50401.偉大な科学者の生活は、物に対する、周…
50402.あなたから棄てられたこそ、ぼくは、人…
50403.南無阿弥陀仏をいくらとなえても仏法は…
50404.リーダーは、集団でやるものではない。
50405.運命なんて、努力次第で変えられるんで…
50406.人は熱狂しない限り、偉大なる真実にま…
50407.何をしてもうまくいかず、気持ちがふさ…
50408.悲観的な人は、望ましくない事を自分の…
50409.人を悩ますのは、今日の苦労ではない。…
50410.自分からふれ合おうとしなければ、何も…

50411.いちばん大切なのは、自分だけのサウン…
50412.チームを強くするためには、監督自身が…
50413.自作を語るなんてことは、老大家になっ…
50414.総じて人は己れに克つを以て成り、自ら…
50415.ビンボーっていうのは劣等感と無力です…
50416.1人の人間の信念は、100万回の会議…
50417.鏡に完全に物を映そうと思ったら、鏡の…
50418.二人で笑うのは恋のはじまり いいわけ…
50419.女に惚(ほ)れられて、死ぬというのは…
50420.「他人に善かれかし」と願う、美しい思…

50421.自己中心的な人、協調性のない人の口癖…
50422.現代では人手に渡したくないというエゴ…
50423.センスを磨くのは、お金だけではダメで…
50424.心配をするのではなく、よくなることを…
50425.苦痛を眼にしながら何もしない人間は、…
50426.駄目なことの一切を 時代のせいにはす…
50427.人並の才に過ぎざる わが友の 深き不…
50428.人は誰でも、自分と違う人間を、容易に…
50429.古今東西を問わず、もっとも悪いマナー…
50430.「甘美なる恋愛」の序曲と称する「もの…

50431.人は些細な侮辱には復讐しようとするが…
50432.無にはじまって無に終わる。それが音楽…
50433.優れた知識、豊富な知識を持つバカはい…
50434.家が内輪もめでばらばらなら、その家は…
50435.幻影は落ちていった。一つまた一つと。…
50436.自分の生死を尽くして生きられる願い、…
50437.心理的にも肉体的にも、指揮官は弱みを…
50438.人間をだます狐がおるのではない、狐に…
50439.世の成功者や成功した友人知人がうらや…
50440.ジャーナリズムの反対語を知っているか…

50441.悲しんでばかりいると、亡くなった方も…
50442.「善い」と書くべきところを「良い」や…
50443.失敗者から学ぶことはするまい。成功者…
50444.人生をうまく生きる人というのは、楽し…
50445.あなた方の心のなかの考え方や思い方が…
50446.ぐちをこぼして ゆくんだね なみだを…
50447.人生のほとんどすべての不幸は、自分に…
50448.偉大なソロを集めたオーケストラが最高…
50449.お金の管理に長けた人は、1ドルを節約…
50450.環境が引き起こすミスの中では、とりわ…


50451.多くの人たちが「家族のため」にではな…
50452.何人も、生活を美にみちびくことは大切…
50453.知識を基盤とする知識組織では、システ…
50454.分からぬものを分かるためには、フェア…
50455.聡明な人間は、旅することによって、最…
50456.私は肝(きも)のすわった人材を探しま…
50457.自分は、これまでの生涯に於(お)いて…
50458.智慧・慈悲のはたらき そのものが 「…
50459.いかにして見事に献身すべきやなどと、…
50460.敵を強くのみ思いなして恐るるは不覚な…

50461.(自分は)「なぜ生まれたか」などとい…
50462.面子、体裁、照れくさい みんなまわり…
50463.真理の発見は必ずしも人に快楽を与えな…
50464.時間が経つといろんなものが、本当にあ…
50465.人生なんて食って、寝て、やって、終わ…
50466.有明の つれなく見えし 別れより 暁…
50467.いいかね、地球が太陽をひとめぐりする…
50468.我々の人生は、思考が形づくる通りのも…
50469.(※人生の)戦友というのは、もう、男…
50470.入力不力 りきんだらダメ たるんでも…

50471.ひとりの人間があらゆる面で誰よりも優…
50472.怒りの発するときは、後悔の始めである。
50473.文章や話し方には、その人の品性や知性…
50474.誰かに借りたら誰かに返そう。誰かにそ…
50475.世の中、こちらでは常識だと思っている…
50476.平均点を目指すと、限界も決まってしま…
50477.他人の(自分に対する)敵意や悪意は、…
50478.老若男女を問わず、誕生日は芽出度いも…
50479.変化をマネジメントする最善の方法は、…
50480.別れがあるからこそ、人の出会いはより…

50481.いくつもの逆風を乗り越えてこそ大志は…
50482.思いきってやれるものならやってみろ。…
50483.自分の心の中に、非常に傲慢な自惚れが…
50485.一度、真似をすると、永久に真似をして…
50486.ぼくはどんなに苦しいときでも、苦しい…
50487.やる前に許可を求めるな。やってから許…
50488.投資に関する2つのルール。ルール1:…
50489.祖先を祭るために生きていなければなら…
50490.わたくし自身の将来は、今この瞬間ここ…

50491.幸福になるための心得。2.気が滅入る…
50492.たとえ実力は二流であっても、物事に没…
50493.仕事は断りません。だって、わざわざオ…
50494.存在が存在するということは、これ自体…
50495.始めに言葉ありき。
50496.人は自分のしたいと思ふことをなさずに…
50497.うかびあがろうとするな じっと沈んで…
50498.私はもはや快楽と憂苦とを区別しなかっ…
50499.上とばかりやっていると、たしかに自分…
50500.不安と敵意は、深く関係しています。


50501.十里の旅の第一歩、百里の旅の第一歩、…
50502.心を変えろ、心を。日本を背負う気にな…
50503.人生とは、良い思い出づくり。
50504.我々は暴力に訴えない。憎しみによって…
50505.物事を先延ばしにすることは、成功する…
50506.強者と弱者、大人物と小人物を大きく分…
50508.痛い目に遭わないと人は変わらない。痛…
50509.ボランティアは、何かをしてあげること…
50510.一日、一日を生きなさい。

50511.未成熟で甘えた夫は、浮気を隠しません…
50512.体格に比べて歩幅の広い歩き方は目的へ…
50513.どんなに偉い人でも、短所があるからこ…
50514.(人は)パンの耳とバターの香る焼き立…
50515.弱いから、貧しいから、といって必ずし…
50516.治世とは民の苦しみを救うことにござる。
50517.日々の生活こそは凡(すべ)てのものの…
50518.運命とは切り開くもの。自分次第でどう…
50519.恋でも仕事選びでも、いろんなことに条…
50520.考えてもみろよ。みーんなに、おそれら…

50521.魂の友を求めるような読書ができないこ…
50522.売るべし、買うべし、休むべし。
50523.過去はもはや存在せず、未来は誰にもわ…
50524.ネクスト・ソサエティにおける企業とそ…
50525.幻想かもしれないけれど、仕事している…
50526.これは書き続けても面白くないんじゃな…
50527.「隠し味」というのは、何が入っている…
50528.私にとって、エレガンスとは目立たない…
50529.人々が平和に、摩擦なく共生していくた…
50530.言葉にできない感情は、じっと抱いてゆ…

50531.男は去り、女はまた美しくなる。
50532.国家というのは宗教の最後のかたちです。
50533.自己が自己のいのちを本心で生きる、本…
50534.時間こそ、我々がその中でいっそう賢く…
50535.人は、生まれた瞬間はほとんど同じ。だ…
50536.アドバイスが具体的でないと相手はやる…
50537.潜在意識は、実在意識の思念するものを…
50538.創造的な発想は、悩みと苦しみの中から…
50539.(精神的に)もろいと言っても今の社会…
50540.騙されてもなお信じることが貴いのはね…

50541.誰からも好かれたいと八方美人的な生き…
50542.家臣を扱うには禄(=給料)で縛りつけ…
50543.禅の修行に瞑想があるが、瞑想とは結局…
50544.人生がたった一年しか残されていないん…
50545.天動説から地動説にかわったのは、地動…
50546.ひとはいつでも、誰かの想いを受け止め…
50547.「そんな馬鹿なことはできない」と誰も…
50548.自分は修身教科書的な正義とか何とかと…
50549.私が仕事で大失敗し、「一巻の終わりだ…
50550.人道? 冗談じゃない。僕は知っている…


50551.「そこもあるナー」。この気持が底にあ…
50552.犬は最高に素晴らしい生き物だと思う。…
50553.真に創造的なことを始めようとする際、…
50554.色の白いは七難隠す。
50555.あなたは自分に付随するすべてのものを…
50556.書物というのは大変不思議なものだ。本…
50557.(人は)時間が経つと苦しかったことの…
50558.成功は小さな損失を避けることによって…
50559.状況がいかに悲観的なものであっても、…
50560.上司は、従来の求人市場にとらわれず、…

50561.スランプへの対処法として、最も上策、…
50562.自分を絶対視してしまうくらい強い思い…
50563.ほめてくれたと喜ぶな。けなされたと怒…
50564.わしは西洋の思想は、すべてキリストの…
50565.金がふんだんにあるとき、それは男の世…
50566.好ましい行動に対して、自分にご褒美を…
50567.自分ちでご飯さえ食べていれば、人の道…
50568.音楽を聴くのは、胸中に、三本の小さな…
50569.自分で人生を歩き始めるということは、…
50570.みなさんは「差別」の反対語は何だと思…

50571.どの人間も99%の平凡なものと1%の…
50572.沈黙とは、内心の言葉を主体とし、自己…
50573.祈るということは誓うことであり、崇高…
50574.(問題が起きたら)まず事実を調べる。…
50575.ひとりでいるときに鬱々(うつうつ)と…
50576.“理想”ってのは、実力が伴う者のみ口…
50577.「いずれ彼も私のことが好きになる」と…
50578.夫婦は、屑(くず)拾いではありません…
50579.すぐに逆上する人は、相手が弱いと思っ…
50580.現代は(※物ごとはみな)変わればいい…

50581.日本には統治者と被統治者の二種しかな…
50582.使い切れない大きな力は、それだけ多く…
50583.貧困にあえぎ、ともすれば苦難に打ちの…
50584.わたしの かたわらにたち わたしをみ…
50585.すべての教訓をひとつのモットーに集約…
50586.他人に花をもたせよう。自分に花の香り…
50587.子どもの本のあり方をいちばん傷つけて…
50588.人の情けは世にある時。
50589.我々の住むこの世界は、成長という名…
50590.私たちの人生を決めるのは、何を所有し…

50591.結婚というのは、男なら、カシコでもア…
50592.25歳、そうだ、もう25歳になったの…
50593.心に楽しみがあれば顔色も喜ばしい。
50594.鉛筆のような人になりなさい。芯がチャ…
50595.嫌いな人と接することは刺激にはなるが…
50596.笑顔には、不思議と挫けそうな心を癒や…
50597.アイデアマンになりたい人は、発想法の…
50598.(八十歳をすぎたら)あとは「死の世界…
50599.女にモテたいいう奴が多いが、ほんまに…
50600.夫婦の仲というものは、あまり終始一緒…


50601.時分の花を誠の花と知る心が、真実の花…
50602.声がことばをもとめ、ひとがことばにじ…
50603.だいたい、銀行や証券のような政府の保…
50604.まだ未熟な連中に対して、激励もしない…
50605.金(かね)は鰯(いわし)の如し。──…
50606.言葉は、その言葉をどうつたえるかによ…
50607.苦難と不幸のとき初めて、友人が友人だ…
50608.子供の頃、おばあさんが、──そんなこ…
50609.途中で、これではつまらないと自分で思…
50610.汝なんじの兄弟より利息を取とるべから…

50611.愛情がたっぷりあれば、橋をかけられな…
50612.ゆっくり進め。ゆっくり行くのが近道だ。
50613.働きがいのある雇用機会が減るのなら、…
50614.幸せに成功している人は、優秀なアドバ…
50615.無駄を怖れたら、たのしみはない。無駄…
50616.教科書をつくりかえれば健全な子供が育…
50617.鳥のように自由に空を飛びたいなんて言…
50618.人間、時が来れば、一度は死ぬけれども…
50619.現在持っているものは、すべて過去に身…
50620.眠ることは、潜在意識の内なる知恵と静…

50621.僕はもう、あんな大きな暗(やみ)の中…
50622.教育は与えるものではなく、受けとるも…
50623.我々人間はみな心の中では、死ぬという…
50624.経営政策を含め、人間社会にかかわる事…
50625.汽車の旅 とある野中(のなか)の停車…
50626.どんなに強い陽射しでも物を燃やすこと…
50627.家の中の音、空の音、野良からの音、街…
50628.我々の間にチームプレーなどという都合…
50629.努力なくして繁栄なし。勤務に努力を傾…
50630.(株は)買うは易(やす)し、売るは難…

50631.神は読んだ本の数や、立てた手柄の数な…
50632.やっぱり人間は、やりたくてやりたくて…
50633.強みと同じように、仕事のやり方も、得…
50634.イライラするのは、人と心を触れ合えな…
50635.自由というのは、他人や社会に求めるも…
50636.着ぐるみ文化は、日本古来の、能と同じ…
50637.街のリズムということをかんがえる。街…
50638.十七、八年間、ぴたりと一行も書けなか…
50639.相手をほめると自分も元気になる。ほめ…
50640.人は、一生育つ。

50641.あふれるような熱意をもって、ど真剣に…
50642.いまここで、ぶつぶつと不満や 弁解を…
50643.男でも女でも、好色な人は、毎日、じつ…
50644.子供が親に(対して)教えられるものが…
50645.落ち込んでいる時は、励ましより、いた…
50646.(家庭において)もし高ぶる気持ちがも…
50647.人生は畢竟(ひっきょう)「心」である…
50648.語彙を増やすには、体験、情報、知識を…
50649.客観的に私の人生がどうあろうと、私の…
50650.志の固い人は幸せだ。彼は苦しむが、長…


50651.仏法は精神を治めることを基本とするゆ…
50652.トマトがメロンになろうとするから不安…
50653.絶え間なき地上の争いは、ことごとく不…
50654.美こそ真実。真実こそ美。(ver.0)
50655.乏しいと云(い)うことには欠乏がない。
50656.心を形成するのは言語です。それを無視…
50657.(チームの中で)誰がどんな能力を持っ…
50658.本当に死にたかった奴なんていない。ど…
50659.人と人は決して、深く重なり合ってはい…
50660.企業の精神は、どのような人たちを高い…

50662.悩みのない人間はいません。語らいまし…
50663.子供は叱るのではなく躾ける、押しつけ…
50664.幸せになる方法は、他の人を幸せにする…
50665.違っているからこそ素晴らしいんだ。普…
50666.(人を注意する時は)注意する相手では…
50667.人を判断するときは決して結論を急がな…
50668.教養の目的は、人間的なあらゆる可能性…
50669.行動して損することなんて、めったに無…
50670.戦争のために備えることは、平和を維持…

50671.結婚生活の秘訣は、忍耐と寛容、そして…
50672.この地球上では、ものにしても人間にし…
50673.おいしいことが絶対の条件。品質と鮮度…
50674.ビジネスシステムをつくるかどうか、こ…
50675.旅は、徒然つれづれの姿に似て居ながら…
50676.コスト管理において重要なことは、コス…
50677.(これからのビジネスパーソンにとって…
50678.平和は剣によってのみ守られる。
50679.楽しかった毎日、満ち足りた日々の思い…
50680.力は常に道徳に劣る人間を惹きつける。

50681.若い時は、風を切って生きるべし。年を…
50682.人の世の栄華(えいが)は、一日でしお…
50683.まことに死は、私たちをして永遠の生へ…
50684.確信を得てからでは遅すぎる事もある。
50685.広い世界のものには関心が持ちにくく、…
50686.すぐに役に立つ人間は、すぐに役に立た…
50687.痛いのはイヤだ。苦しいのはイヤだ。殺…
50688.自分の心の中で正しいと思っているなら…
50689.あることについて、考えることに時間を…
50690.つまりだますものだけでは戦争は起らな…

50691.愛とは、最愛の人の愛すべき資質を称え…
50692.年をとるにつれて、我々は時間の価値に…
50693.朝が新たに始まるとき、すべての明日は…
50694.たとえば、同じ所で同じ仕事をしている…
50695.智恵にとぼしき愚かなる人は、官能のま…
50696.社員がやりがいを持って働き、持てる力…
50697.腹は立ててもろくなことがないから立て…
50698.自分自身の何かを創造している時は、限…
50699.思わず(自分が)乗り出すぐらいの情熱…
50700.フランスは、詩人の国。十九世紀の露西…


50701.わたしの持つ三つの宝、これを護り、大…
50702.言葉は、自分が生まれる前からずっとあ…
50703.自分自身がこの世に存在していることを…
50705.おひさまなら元気をくれますよ
50706.仕事には、ある種の勢いが必要だ。勢い…
50707.ブリュメールの十八日は言語だ! 連合…
50708.私は心の中でクリスマスを祝います。そ…
50709.兵法に複雑な策略などはいらない。最も…
50710.夢想する人だけが生きることの根源的な…

50711.困難な問題に堅固な思考で関わろうとす…
50712.日本人は基本的に単独になることが苦手…
50713.その人の人生という作品に他人が手を入…
50714.戦いは、大軍を投入して短期間に勝を決…
50715.才能があり、死後もなお人から評価され…
50716.ひとのもつもっとも古い財産である言葉…
50717.人が一番幸福なのは、笑ってるときじゃ…
50718.自分が失敗しても、それを受け入れ、愛…
50719.どんな人間でも、何かをなすときには、…
50720.自信さえあれば、万事はそれでうまく行…

50721.先生にあわれみをもつがよろしい。薄給…
50722.子供の心に残るのは、親が買い与えてく…
50723.企業には2つのタイプがあります。一つ…
50724.嫌な人に私も一瞬むっとするが、まず平…
50725.読書は博学なる人を作り、会話は機敏な…
50726.いい仕事ができたなと思うのは、「作品…
50727.「負けず嫌い」というのがないと上がれ…
50728.男はよく言う。妻を選ぶのだと。馬はよ…
50729.心に願うすべてのものに恵まれていても…
50730.女に着物を買ってやるのは、それを脱が…

50731.(苦手な相手に接する時に心の中で唱え…
50732.会社のモットー以上に必要なのは、誰か…
50733.僕は、死生一如(しせいいちにょ)の悟…
50734.信じるところに現実はあるのであって、…
50735.一歩、前へ出る美しさ
50736.夢を見ることができるようになって、よ…
50737.大事なことは、わからんことに対して答…
50738.言葉遣いは心遣い
50739.人生成功の秘訣は人生を楽しむこと。そ…
50740.「説得力」とは、インパクトのある話題…

50741.世界には細かく分析すれば二千も三千も…
50742.経営にも、万一の場合に備えて、設備や…
50743.みんながそろって、(あ、あれはいいひ…
50744.起業家になりたいなら、それは仕事では…
50745.落ちてくれる人のおかげで合格できる
50746.何事によらず、明日に延ばせる事は、明…
50747.人生は、神様に試されるテストの連続だ。
50748.物質的欲望を減ずることは、必ずしも平…
50749.ギリギリ決着のところ、(※男は)甲斐…
50750.腹八分に病なし。


50751.「何としても夢を実現させよう」と強く…
50752.空のように きれいになれるものなら …
50753.風景に手を付けたものは、必ず(自然に…
50754.苦悩はその原因が発見されないかぎり、…
50755.父は反復であり、歴史である。
50756.あなた自身の自我に忠実でありなさい。…
50757.長い間、海岸を見失うだけの覚悟がなけ…
50758.大切な誰かの死ほど、人を言葉に対して…
50759.まこととは何か。詐(いつわ)りのない…
50760.労働は自由への道。

50761.静寂は心の安息です。それによって私た…
50762.自分に思いやりが足りない人は、相手に…
50763.まったく無名の人物でも、素晴らしい、…
50764.学ばねば、信ずることはできませぬ。
50765.一日は二十四時間…ビール一ケースは二…
50766.「一流の戦略、二流の実行力」と「一流…
50767.ムーミンパパの怒(おこ)り方って、よ…
50768.看板を かかげて歩け 看板を だれの…
50769.何もないところに 忽然(こつぜん)と…
50770.まっすぐ走ってきたつもりが、いつの間…

50771.進むべき未来の道は、自分の過去が必ず…
50772.今日があなたの一生のうちで一番重要な…
50773.本を読むというのは、言葉に対してじぶ…
50774.不満は、進歩するために最初に必要とな…
50775.ちゃんとした親になることは、頭の問題…
50776.物質主義で生きると、自分では気がつか…
50777.「あんばい」は正確に計測は不可能なん…
50778.普通、人は「得意なこと」と「大好きな…
50779.自分の生命を打ち込むことの出来る仕事…
50780.たのしみは人も訪い来ず事もなく 心を…

50781.本当の幸福というのは、人生がより良く…
50782.劣等感の強い人に、「自信を持て!」と…
50783.何人かの男を遍歴しなければならない女…
50784.ただ死ぬのは簡単なんだ。(上手に)死…
50785.野暮は承知で、あえて前提を問う。ここ…
50786.醜い皺(しわ)は愚かな思考、理性を欠…
50787.ぼくは孤独ですから、おそらく孤独であ…
50788.お金のためだけに、貴重な人生を賭けら…
50789.ため息をつくたび、幸せがひとつ逃げて…
50790.権限なき責任は自尊心を傷つける。

50791.天井一日、底百日
50792.業(ごう)は必ず現象として顕(あらわ…
50793.孤独というのは、一人であることではな…
50794.家庭の幸福、などというものは、その家…
50795.ねえ、誰かが言ったよ。ゆっくり歩け、…
50796.あなたがいかに頑健(がんけん)勇敢で…
50797.金銭は、むだに使っても、それを受け取…
50798.いやなコトをすべて湯に流すんです
50799.(私は)少年時代に抱いた夢や憧れから…
50800.「勘」というと一般的になんとなく曖昧…