名言ナビ名言データベース

[名言]

人の一生は、重荷を負うて遠き道をゆくがごとし。
急ぐべからず。




[出典]

徳川家康[とくがわ・いえやす]
(江戸幕府初代将軍、1543〜1616)
『東照公御遺訓』


[別表現/別訳]

(ver.1)
人の一生は、重き荷を負うて遠き道をゆくがごとし。
急ぐべからず。


[補足]

※「重荷」を「重き荷」と表記する場合あり。



[関連キーワード]



[全文・続き]

〈全文〉
人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如し。
急ぐべからず。
Link

不自由を常と思えば不足なし。
Link

心に望み起こらば、困窮したるときを思い出すべし。
Link

堪忍は無事長久の基。
怒りは敵と思え。
Link

勝つ事ばかり知りて、負くること知らざれば、害その身に至る。
Link

己を責めても人を責めるな。
Link

及ばざるは過ぎたるより勝れり。
Link


[解説]

昔も今も、人生が楽じゃないのは変わらないようです。
でも、なるべく楽して生きたいなぁ。

(ながれおとや)