52401.至りてかたきは 石なり 至りてやはら…
52402.人はなんでも平和を愛せばいいと思うな…
52403.他人に同情を感じない者はいずれ正気を…
52404.八方美人は、愛に飢えています。
52405.大砲──国境を修正するのに用いられる…
52406.たとえ博学で、物事をよく知っていても…
52407.食味の基本をよく知り、心を込めてつく…
52408.子どものきみは、ある日ふと、もう誰か…
52409.文章から立ち去る読者があとに舞い戻る…
52410.あなたに豊かさを実現してくれるものは…

52411.探している限り、答えは出てくる。
52412.いつの時代にあっても人びとにとっての…
52413.失敗もせず問題を解決した人と、十回失…
52414.自分の小さい運命は何ら特別なものでも…
52415.きっと嵐って、朝日が、そのあとにのぼ…
52416.若者文化は、馬鹿者文化!
52417.お客様の怒りを感じて、痛みを味わい、…
52418.わしなんかは、自由思想の本家本元は、…
52419.人生は登山である。大きな目標に挑戦す…
52420.人は恥じるものが多ければ多いほど、模…

52421.世の中にモノを書くひとはたくさんいま…
52422.本当に有能な人は、むしろ無能に見える。
52423.困難に打ち克つには、エネルギーを集中…
52424.平等主義は因習的不平等・独断的特権・…
52425.芸術の上の良心なんて、結局は、虚栄の…
52426.人間は、自分がいつ死ぬのか、余命があ…
52427.人は、自分ができる事をする。それでよ…
52428.どーせなら、好きなことで、苦しもう。
52429.若い人がコンプレックスを抱く原因の中…
52430.生きている以上は有意義に生きなきゃだ…

52431.(コーチが)日本一の理論を持っていて…
52432.むなしさの中で、欲求は肥大化します。
52433.世に処するに一歩を譲るを高しと為す。
52434.(キャラクターは)何も言わず、表情も…
52435.物事の判断にあたっては、つねにその本…
52436.信じるとは、永遠の真理に生きることで…
52437.明るい性格は、財産よりもっと尊いもの…
52438.古来の大人物は、すべて腕力が強かった…
52439.父母ともに存(そん)し、兄弟故(こ)…
52440.関西は、正直の文化。ほんねをさらす。…

52441.若くして社会の改造を叫んだ人たち、又…
52442.金は知り合いはもたらすが、友達はもた…
52443.これだけは伝えたい。絶望してはいけな…
52444.頑張ってる姿は誰かが見てる。
52445.天から貰った自分の実力で米塩の資を得…
52446.おなかがすいてくると、人間、ネガティ…
52447.人間はなあ、たとえ無駄話でも、日々誰…
52448.自分というものに 光をあて お知らせ…
52449.服装や態度が人を作るのではない。出来…
52450.「こんなに辛いならもういいや」と思え…


52451.雨上がりの緑の木々くらいうつくしいも…
52452.真の快楽は節制に伴う。
52453.妻というものは、相手(=夫)が黙って…
52454.私は戦後二十年ぐらい、人にあまり同情…
52455.私が旅に出て風景にも人情にも、あまり…
52456.自尊心を失う十八の心得──10.い…
52457.本来、民主主義というものは女くさいも…
52458.贅沢な体験は、心を豊かにする。それか…
52460.何千、何万って人が困ってる。ここで頑…

52461.【ブスの25カ条】 25.存在自体が…
52462.人間は、自分の能力にふさわしい対価を…
52463.恋愛というのは、相手を所有したいと思…
52464.現象には必ず理由がある。(ver.0)
52465.この線路は ここから 無限につづいて…
52466.相手を思いやる心がキャッチボールの中…
52467.現実に対して目をつむることはできても…
52468.目を開けて、見るだけでよかった。耳を…
52469.政府がちょっと手を貸せば、どんなに馬…
52470.大きくなるのは素敵だけれど、大人にな…

52471.迷っている間は、まだすべき時ではない。
52472.孤独とは他人を拒否することではなく、…
52473.幸福感を育てなさい。ユーモアのセンス…
52474.見ることと感ずることを知る者は、至る…
52475.生くることにも心せき、感ずることも急…
52476.最初の事業に固執することなく、時代に…
52477.反省している間はものごとは前に進んで…
52478.弟子を知ること師に如(し)かず。
52479.男は気持ちで年をとり、女は容貌で年を…
52480.親の姿勢は子供の生きた教科書である。

52481.「たかが骨のために、なして、ひとは高…
52482.問題解決の失敗は、因果関係が存在しな…
52483.肉体と霊魂ということについて、僕が考…
52484.あなたは牢獄から出ている、鳥かごから…
52485.幸せな者は寛容を、不幸せな者には哀れ…
52486.自分はもっとも幸運な人間だと思う。も…
52487.目的を見つけよ。手段は後からついてく…
52488.つる草は ひょろひょろしながら いの…
52489.今日にしてやっと若い世代の本離れ、活…
52490.友人を待っていて、ああ、あの足音は?…

52491.人が笑ってほしいときに、笑いません。…
52492.生命とは終わりのない展開です。あなた…
52493.言葉で自分をどうゆたかにできるか、で…
52494.名詞とは逆に、動詞がだんだん貧しくな…
52495.片手だけでは、音が出ない。
52496.企業は社会善(共通善)のために存在す…
52497.平和を実現させるより、戦争を起こすほ…
52498.私は本当の芸術というものは、二つある…
52499.女とは、「でもね」で結論をひっくりか…
52500.人生の目的には、レジャー、幸福、知識…


52501.毎晩眠りに就く前に、今日一日の自分を…
52502.神が手を差し伸べたくなるぐらいにまで…
52503.人間の顔は、彼の持っている徳の一部で…
52504.私は乳繰り合うた上で別れた女には、つ…
52505.子どもを“幸福な状態”に置くことによ…
52506.あたしは、ひとつことを三分以上かんが…
52507.ロックの基本は愛と平和だ。一番の環境…
52508.「何故人は死ぬの?」 「進化してるか…
52509.感謝の波長を有している人には、それに…
52510.「全許容」の恋をしてはいけません。相…

52511.「勝ち負けなんて重要ではない」と言っ…
52512.愛というものは、相手の本質を直観しそ…
52513.本気でやらないと、本気で笑えないんだ…
52514.本当のスポーツ大国とは、特定の突出し…
52515.好きで仕事をしている人にとっては、労…
52516.「自分を愛する」とは、ナルシストでは…
52517.いましめを身にたもつ賢者は、蜂が食物…
52518.友達と騒いで、カラオケに行って楽しい…
52519.誰でも、なんでもいうことができる¥。…
52520.うわさは即刻旅立つ。かほど速い悪は他…

52521.美は人間を、打算を離れた感情にまで引…
52522.金がないから貧乏になるんで、金があれ…
52523.良い子には蓄積された敵意があります。…
52524.何もない浜辺で、何もしない時間を手…
52525.罪は憎むべきものである、しかし悔い…
52526.葬式が済んで、酒盛り。
52527.兄弟(きょうだい)は両の手。
52528.確かに神様はいる。だが神様は、死に物…
52529.人間が自分の見えないもの見る方法とし…
52530.会社が大きくなっていっても、事業の目…

52531.わが友の、笑って隠す淋しさに、わ…
52532.(ひとは)ことばがけっして語らない …
52533.人生、万事、要領だからな。
52534.ぐずぐずと先延ばしすることは、時間泥…
52535.自分がやっていることに罪を感じると、…
52536.「ああ、私は生きているな」と自己意識…
52537.(老いて)聴力はだんだん失われていく…
52538.女賢(さか)しゅうして牛売りそこなう…
52539.あなたは世界のだれとも違っています。…
52540.人がつっぱる時は、周囲の世界が敵の時…

52541.自分が若いと思っている間は若い。
52542.あるものをおそれ、ないものをほしがる…
52543.思考の正しい選択と展開により、人は気…
52544.人々は、自然のままのすがたよりも、撓…
52545.懐中電灯が光をつつむ闇をさそいだすよ…
52546.独立と依存とは反対のことではなく、む…
52547.芸術は人を幸せにできる。そのための人…
52548.いいんだよ、別に、裏切られたって。信…
52549.逢ひたきひとのあれども 逢ひたきひと…
52550.世の中というものは、えてして、具合の…


52551.人生の悲劇は、ゴールに到達しなかった…
52552.孤高とか、節操とか、潔癖とか、そうい…
52553.誰が一番優れているのか? 誰が一番私…
52554.高邁な思想は心情から生じ、大いなる愛…
52555.一人の邪魔者の常に我身に附(つ)き纏…
52556.可視の現実、日常的な現実としてわれわ…
52557.相手の弱みをにぎったとおもったときが…
52558.わがままな──他人のわがままに対して…
52559.すべてを掴(つか)めばすべてを失う。
52560.(読書は)つむぎ手の目線で物語の世界…

52561.昔のことって、よくみえるものよ。あた…
52562.金は喜びの日々はもたらしても、平和あ…
52563.自分を知るということは、己に何ができ…
52564.朝起きると、まず第一に、ニッコリと笑…
52565.何かでやり切った感がある時には、すぐ…
52566.ちょっとした言葉で感情を害して立ち止…
52567.道に精進しているかぎり、人生に裏切ら…
52568.夫婦なんてもんの仲は他人にはわからん。
52569.原因があって結果が生まれる。
52570.見棄てるもへったくれもないで。君は君…

52571.人を笑顔にできるってのは、すげえこと…
52572.夕日というのは不思議だ。何気ない懐か…
52573.強気になるには、強気のふりをする。
52574.より良い人間関係を作り、人生を幸せに…
52575.恋というものは、生まれる前がいちばん…
52576.「自分を愛する」とはナルシストではな…
52577.成敗(せいはい)は時の運。
52578.自分の肉体的、知的な弱点を相手に対し…
52579.失くしたものは 戻らないけれど あた…
52580.無関心を決めこむというのは、他人の運…

52581.(悪人には)悪というもの自体に、なる…
52582.ハズカシイコトデアリマシタ クラサハ…
52583.それは夢のまた夢、夢の中の夢の中の夢…
52584.なんでもやりたいときにやるのが一番な…
52585.教育は年輪みたいなもので、後戻りがな…
52586.優れた芸術を創造し、優れた仕事をする…
52587.艱難汝を玉にする。努めて苦労して、初…
52588.人の死は一度だけではありません。最初…
52589.わが身をつねって人の痛さを知ろうとし…
52590.バッティングは練習に次ぐ練習で、体の…

52591.世界宗教の中でただ一つ仏教だけが「成…
52592.不幸というのは、言葉が信じられなくな…
52593.人生を完全にする秘訣は、ただもう自分…
52594.芝居はやまとことばで書かないと失敗し…
52595.何かを「あらわす」ために用いられる言…
52596.常識という鎖につながれた人が、つなが…
52597.貧乏人ってものはな、一番つらくてさみ…
52598.ひとは黙ることを学ばねばならない 沈…
52599.その位置に就かないと分からないことが…
52600.人間というものは、みじめな、可哀そう…


52601.ベンチャー企業というのは、夢を見て2…
52602.たのしみは稀に魚(うお)煮て子等(こ…
52603.家庭があまり変化すると家族はくつろげ…
52604.スイッチは 切るためにある
52605.人がまったくのバカをやらかす時はいつ…
52606.若いころの驕慢(きょうまん)の翼は、…
52607.完璧主義は最高の自己批判である。
52608.眼鏡をかけたら顔という感じが無くなっ…
52609.人間にとって重要だと思われるようなこ…
52610.やられたらやり返す。倍返しだ。

52611.ながい道あるいて 自分の無才無力が …
52612.粗食だからといって、大いに食べるのは…
52613.幸せになろうとして富を求めたのに、…
52614.控え目であるためには、その前に何かに…
52615.それでも生きて行かなければならないと…
52616.泣き言は、やれることを全部やってから…
52617.誰かを好きになると、その気持ちを相手…
52618.私は睡眠を大切にしなきゃいかんと思う…
52619.失恋はやがて得る幸福への第一歩だとマ…
52620.24)(上に立つ者は)少なく言い、多…

52621.お金は、目に見えない豊かさの目に見え…
52622.模倣はあくまで手段であって目的でない…
52623.経営というのは、人間の集まりをどうす…
52624.闇はつねにアナーキーである。闇は一切…
52625.日本語は主語・主体が曖昧なため、聞く…
52626.宗教とは奇蹟を信じる力だ。合理主義者…
52627.成功は誕生日に似ている。待ちに待った…
52628.娘にとって最も善き避難所はその母の翼…
52629.美人も、見慣れると、そこに顔がある、…
52630.慎重な人は自分のために良いことをなし…

52631.「敵」をやっつけるのが戦争ですが、壊…
52632.こんなに憎み合うのは、あんなに愛し合…
52633.わたしは何によらず、人をとっちめる、…
52634.相手と何か共通しているものがあると、…
52635.愛し合ってる夫婦や恋人たちを見ると、…
52636.私は「元気という病気です」とよく言い…
52637.気取った料理を気取って食わせる料理人…
52638.私は(死んだあとついて)エネルギー保…
52639.自分の価値を他人の評価で決めてはいけ…
52640.愛はどんな場合も、どんな組み合わせで…

52641.人を中傷すれば、自分の欠陥を暴露する。
52642.親はあまりよく知らないことであろうと…
52643.現に生きてあるものにとっての現在とい…
52644.誰でも持っているということは、誰も持…
52645.愛を知らない人間は、相手をひとりの人…
52646.送金を減らされたそうだが、減らされた…
52647.我々が見ている、あるいは見ていると思…
52648.ただそしられるのみの人、また、ただほ…
52649.自尊心を失う十八の心得──1.「自…
52650.すべきでないことはしないことを択(え…


52651.切に生きれば、ものごとをごまかせない…
52652.完全な健康を手に入れるためには、あな…
52653.私たちはみんな、古い紋切り型の観点や…
52654.家出少年の最も親しい道づれは幻想であ…
52655.「強情、無情な性格」はいわば後ろ盾が…
52656.戦争は簡単であり、これに必要な知識は…
52657.人の態度で気持ちがかき乱されるのは、…
52658.大衆の原像を忘却し、この原像から思想…
52659.事実に対する考え方によっては、まだ何…
52660.人は別れるために人と出会う。

52661.物事を最もよく分かっている人間は、無…
52662.腹の虫てぇ奴はえらいもんで、食べ物だ…
52663.「身の程知らず」という言葉ほど、人の…
52664.宗教は民衆にとって阿片(あへん)では…
52665.勉強して、それから、けろりと忘れても…
52666.よきリーダーたらんとする者は、まずも…
52667.わたしたちは前を向いて生きているんで…
52668.大食(たいしょく)は命の取り越し。
52669.おれの経験から言って、パワーアップは…
52670.人は、思想だけでは、死ねるものでは無…

52671.「点三年、棒十年」などというやや悲壮…
52672.この世の最上のわざは何? 楽しい心で…
52673.これだけは、いい得る。生きていること…
52674.世界的な作家といわれ、社会的な地位や…
52675.綸言(りんげん)汗の如し。
52676.世界史は自分の血管を潜(くぐ)り抜け…
52677.愛は嵐を見つめながら、揺るぎもせず、…
52678.ほめる時はできるだけ具体的な言い方を…
52679.私たちは皆、「一つの心」という大海に…
52680.死んだ人ほど家庭的だ。決してどこにも…

52681.やりたいことをやって、絶対にあきらめ…
52682.芸術家が名声を得るのは、決して幸運や…
52683.貧乏人はお金のために働いて、お金持ち…
52684.大根はいいな 味がないようで 味があ…
52685.風の中の羽毛のように、変わりやすきは…
52686.人間というものがこの世の中に生きてゆ…
52687.技は力の中にあり。
52688.話したい、相手に伝えたい、と思う時の…
52689.今、目の前にある本は、たまたま目に前…
52690.一寸先は闇という よくみれば その闇…

52691.思想は、ともに応じることのできる人た…
52692.私はただ、淋しさを軸とした堂々めぐり…
52693.なぜだろう あたりまえだった物が あ…
52694.人には、生まれる国と、生まれ変わる国…
52695.限界だとそこで一線を引いてしまったら…
52696.社長業というのは忍の一字じゃないけど…
52697.いったいに、女は、男よりも快楽をよけ…
52698.学校などというものは、適当にさぼりな…
52699.強制収容所での生活を送った私たちには…
52700.ひとり徒歩で旅したときほど豊かに考え…


52701.良い人とは口論するな。
52702.「ピンチはチャンス」と言う人が多いが…
52703.真の成功とは、今日のこのままで、あな…
52704.人間は得てして、めぐまれた環境にあっ…
52705.(作家が)潔癖などということは、ただ…
52706.田舎が嫌で飛び出した奴って、東京行っ…
52707.世界を変えるのは、明日は良くなる、良…
52708.「何でわかってくれないのか」と嘆くよ…
52709.相手の立場に立て──会社も家庭もフ…
52710.人間、死場所を求める時は必ず家郷(か…

52711.一人の感受性のかたちを決定的にするの…
52712.この世のすべてのものは、はかない。
52713.ガキどもが叫んでる夢のようなことに耳…
52714.話し手の熱意を呼び起こすには、専門的…
52715.私は今の私であり、今の私は素晴らしい。
52716.ひとは子どもから大人になるのではあり…
52717.既に起こりしことはまた起こらん。既に…
52718.(映画)俳優がほんとに死んじゃいけな…
52719.街歩きというのは、室内から外に出なけ…
52720.賢人とは、自分の考えにこだわらないで…

52721.有限のものだけが働いて苦しむのだ。無…
52722.バカいってんじゃないよ。何十年一緒に…
52723.「孤独」とは物事を深く考える、聡明に…
52724.答えを教えるだけじゃ意味がない。到ら…
52725.人生は基本的に不公平なものである。そ…
52726.たとえ敗北しても敗退はするな。
52727.学問によって真理を究め、道徳によって…
52728.私はできればラクをする。すなわち、教…
52729.下手の考え、休むに似たり。
52730.いまの世の中を一言で言えば「いちいち…

52731.詩人というものはただもう大酒をくらっ…
52732.理想と現実とは独立したものである。理…
52733.苦しみに悩むな。幸せに酔うな。
52734.こうなりたいと思う人になったつもりで…
52735.単純だが有効な法則がある。「常に、人…
52736.教会へ行くことで安息日を守る人もいる…
52737.二つの片割れは、ひとつになる運命にあ…
52738.ああ、もう僕を信ずるな。僕の言うこと…
52739.しかし、どうあがいてみても、やっぱり…
52740.自分にコントロールできないことは、い…

52741.来山(らいざん)はうまれた咎(とが)…
52742.「俺って変人だから」「私、変わってる…
52743.全方面に対する悪なんて存在しないんだ…
52744.昨年は、何も無かった。一昨年は、何も…
52745.性は当人も気づかない、一番の秘密を顕…
52746.問題の困難さが人間的スケールを決定す…
52747.私は書類を整頓した。書類を破り、容赦…
52748.やがて君は眠る。そして目覚めたとき、…
52749.共通の体験を持てば持つほど、互いに通…
52750.夢現(ゆめうつつ)っていうのがあるよ…


52751.誰もがやっている決まりきった道筋で振…
52752.「よく生きる」ためには、「よく働くこ…
52753.お客様から尊敬されるようになれば、た…
52754.人は誰でも他人の黒衣(くろこ)。操っ…
52755.一ぴきのねこと 友だちになれたら ち…
52756.好きは呪いだ。苦しくて、とても心地よ…
52757.平凡は非凡にまさるという言葉もある。…
52758.一国は一人を以(もっ)て興(おこ)り…
52759.女というものは元来が、男に対して苦し…
52760.人生とは、別の計画を立てているのに起…

52761.失敗も糧だ。悩んでこそ輝けるんだ。
52762.人は、どうしても生きた証が欲しくなり…
52763.わたくしたちの今日までの人生だって、…
52764.希望はすこぶる嘘つきであるが、とにか…
52765.負けるにきまっているものを、陰でこそ…
52766.生活の中に個人的な「小確幸」(小さい…
52767.好奇心を爆発させるのも冒険、また、好…
52768.やけくその行為は、しばしば殉教者のそ…
52769.どのような窮地にも必ず解決があります…
52770.神の国は、見られる形で来るものではな…

52771.シャネルもディオールもエルメスも他人…
52772.打ち砕け、浪よ。欣(よろこ)び踊る水…
52773.失敗ではなく、理想の低さが罪なのであ…
52774.結論を見出しのように真っ先に示すこと…
52775.(小説に於(お)いては)無闇(むやみ…
52776.容姿も性格も才能も、子供たちは千差万…
52777.世の女性というものは学問のある無しに…
52778.(自分が)優しいのは、性格が弱いから…
52779.自分を叱ってくれる人は大変ありがたい…
52780.帰ったら、白いシャツ。

52781.前に進むためには、退くことを受け入れ…
52782.悲しく投げやりな気持でいると ものに…
52783.永い眼で見れば、企業も人間も、社会的…
52784.私は、年少年長の区別なく、ことごとく…
52785.感情っていうのは、意識過ぎるとぬぐい…
52786.あんまり勝ちすぎてしまってはものごと…
52787.立派な宗教の教えが、人生に良い結果を…
52789.若さを保つということは、年齢ではなく…
52790.最後に笑う者が一番よく笑う。

52791.あなたには人生におけるすべての問題と…
52792.宗教は己の生命を離れて存在するのでは…
52793.生きるのがつらいのは、あなたのせいで…
52794.どんな場合においても相手をトコトンま…
52795.戦は自衛? なるほどな。しかし今日の…
52796.酒の席に於(お)いては、いかなる約束…
52797.いつも自分のところへ遊びに来ている人…
52798.自然に順応することができれば、事はす…
52799.読みたいとおもう詩を読むこと。
52800.愛しています、というこの言葉は、言葉…