍耐力を過小評価しが…
47167.医者には患者の心までは救えない。弁護士だ…
47168.「養之如春」(これを養う春の如し)──何…
47169.女が、お茶碗や、きれいな柄の着物を愛する…
47170.富は心の状態であるが、同時に心の状態が富…

47171.素顔で語る時、人はもっとも本音から遠ざか…
47172.黙(もく)に過言無く懿(かく)に過事無し。
47173.社会に不満があるなら、社会を変えろ! そ…
47174.地を養えば、花は自ずから開く。
47175.物惜しみしない者は富み、人を潤す者は自分…
47176.愛情は胸のうち、言葉以前、というのは、あ…
47177.かえって、内心、頼りにしている人間は、自…
47178.どうやったらライバルとの競争に勝てるか考…
47179.下ばかり見ないで上を見ろ。そうすれば見え…
47180.自分の行動について責任を持つようになった…

47181.ニーズを書き出すだけでは、ニーズを満たし…
47182.不安から逃れるには、受け身でいることをや…
47183.覚えていてください、あなたの心にクリスマ…
47184.失って初めて、その人の大切さが分かる。
47185.愛情とは、関係を断たぬことである。
47186.世の中全てに不可能な領域はある。それを一…
47187.アリストテレスの説得の三原則は「エトス」…
47188.挨拶は、人間らしく生きるための基本の心で…
47189.愛は近きより
47190.オリジナリテというものは、胃袋の問題でし…

47191.もし人が清い思考を保つなら、彼には喜びば…
47192.クリスチャンだから罪を犯さないという事は…
47193.受けた恩は忘れるな。受けた恨みは忘れてし…
47194.より偉大なことができるように健康を求めた…
47195.いま、こころから楽しめることを全身全霊で…
47196.精神は、体よりがんばり屋だ。体は、疲れれ…
47197.そねみは心の聖なるものを壊します。
47198.私は完全を求めてきた。だからこそ挑戦する…
47199.ぼろは初めに 見せておけ そうすれば い…
47200.愛だけは本当に、偽物か本物か分からない。