51601.言葉は、振舞いをもつ。言葉というのは、生…
51602.我々(=作家)の言葉は、どれも本当の意味…
51603.私は教師。私の顔や名前はいつかは忘れ去ら…
51604.30)上に立つ者は、部下をして己の最大の…
51605.同一のものを、何人(なんぴと)も同一に味…
51606.過去を嘆かわしげに振り返るなかれ。それは…
51607.音楽は、無にはじまって、無に終わる。いま…
51608.物事に否定的で消極的な人とは付き合わない…
51609.学問なんて、覚えると同時に忘れてしまって…
51610.だれかがあなたの右の頬(ほお)を打つなら…

51611.あなたは神の器官であり、神は今あるがまま…
51612.私、不良が好きなの。それも、札つきの不良…
51613.才ありて徳なきは、家に主なくして、奴、事…
51614.権限委譲するのは、委譲した部下が間違いな…
51615.何かを失った時は、「そんなものは最初から…
51616.あのね、目が前についてるのは前に進むため…
51617.どんなに小さな、またどんなに平和的な国家…
51618.山を登って行くより、下って行く方が楽であ…
51619.おのれの強さは他人に見せるものではない。…
51620.俺は外じゃ誰にも迷惑をかけないが、家じゃ…

51621.ここまでくると 逆境も おかげさまでござ…
51622.凱旋から没落への距離は、ただ一歩にすぎな…
51623.一歩を踏み出せるなら、もう一歩も踏み出せ…
51624.あれも大嫌い これも大嫌い あの人もこの…
51625.迷った時には、その目を頼りにすればいい。…
51626.たぶん我々はあのとき会うべくして会ったの…
51627.苦しみは、忍耐と個性と希望を生む。
51628.人間は自分自身の心の支配者となるべきであ…
51629.我々の心には、物事をただ合理的にのみ把握…
51630.おなかすいたまま考えても、ろくな答えしか…

51631.もしあなたが、「忙しくて時間がない」と思…
51632.女房にあれこれ報告するのは、結婚したての…
51633.理想を目指すのも大切ですが、腹八分目でい…
51634.愚鈍以外に罪悪はない。
51635.命はそこにあるだけで奇跡である。
51636.どんな場合においても、相手の目線に立って…
51637.耐える者は誰でも栄冠を与えられるであろう。
51638.言葉は 力をこめて書かねばならない じぶ…
51639.もし、子育てをやり直せるなら、時間ばか…
51640.私は宇宙人ではなく人間。だから、私にでき…

51641.人間の一生は地獄でございまして、寸善尺魔…
51642.無慾(むよく)ということも大事ですね。慾…
51643.ハリウッドで信奉(しんぽう)されている「…
51644.藪(やぶ)をつついて蛇を出す。(=やぶ蛇)
51645.人生は何度だってリセットできんだよ。俺を…
51646.ままならぬでも平気でいること、うまくい…
51647.現在の生活状態、境遇、環境、職業、何もか…
51648.心に勇ある時は、悔やむことなし。
51649.世の中の甘さや苦さを、人生で初めて知るの…
51650.困難とともに生きると、極限状況にあっても…


51651.この世の恐れや、無知、暗示などによって、…
51652.人生は心の操縦を完全にすることが先決であ…
51653.酔いの甘やかさは、酒のほろ苦さから来る。
51654.(将来に)不安を感じている間って、自分ら…
51655.臨終まつことなし 今が臨終 なむあみだぶつ
51656.(恋愛のWarming-upにおいて)「…
51657.何でも「(自分で)作る」というのは大事で…
51658.人生「なぜ」と坐ってかんがえるのもいいが…
51659.ゴルフで、ピンまで1メートルもない位置で…
51660.人には知力と人格が備わっている。事実を拾…

51661.政治の理想は井戸端会議。
51662.生き身は死に身。
51663.すぐすれば、すぐ済みます。
51664.私が私であることを忘れて 他人と比較して…
51665.長生きを するほど別れ 多くなる
51666.まだ存在しない商品のイメージを抱くことは…
51667.人は、自分で(=自分が)幸福な時には、他…
51668.自分の力はここまでって満足してしまったら…
51669.目標や夢を持てば、必ずリスクがついてくる…
51670.私は愛して、失恋したい。私が欲しいのは経…

51671.他人を攻撃したって、つまらない。攻撃すべ…
51672.すべて移ろい行くものは、永遠なるものの比…
51673.多額の費用をかけたプロジェクトが、期待し…
51674.朝起きたらオハヨウと大きな声で挨拶する(…
51675.どんな場合にも、不平不満を言うな。不平不…
51676.人間はあやまちを犯さずには生きられない、…
51677.女は、すべて裏切り者で、狡猾で、見栄っぱ…
51678.人からおだてられて得た自信なんてなんにも…
51679.あなたは自分が想像し、感じるものそのもの…
51680.お礼には、誠実な「ありがとう」の一言で充…

51681.昼寝は魂をいたわるためのものです。昼寝の…
51682.私は、私の父に対して憤りと憎しみに満ちた…
51683.登山で一番重要なのは、登ることじゃなくて…
51684.一緒が楽しい相手はきちょうですよ
51685.自分に対する自分の態度を変える、これが人…
51686.親の背中は大きくたくましく、大人の貫禄(…
51687.一般的に日本の若者は、「こうやれ」と言わ…
51688.人間関係に困難を感じるのは、その原因を自…
51689.プロレタリアートは(束縛の)鎖以外に何も…
51690.言葉に害のない言葉はない。言質(げんち)…

51691.あなたは病気をすることなく、つねに健康で…
51692.彼の道は、円形を描いて進んだ。楕円形、あ…
51693.ああ、ロマンチックな学生諸君! 青春は、…
51695.世に溢れる「プロフェッショナル論」の本は…
51696.不運な人間に対して、「出来事にはすべて理…
51697.これは弱い性格の人間の特徴かも知れません…
51698.ただ頼むところは母一人だ。母さえ承知して…
51699.幸せは、悪いことが起きたからといって減る…
51700.父親が泣くより、子供が泣きわめいたほうが…


51701.人の成功、不成功は、いつ、どんな時期にど…
51702.私は他社製品をコピーして少し安く作ること…
51703.話は短いに限る。長い話はいくつかに分けて…
51704.世間でよいと言われ、尊敬されているひとた…
51705.私に欠けているものは、私は何をなすべきか…
51706.(すでに持っているものが)価値があるもの…
51707.生きていてよかったと思うような生き方で、…
51708.勝手な言葉で好き勝手なことを言い合えると…
51709.どのみち死なねばならぬなら、私は、納得し…
51710.私たちは善そのものの肯定よりも、悪そのも…

51711.依存心が強い人は、他人を恐れています。
51712.わたしが考える大衆の原型は、日常の生活を…
51713.あなたの潜在意識は、あなたに複利をつけて…
51714.人生はことばのない物語にすぎない。
51715.私は決まってこう言います。「辞めてもいい…
51716.信仰は、それが迷信でも奇跡を生むことがあ…
51717.「不可能」とは、通過点だ。
51718.物事を忘れるのは、脳がそれを必要としない…
51719.私は若い人に言うことがある。「君が私のレ…
51720.過去の失敗という心の重荷を未来にまで持ち…

51721.日本人というものは、その伝統文化の中で、…
51722.最後に(そしてこれこそ多分黄金律であろう…
51723.ひとりでは大人(おとな)になった気でいて…
51724.成功を阻む障害は、心の奥深いところにあり…
51725.創造的な室内の飾りつけは、家庭内でする大…
51726.自然と一体感を得ることによって、さまざま…
51727.自分の経営哲学は、2代目ということが基本…
51728.大化けするのが人。人・物・金と言うが、物…
51729.物は大切に使わなければならない。どんな物…
51730.今日は人の身、明日は我が身。

51731.キリストは腕を開いたが、釘のためにそれで…
51732.あなたの持っているものが、あなたに必要な…
51733.終わってしまった恋を忘れる必要などありま…
51734.子供は母親を自然と模倣しながら育つのであ…
51735.書くことは、そのことばがどういう意味をも…
51736.人間関係も腹六分でつき合っていけば、全部…
51737.革命は、ひとが楽に生きるために行うもので…
51738.歯医者──あなたの口の中に金属を入れ、あ…
51739.神の王国はあなたの中にあります。あなたが…
51740.酒は人の心を喜ばす。そして喜びは、すべて…

51741.もし苦しみを避けるために生きることや愛す…
51742.完全な人間はいないっていうことがわかった…
51743.体の調子は感情によって大きく左右されます…
51744.女とは何であるか──ただ自然の美しい仕損…
51745.遠く穴居の時代から、地球はエデンの園では…
51746.現実から逃げると、心は空虚になります。
51747.とかく現代の人間は、望むと望まざるとにか…
51748.恋というものは、自分の欲望を相手に押しつ…
51749.心に迷惑をかけたくなければ、心機一転、す…
51750.女には、自分の好みがありません。人が読む…


51751.なぜ、書かないのか。要するに、怠惰なので…
51752.集団は個人より賢い。
51753.遅筆は、作家の恥辱である。
51754.人は、私はどうしたらいいんでしょうかと、…
51755.理解は関係を進展させる。
51756.語彙が豊富であるということは、意識内容が…
51757.昔のことなら笑いながら話せる。だって本当…
51758.捨てられても、捨てられても人はそれでも追…
51759.お酒を飲んで、いい気分に酔っ払って、その…
51760.(空間の)不便さが何かを生む。逆に完成さ…

51761.家族は、いないと不便だが、いたらいたで不…
51762.私は、いまは(学生たちに)責任を感じてい…
51763.孤独は魂の力量を強化する。
51764.数学とは生命の燃焼です。
51765.(中元・歳暮を)どうして給料の少ない人が…
51766.書き出しの巧いというのは、その作者の「親…
51767.自分自身の心を育てないかぎり、人を育てた…
51768.細かいところが適当かどうか、大きなところ…
51769.芸術のつねで、洗練されたセンスはまず、直…
51770.頂上は登攀(とうはん)の終着点かもしれな…

51771.人生というものは、忍苦の、あるいは忍耐の…
51772.その子の発達の程度を尊重すること。(他の…
51773.戦って逃げる者は、生き伸びてまた戦うこと…
51774.悼(いた)むこと、それは愛を覚えておくこ…
51775.人間のうちで、一ばんロマンチックな種属は…
51776.どんぐりころころ 私のようなどんぐりは …
51777.人間は善悪両方を持っています。それを、自…
51778.秘密になされた善行は最も名誉に値す。
51779.(人は)どこで一緒かというと、私も愚かな…
51780.良い面だけをみて、良いことだけを考えるよ…

51781.戦争の言葉で信じられるのは、無言の言葉だ…
51782.何か事を起こす時は、まず思いこまなければ…
51783.他に何をしても駄目だったから、作家になっ…
51784.時間はお金と同じで、「ない」と言う人ほど…
51785.時によると、ひらめきは神のお告げ的な感じ…
51786.ゆっくり歩け、たくさん水を飲め。
51787.樹を見ることは、樹を見上げることだった。…
51788.結局のところ、「社会」というのは、複数の…
51789.女は愛よりも憎悪において不変恒久である。
51790.難しいものは教えの側にあるのでなくて か…

51791.捨石は 世に役立っているのを 知らずに …
51792.どこまでも明確な言葉をもとめて、言い切れ…
51793.毎晩、寝る前に、「リセット」することを習…
51794.十分な愛で打ち壊せない壁はない。(ver…
51795.他人の前で、これ見よがしに夫に媚びる妻が…
51796.人生のリーグ戦をしぶとく戦って、負けても…
51797.とにかく人のことが気になって気になってし…
51798.悲しみ疲れたるハートに希望を持ち来すは、…
51799.片づけにおいて大事なのは、実は、捨てるも…
51800.こういう世相にあって、のんきな数学などは…


51801.組織はすべて学習と教育の機関である。
51802.本というのは、パラパラと急いで読むと、た…
51803.苦労を苦労と思わぬ方が、後になって好結果…
51804.自分の本当の気持ちを伝えて、ケンカして、…
51805.上司や師匠が自分の前にある目標だとしたら…
51806.ダイエットも運動選手も健康も不健康も、全…
51807.自分を尊敬でき、他人を尊敬できれば、自然…
51808.言葉には四種類ある。1.言うべきでも知る…
51809.人生は考え方次第で明るくも暗くもなります…
51810.いいかい、気をつけろよ。だまされんなよ。…

51811.最後の手段は、最初に使え。
51812.男性特有の気性の激しさを鎮(しず)めるに…
51813.大地震があったらあったでいいじゃあないか…
51814.「芸術的」という、あやふやな装飾の観念を…
51815.同じ部署内でいくら机を並べていても、それ…
51816.医者に言われると、素人というものは情けな…
51817.世界が動きつづけていることを認識している…
51818.夢中になれば、みんな少年少女だね。
51819.痛みを伴わない経験は身にならない。
51820.概して部下はこちらの期待の大きさに見合っ…

51821.夕立の晴れた空にかかる虹は、やがてはかな…
51822.笑って、前向きに生きることです。顔を上げ…
51823.一番知らない外国は心である。
51824.一人のプロフェッショナルとして歩むために…
51825.男は毬(まり)であってはならぬ。ちょっと…
51826.自分の愛情をどんどん相手にプレゼントすれ…
51827.どんなに愚かな女でも、賢明な男を操ること…
51828.信じられていないなら 愛されていないなら…
51829.健康が本来の姿であることを信じなさい。あ…
51830.伸びすぎた枝のように、嫉妬はあたり構わず…

51831.他人に認めてもらうことは大切です。なぜな…
51832.(テレビメディアは)ほんの少しでも国法に…
51833.他人に自分を誉めさせてもいいが、自分の口…
51834.いかなるときでも「やり直し」は絶対にきか…
51835.ロマンチストは現実を見ない。
51836.引き受けていかなければならんものを、業(…
51837.自分のせいではない、と言い逃れする奴が多…
51838.多くの企業は、優れた技術者や頭の切れる人…
51839.アメリカの作家ソローは、毎朝、自分に問い…
51840.もし本当に時間がないのであれば、ちょっと…

51841.妻が魅力的な女性かどうか、夫がかっこいい…
51842.「知性」と呼ばれる能力の核心は、「経験」…
51843.彼女が美しいのではない。彼女の生き方が美…
51844.男性の心を何よりも和らげ落ち着かせるのは…
51845.不況の唯一の原因は好況にある。
51846.アナウンサーのように淀みなく流れるように…
51847.過去に死ぬほど働いたことがあり、その経験…
51848.自分の人生を軽く見る人に限って、自分の年…
51849.自らの在り方を深く悲しむという心がないと…
51850.親が子供に恥ずかしくない誇りある生き様を…


51851.ただこえにいだして念仏ばかりをとなうるひ…
51852.今日の時間というのは季節を持たない時間、…
51853.家庭は学校であり、母親は教師である。
51854.「俺が稼いだ金だから、俺に権力がある」。…
51855.オリジナリティは喧騒から離れた環境で発揮…
51856.内心の感動が大きければ大きいほど、拍手な…
51857.(人に)何かさせようと思ったら、一番忙し…
51858.職場がつまらないと言う人は、それなら職場…
51859.自分の服を洗うように、自分の心を洗え。(…
51860.(人を)ただ育てるだけなら渋柿の芽になっ…

51861.直売農業は自分の知恵で勝負ができます。自…
51862.若いうちはとりあえず肉だ。肉を食っていれ…
51863.小さい花や大きな花 一つとして同じものは…
51864.道に迷った時は、運命を天に任せたほうがい…
51865.自己のために死ぬのではない。崇高な献身の…
51866.元来、作者と評者と読者の関係は、例えば正…
51867.智の人は惑わず、仁の人は憂えず、勇の人は…
51868.キャッチボールができれば、人生は絶対に成…
51869.疑いながら、ためしに右へ曲るのも、信じて…
51870.従業員は会社のために働きたがっている。創…

51871.地球には何十億の人がいる。一人の人生なん…
51872.既知の分野、今いる場所から、新しい分野、…
51873.いま、あなたが何かトラブルに見舞われたと…
51874.されどなんじこれを知れ。末の世に苦しき時…
51875.本当の実力は、逆境にあってこそ明らかにな…
51876.あんまりつらい日は「でも、がんばろう」な…
51877.会話というのは、何気なく言葉を交わして、…
51878.後になって振りかえってみると、心に鮮明に…
51879.他人によくしてあげること、あなたの笑顔、…
51880.成就の扉の、開(あ)いているのを見た時は…

51881.花は自分の美しさを知らない、そこにおくゆ…
51882.いかなる人間にも、三つの望みがある。健康…
51883.一日一日の努力が、全生涯の努力
51884.いつもどこかで自分を思ってくれる人がいる…
51885.酒を飲まずして長生きするよりも、酒を…
51886.(ノーと言わず)できる方法を考えろ。人間…
51887.いまは人間、誰にもめいわくかけずに、自分…
51888.もっとも遠くもっとも近い、そう、時間によ…
51889.私のことを覚えていてほしいの。私が存在し…
51890.永遠平和などというものは、永遠のユートピ…

51891.些細なことは気にせず、楽観主義で行け。そ…
51892.妻は、やさしくされることを望んでいるだけ…
51893.気の持ち方を、軽くくるりと変えるのが真の…
51894.酒は知己(ちき)に会えば千杯といえども少…
51895.民衆は常に少数派である。
51896.自己発見の喜びはいつでも可能だ。
51897.天の一角からひらめく光のように、潜在意識…
51898.自然の行いは善悪に基づかない。自然はただ…
51899.何歳になっても明日を信じ、成長し続ける人…
51900.人間の生活力の強さ! 人間はどんなことに…


51901.不幸な状態、不満な状態を変えるには、ただ…
51902.慈愛と希望に輝き信頼感にあふれた女性の瞳…
51903.成功の反対は失敗ではなく、「やらないこと…
51904.成功者は運に恵まれていたから成功者になれ…
51905.人を救うのは、人しかいない。
51906.いいかい。侘びしさに、負けてはいけない。…
51907.死とは 朝ムリして起きなくてもいいこと …
51908.早くから楽器を習っているから成績が伸びる…
51909.いらない子なんて一人もいない。どこかで誰…
51910.宇宙にはあらゆるものを生成発展させる摂理…

51911.どんな困難にぶち当たっても、自分の決めた…
51912.人間における一番大きな幸せは、愚かなるも…
51913.河や海が数知れぬ渓流の注ぐところとなるの…
51914.さあ、踊れ! 日が燃えつきる! 身内にた…
51915.自己の限界を破る方法は、他人の力を自分に…
51916.自分こそ正しいと信じなきゃ、前に進めない…
51917.よべ 酒充ちて我ハートは喜びに充ち けさ…
51918.老人には経験という宝物がある。
51920.女とゾウは、忘れない生き物だ。

51921.「これは今抱えている問題を解決する糸口に…
51922.わたしたちは日本という国に生まれたと思っ…
51923.理想ほど人間の心を勇気づけ、また積極化す…
51924.女の心を象徴するものは黒髪である。胸のお…
51925.あなたはとても大切な存在です。あなた自身…
51926.性格の不一致といわれるものの大半は、情緒…
51927.毎日、仕事に出かける時も、違うルートで行…
51928.食事は、何を食べるかよりも、誰と食べるか…
51929.新しい始まりは新しい終わりです。
51930.雑念、妄念を取って純真な心に返るのに何も…

51931.人は時に、健気に生きているだけで、誰かを…
51932.疲れを感じたときは夢を確認する。
51933.「読書をすれば論理的思考が身につく」とよ…
51934.ひとにめいわくをかけて素知らぬ顔のできる…
51935.なぜ、(人間はみな)同じだと言うのか。優…
51936.物事はすべて数回起こるか起こらないかだ。…
51937.勇気は出るとか出ないとかじゃないんだよ。…
51938.国家というのは、あくまでフィクションにす…
51939.父親は子どもに鼻や目や知力をさえ遺伝とし…
51940.人間的価値とか、人間としての自信というの…

51941.疑ったり信じたりして考えを照らし合わせ、…
51942.4.体系的にイノベーションを行っていかな…
51943.思想が客間のお世辞に利用されるようになっ…
51944.太陽になりなさい、そしたらみんながあなた…
51945.眠っている子供ほど平和なものはない。
51946.多くの日本人は、往々にして、相手が議論を…
51947.ある種の人々が、偉人だとか小人物だとかい…
51948.恋に死ぬのは恋に恋しすぎたからである。
51949.悪いところを直すんじゃなく、いいところを…
51950.総じて世の中のことは、心のままにならぬこ…


51951.説明力の極意は、相手の身になって説明する…
51952.自分が生きている現在を肯定的に見ることが…
51953.人生──肉体を貯蔵して腐敗しないようにす…
51954.あなたがたのうち、知恵に不足している者が…
51955.誰しもはじめは、お手本に拠って習練を積む…
51956.人を憎まずして罪を罰するのが、名裁判官で…
51957.見るもよし、見ざるもよし、されどわれは咲…
51958.夫は暖かい愛情に包まれてこそ頭は休まり、…
51959.あなたが悪い事をしたら、その償いは、必ず…
51960.本当のことって、簡単なことなんですよ。

51961.貧、人を苦しむるにはあらず、人、貧に苦し…
51962.花たちではないだろうか。人ではない¥。わ…
51963.君自身、おのれの不愉快な存在であることに…
51964.自分の弱さを知ることは、レベルを認識して…
51965.悲劇がないと私たちが浄土を求めるというこ…
51966.(選手に)一時的に暴力で緊張感を与え、ア…
51967.旅立ちは、飛び立つよう、ふいにやってきま…
51968.私の内部の言葉はふいに私を襲い、私はそれ…
51969.人間にとって、人に必要とされてほめられる…
51970.心配しすぎる人は、心の底に敵意があります。

51971.勘の感覚を身につけてこそ精度は高まるもの…
51972.私が自信を喪失した人によくお伝えするのは…
51973.心の願望の映像を映し、その完成を想像しな…
51974.真理の言葉は、常に装飾のない単純なもので…
51975.すごい高いものほど家で食べたほうがいい。…
51976.世界でいちばん好きな道は、あなたに逢いに…
51977.母親が保護者としての役割を果たしていない…
51978.いろいろの人の思はく はかりかねて、今…
51979.甘える欲求が満たされて、初めて自立できま…
51980.幼いころのことで覚えているのは、あとにな…

51981.残り物には福がある。
51982.牛のように そのひとつひとつを なんべん…
51983.いまは、言葉のあり方というのが、それぞれ…
51984.お客様の要求と願望をすべて満たしながら、…
51985.すべての人間に共通な一つの心というものが…
51986.(風景という)個性をしりぞけての平均化、…
51987.単に良い意図を持っているだけでは、人生は…
51988.人を幸せにすることで感じる自分の幸せを最…
51989.夫婦間における唯一確実かつ永続的な平和は…
51990.わが唯一のおののき──考えてみると、私…

51991.(言葉の)本質は沈黙にあるということ、そ…
51992.いま、ここをさらに新しくすること。古いし…
51993.用意された答えをそのまま受け入れているだ…
51994.明日の立派な覚悟より、きょうの、つたない…
51995.空白にも価値があると考えて大切にする。何…
51996.金がねーのは慢性の鼻炎みたいなモンだろー…
51997.お金を呪う人は、火を呪うのと同じく、本来…
51998.「共生の思想」をもつことは、私たち一人ひ…
51999.なんだかんだ言っても、お偉方というのはた…
52000.ゆっくりあるくようになり 道ばたの石ころ…